日本の古い風習?

テーマ:

こんばんは。Hayaponです。

今日は関東では大雪となりましたね。

 

私の会社でも16時頃に帰宅命令が出て、いつもよりも早く帰ったんですが、同じように帰宅命令が出た会社が多かったようで、駅も電車も大混雑。

通常よりも倍の時間をかけて帰宅しました。。。

 

さて、今日あった出来事。新しい会社へのちょっとした愚痴を。

午前中にミーティングのために会議室へ入ろうとした時の事。

 

「Hayaponくん。ネクタイはどうしたの?」

 

私は、今日に限らずノーネクタイで勤務することがあったのですが、こういった注意を受けたのは初めて。

 

そこでは「すみません」といったのですが、何か自分の中ではどうも腑に落ちないんです。

確かに私の働く会社ではネクタイをしめて勤務している社員さんが多いです。

もちろん身だしなみの1つですし、客先に行く場合は必要だと思います。

 

ただ、私の場合はオフィス内で仕事をすることが多い方です。

そこで思うんですが、ぶっちゃけオフィス内で仕事するならネクタイを閉める必要性ってあるんでしょうか?

ノーネクタイだからってだらしない格好に見えるんでしょうか?

 

私はこれまでいろんなベンチャー企業に勤めてきましたが、ビジネスカジュアルのことも多かったですし、前職なんか客先に行かないのなら私服で行ってましたし(笑)

 

まあ、今勤めている会社が少々お固い会社なのかもしれませんが、

昔からあるような日本のガチガチのビジネスマナーってもう古くないですか?

 

もっと先を行っている会社では社長ですらジャケット&ジーパン姿で仕事しているところだってありますし、海外に目を向けたってAppleの故スティーブ・ジョブズだってAppleの重要な新製品の発表会の時ですらタートルネックにジーパンでしたよ。

現在のティムクックだってほぼ同じ格好でしたよ。

 

もちろん顧客と向き合うような金融系やホテル、デパートなどはそういう格好は必要なのかもしれません。

 

一方、私のようなWEB広告を扱うような会社(つまりIT企業)の場合、正直そういう格好は時代遅れだと感じます。

 

もちろん客先がスーツ(それこそ先ほどの金融など)の場合は、ビジネスマナーとしてスーツ+ネクタイは必要かもしれませんが、客先に行かない日だったら別にいいじゃないかと。

 

なんで、いちいち客先に行かないのに首にネクタイを締め付けて息苦しい思いをしながら仕事をしなくてはいけないんでしょうか?

本当に思うのですが、スーツ+ネクタイがビジネスマナーとして正しい姿であるべきなんていう考え方は一部の業種を除いてはもう古い考え方だと思いますよ。

 

日本って、独特の伝統や文化を大切にしますし、そういうところはいいことだと思います。

 

話は脱線しますが、一部については世界的に見るともう時代遅れになり、他の国のメーカーに追い越されることもありますよね。(例えばガラケからスマホに変わった時にAppleやSAMSUNGにシェアを奪われたり・・・)

 

それって結局、ガラケの頃は日本独特の折りたたみ携帯が日本のシェアを独占してましたが、時代が変わってスマホになった瞬間、スマホのデザイン力や技術などをガラケの恩恵を受けていた胡坐をかいていた日本メーカーがそのスキに他国に一気に抜かれ、一気にシェアを奪われた訳で、、、

 

なので、この国も自由に自分らしく働けるような環境で、新しいアイディアや仕組みづくりができる会社が増えることで、他国にも負けないモノが生みだすことが今後求められてくるんだと思います。

 

話を戻しますが、スーツ+ネクタイの話も脱線した話と似ているところがあります。

その姿が正しいビジネスマナーだというのは一部の業種を除いて、もう時代遅れだと。

 

そういった古い風習をさっさと変えないと、それこそ3年後の東京オリンピックの頃に他国の人に笑われちゃいますよ。本当に。

 

今日は長くなりましたね。ごめんなさい。

ではまた。

AD