月に一度の書道の日


 三月の練習以降 久々のアップです。


 ますます隷書にハマっていて 今は『禮器碑』の臨書にチャレンジしています。ちょうど一年前くらいに書いてた曹全碑より ちょっと細く繊細な感じ、先生曰く「禮器碑は隷書の中で、最も気品があると言われてます」


 そして、次の一言にとんでもない課題が!「禮器碑もおよそ二千年前に書かれ、石に彫られたもの 彫師さん達が石に彫り写す状況や、彫られてから今日迄の時の経過 経年劣化の表情などが 表現できたらいいですね。」


 ……『えっ?何 二千年が経った…』心の声 いやこの時ばかりは、少し声が漏れていたような


 そして、何枚か挑戦して 八月末に書いたもののアップでした。



『最後まで読んでくださり ありがとうございます。還暦過ぎの私ですが、いいねやフォローたいへん励みになっております。これからもどうぞよろしくお願いします』