喰霊-零- episode 11「運命 乱-うんめいのみだれ-」 | 無限回廊幻想記譚 旧館 -アニメ・映画感想-

喰霊-零- episode 11「運命 乱-うんめいのみだれ-」

「私は充分に生きた……さらばだ、神楽」

土宮神楽にトドメをさそうとした諫山黄泉に立ちはだかる土宮雅楽。
黄泉は最強の霊獣『白叡』を継承する土宮の家柄を本当は目障りだと感じていたのに、自分は憧れと勘違いしていたのだと語る黄泉。
「でも、そのどちらも……今日で最後」
喰霊『白叡』と鵺『乱紅蓮』を持つ両者が激しくぶつかる。
最強の霊獣と無限の霊力を持つ者の激しい衝突です。

白叡を操る鎖で黄泉の獅子王と相対する雅楽。上空では白叡と乱紅蓮が激しくぶつかり合う。
二人に戦って欲しくないと願う神楽だが、その思いは二人に届かない。
雅楽は黄泉を鎖で縛り上げ、神楽にトドメを刺すように命じるが、神楽は戸惑い動く事が出来ない。
その一瞬の隙に、黄泉は乱紅蓮の咆吼波で神楽を攻撃する。神楽を守る為に白叡を動かした雅楽。
白叡の受けたダメージが、そのまま雅楽へと反映されて呻きをあげる。
鎖が緩み、自由を得た黄泉は雅楽との間合いを詰めると、雅楽を縦一文字に切り裂く。
驚くほどに一瞬での決着でした。
原作ではもっと自然のあるようなところで殺されている雅楽ですが、ここでやられてしまいました。
一騎に続いて、今度は雅楽が神楽の迷いで致命傷です。


傷つき、膝を突いた雅楽へトドメを誘うとした黄泉だが、神宮寺菖蒲と共に駆けつけた二階堂桐がこれを阻止する。
深手を負い大量の出血をする雅楽に駆け寄る神楽。
黄泉は桐と戦おうとするも、黄泉と殺生石が拒絶反応を示し、苦しむ黄泉はその場から撤退を余儀なくされる。
この時点では黄泉はまだ殺生石に完全に取り込まれてはいないのですね。
この場で桐たちも死ぬかと思ったよ。

多くの死者を出す結果になった環境省自然環境局超自然災害対策室。
その中に桜庭一騎も含まれていた。
自分には黄泉が殺せなかった、桜庭一騎が殺されたのは、自分が黄泉を殺さなかったから自分が殺したのだと自らを責める紀之。
紀之は……まあ仕方ないね。実際彼のせいで一騎は殺されてしまったのだし。


黄泉がカテゴリーAの怨霊と化したのは殺生石によるものだと知った菖蒲と桐。
九尾の狐の魂の破片であり、純粋な妖力の結晶体である殺生石。
それはひとたび手に入れれば無限の霊力を手にする事が出来るが、同時に魂を食われてしまい怨霊化してしまうという代物。
諫山冥の事件にも殺生石が絡んでいた可能性があり、自分たちが黄泉を追いつめてしまったのではないのかと悔やむ桐。
「いいえ! どんな理由があろうと、アレを手にするのは許されない事。
 彼女はその禁忌を犯した」
自分たちにはやる事があるのだと対策室へと帰還する菖蒲たち。
ようやく事件の背景について理解したけど、既に時遅し。
しかし菖蒲の言う事もまた正しいのですけど、正論過ぎるよな。


我に返った黄泉は自らの行った罪の重さを知り、獅子王で自らの命を絶とうとするが、殺生石によってそれすらもかなわない。
そして再び殺生石が黄泉の心を浸食していく。
殺生石が自殺を阻止しているのは、黄泉の中の死にたくないという感情に反応しているのだろうか。それとも三途河カズヒロが何か仕込んでいるのか。


