2015年の振り返り

テーマ:
2015年は大変な事がたくさんあった1年。試練の1年でした。


そして試練を乗り越えて成長もできた1年キラキラ



去年の今頃は12月初旬に脳出血で倒れた母の入院でお正月どころではなかった汗




幸いにも命に別状はなかったのですぐに退院して元気になってくれると思っていたのだけれど


左側の脳の出血は右半身に重く残り母に残ったのは右半身の麻痺と重度の言語障害。





半年間の入院生活の間に車いすになってしまう母のためにバリアフリーな戸建ての家を探し家**



乗っていた車も車いすが乗せれるものに買い替えcar*



退院後に介護生活がスタート。




1人では家においておけない。重度の半身不随なのに要介護は2なので週に3回しかリハビリはなし。



それでも私の仕事は会社員よりも自由がきくので大分マシなほうかなと


TVのニュースで介護の問題などがあるたびに今の環境に感謝しつつもやっぱり大変なものは大変。。。。ガーン





言葉がなかなか出てこない苛立ちと利き手だった右手が動かないことで

いつも精神的に不安定な母をなんとか笑顔でお世話をするのが精一杯。





これまで自由奔放に家事をすべて任せて仕事に没頭していたので

余計に家事と仕事と介護の両立で苦しみました(>□<)



幸いにも子どもたちが随分お手伝いをしてくれるので精神的にもすごく楽です涙




これ、1人での介護だったらきっと怒ったり八つ当たりしたりかなり苦痛だっただろうなと

本当に思います。


子どもたちが幼稚園に通っていた時と同じように

介護センターも9時-4時なので夕方はバスが来ちゃう前に慌てて家に戻ったりバス



おなかが減った~!!っともはやガマンの出来なくなっている母をなだめながら急いで準備したり

育児をも1回再現しているかのような毎日です。


育児には成長の喜びがあるのだけれど介護には悲しさと切なさがつきもので・・・涙





31日。今日は大晦日。


去年は何も出来なかったけれど今年は少しでもおせち料理の準備をしたり一人で餅つきしたり(笑)

去年お正月を味わえなかった母に少しでもお正月気分をと色々準備していました門松・右


家事と仕事のバランスもちょうど良く取れるようになったのはつい最近のこと。

段取りだって上手になってきました登場



ひととおり終えて一息ついていたころ母から今年最後のご挨拶したいと部屋に呼ばれ

「今年はたくさんお世話をシてくれてありがとう

さちこがいてくれて本当によかった」


と涙を流しながら何度も言い間違えをしながらも母の気持ちを伝えてくれました涙涙


母がこの病気にならなかったら出来なかった親孝行。


今まで本当に勝手気ままにやってこれたのも母の支えがあったからこそ


改めて私もこれまでの感謝の気持ちと来年もよろしくねと伝えることが出来ました



母親を介護しているというお話はなかなか外では話題にはしたくなくて

「頑張ってるね」とか「えらいね」とか言われるとそこまで完璧にできていない自分がいるから余計に言われたくなくて


でも頑張り過ぎないほうがきっといいと思えます


現在介護している人たちもたくさんいるでしょうしこれからも増えていくでしょう


子育てと同じでちょっと息抜きがあったり自分も楽しんだり


家族や周りの人にサポートしてもらったりは絶対必要です


私も最近ではちゃーんと夜遊びしたり(笑)


大好きなアーティストさんのLIVEに繰り出したり


もちろん仕事も一生懸命。そして遊びも一生懸命


決して自分を過酷には追い込まず縛り付けることもなくゆる~くっびっくり


2015年は大変なことも多かった分、ものすごく学びの多い1年で


10年分くらいの成長を自分でもできたんじゃないかと思うくらい成長しましたがんばるアップ


結婚も離婚も育児も起業も介護も経験した私の強みかお


2016年は生かせると思います!