29歳のクリスマス

テーマ:

確か去年も、この時期に


見たい見たいと言っていたのだが、


タイミングをのがしたので、



30歳のクリスマスになってしまったが



見てみた。



ドラマ


ドタバタすいちのだらら日記
29歳のクリスマス




矢吹典子(山口智子)、今井彩(松下由樹)、新谷賢(柳葉敏郎)の3人が

恋や仕事に悩みながら、自分の人生を見つめなおし、成長していくストーリー





私がこれを初めて見たのは、15歳の今くらいの時期だったんだけど、


そのころは、

「こんな男女の関係に憧れる」くらいだった。



自分の人生はこれから大きくひろがっていくと

思っていたし、結婚も妊娠もまだまだ遠い遠い

先の話だったのだ。





三十路を迎えて、今




3人ひとりひとりの

セリフのひとつひとつが本当に心に


ガツンと効いてきて



最終回をみながら号泣してしまった。







最後に三人はそれぞれ


「今の自分の人生が好きだ!」と

胸を張って言う。




けして、理想の自分になれたわけではないのに、も関わらず。






あちこちぶつけながら、傷をつくっていきてきた


それでもそんな自分の人生が好きだ




私もそんなふうにいえる30代をすごしていきたい。