特異点の位置を把握しようと低気圧図を観測しようとした菖蒲と桐だが、霊圧を観測している第1観測班、第2観測班は既に殲滅されていた。
残る3観測班を退避させ、神宮寺菖蒲は自らも立ち、環境省超自然災害対策室処理班に緊急出動をかける。出動命令を受けて岩端晃司やナブー兄弟は出動するが、紀之は向かう事が出来ずにいた。
「もし決心がついたら、後から来い」
そう声を掛けて自分たちだけで出動する岩端とナブー兄弟。
独鈷杵を手にする紀之は「ちくしょう」と自らの弱さに嘆く。
紀之はヘタレのままです。紀之は当面立ち直りそうにない。神楽と黄泉の対決までには立ち直るのだろうか。


一命を取り留めた雅楽の看病をする神楽。
自分が未熟なばかりに雅楽を負傷させてしまったと詫びる神楽。
その時、雅楽の傷が疼き、彼の力の劣りに呼応して、白叡がその封印の拘束から逃れようと暴れ始めてしまった。
白叡を抑えきれないというのは、もはや彼の力の限界を現しているのですよね。


菖蒲からの指示を受けて退避しようとしていた第3観測班の前に、黄泉が現れる。
「いいの? 持ち場を離れて」
笑う黄泉に、観測班のメンバーが後ずさるが、彼女らの背後には既に乱紅蓮が牙を剥いて待ちかまえていた。
何のホラーですか……てか、こんな観測班が霊圧を感知していたんですね。


白叡を殺生石と術で何とか抑え込んだ雅楽だが、自分ではもう白叡を抑える事が出来なくなっていた。
封印処理の施された小さな殺生石のカケラでは、今の雅楽の傷を癒すには長い時を必要とする為、傷が癒えるまで白叡を抑え込むのは到底無理であった。
「聞きなさい神楽。
 私はもうすぐ魂を引き裂かれ……死ぬ」
その前に神楽に言わなければならない事がある、という雅楽の口から出たのは意外な言葉だった。
「すまなかった……
 すまなかった、神楽」
「父上?」
決心して雅楽の言葉を受け入れようとしていた神楽は、父の思いも掛けぬ言葉に驚く。
「土宮に生まれたものは、喰霊“白叡”を継承せねばならない宿命にある。
 そして、白叡を使役する者は長生きは出来ぬ」
それは雅楽や神楽の母、そして神楽も同じだった。
「お前に母のように短い命で終わって欲しくなかった。
 少しでも長く生きて欲しかった。
 そのためには強くなるしかない。
 私も何時命尽きるか判らぬ身。
 お前には少しでも早く成長して欲しかった。
 年端もいかぬ頃から修行ばかりの日々、さぞ辛かっただろう」
父の本当の気持ちを知った神楽は、涙を浮かべる。
「すまなかった、神楽……許してくれ」
これまで厳格な態度を見せていた雅楽が、初めて神楽に謝るとは。
彼が何処までも厳しかった理由が明らかになって、二人の距離が急激に縮まりましたよ。


観測班を殲滅した黄泉の前にやってきた超災対策室。
「まさかあなたがカテゴリーAになるなんてね」
「あら、人数が足りないわね。逃げたの? それとも死んだ?
 どっちでも同じだけどね。
 いずれ地上に住む人間は、全て私が殺すんだから」
乱紅蓮を呼び出して挑みかかってくる黄泉に対して、岩端たちが乱紅蓮の相手をする一方で、菖蒲と桐が黄泉と戦う。
黄泉のいう足りないというのはおそらく紀之の事だよな。
神楽は負傷しているから来れないだろう事は判っているだろうし、一騎は自分で殺しているわけだから。

