Classic key.


居酒屋の下足番号みたいですが、これはイギリスのホテルのカギです。


最初見た時は度胆をぬかれましたが。


ここのホテルのコンサバトリーレストランは有名でぜひ食べたほうがいいというリコメンドうけDinnerを食べました。


イギリスの食事はまずいといわれていますが、コンサバトリーレストランででる食事はとてもGood.


でもあまりの量の多さにスープ(直径30cmくらいの深いお皿にまめてんこもりスープ)とチキン(直径30cmくらいのお皿になみなみとマッシュポテトがしきつめられているそのうえに手が大きい人のゲンコツくらいあるグリル度チキンがげんとのっているもの)を食べたところでおなかがぱつんぱつんになりました。
最後のデザートがおいしいからといわれていたのですが、もうどこにも食物も水分も入る余地のないほどにいっぱいいっぱいの状況。



「デ、デザートはいりません(はいりません)・・・」

「え!?デザートを食べないの?じゃあ、コーヒーか紅茶だね?」

「どちらも飲めません(水もはいらないぜ)」

「まさか!」
的会話のあとによれよれになりながら帰ったことを思い出します。

イギリスの人ってビールが好きだからけっこうゆうぐれからがぶがぶのんで、夕飯たっぷり食べて、そのあと飲む、みたいな。
全然ついていけない日本人でございます。
でもイギリスの田舎はとてもかわいらしいおうちが立ち並び、町もこじんまりしていてすてきです。

そろそろイギリスも寒いなあ~。

イギリスのミセスたちも手芸大好き。きれいなリボンはたくさんお店に並んでいます。かわいいリボン販売しております。


http://avoirducoeur.shop-pro.jp/