桐の退魔式スーツケース『富岡弐拾参號』による弾丸を躱して車椅子の菖蒲に襲いかかる黄泉だが、菖蒲は車いすに仕込んだ刃と義足に仕込まれたマシンガン、そして術を持って黄泉と戦う。
「まさか、現役だったとはね」
「あら、その言い方は、ちょっと失礼じゃない」
驚いた様子を見せる黄泉に、軽い口調で応える菖蒲。
私もビックリです。まさか車椅子にあんな仕掛けがあり、足にマシンガンを仕込んでいるとは。サイコガン並の衝撃ビックリマークですよ。


「部下を殺しても平気なの?」
「“”部下よ」
「冷たいのね」
「私、もっと大切な人を自分で殺してるの」
語る菖蒲の左手の薬指には指輪が嵌められていた。
「冥府魔道に落ちた者は、たとえ誰であろうと容赦しないわ」
「出来るの?」
獅子王を構える黄泉だが、彼女と菖蒲の間には桐が無数のワイヤーを張り巡らせていた。
それらは周囲のパイプと繋がっており、パイプを切断してそこから蒸気を噴き出させる。蒸気を躱した黄泉だが、地面に描かれた術で足を止められると、更なる蒸気の攻撃、そして桐のワイヤーで動きを封じた所に菖蒲のマシンガンを叩き込む。
この二人もかなりの実力者だという事なのだろうね。
ただの指揮官というわけではなく、前線に出れば十分に戦えるわけか。
菖蒲は旦那を殺しているのですね。旦那もカテゴリーDになったという事なのか。だから菖蒲の意志は強いわけですね。


初めて雅楽とゆっくり話をする神楽は、自分がもっと早く一人前になっていればこんな風に話が出来たのかな、と笑う。
どんな話をしたら良いか判らないかもしれないという雅楽の言葉に、思わず笑う神楽。
「可笑しいか?」
「可笑しいよ。
 だって……親子なのに」
「そうか……そうだな」
神楽の言葉に素直に納得する雅楽。
「ねえ……お母さんの事、教えて?」
神楽は母親の事も殆ど知らないのですね。
幼い頃に死んだし、白叡を宿していたから殆ど母親らしい事は出来ずにお務めを続ける毎日だったんだろうね。

蒸気に隠れて成果が見えないが、おそらく黄泉を斃したと踏んだ桐だったが、黄泉は平然と蒸気の中から飛び出してくると菖蒲に襲いかかる。
だが桐が己の身を盾にして、菖蒲を守り、桐の身体を貫いた刃は菖蒲には届かない。
獅子王を抑え込んだ桐の命がけの行為に応え、菖蒲は黄泉の首にワイヤーを括り付ける。
「黄泉、涅槃で会いましょう」
車椅子に仕込まれたジェット噴射を起動させ、首を絞められて車椅子に引き摺られていく黄泉。
この車椅子凄いな……何処の技術者が開発したのだろうか。
に、しても黄泉が無傷なのは、殺生石の回復力がそれだけ凄まじいという事なのか。
ただ服も全然傷ついていないのですけど……服が穴だらけなら、全て一瞬で傷が治ったのだと思えるのに。


一方で、岩端とナブー兄弟もまた、乱紅蓮との激しい戦いを繰り広げていた。
顔に深い傷を負った岩端をナブーが庇うが、乱紅蓮のキバがナブーの肉体に深く突き刺さる。
もう一人のナブーの放った弾丸を受け、乱紅蓮はその姿を消す。
ナブーはまた自らの片割れの死を悲しみ、岩端は掛ける言葉が見つからない。
ナブー……兄か弟かは判りませんが、ついに死んでしまいました。ナブーにとっては本当に自分の魂の半身のような存在だろうから、辛いなぁ。
そう言えば岩端も原作は顔に傷がついていたのを忘れていた。この時の傷だったのですね。

自分がどうすればいいのか、雅楽に問いかける神楽。
「神楽……愛しいか?」
「うん」
「悲しいか?」
「うん」
「憎いか」
「……判らない」
「神楽、全てを忘れると良い」
それが一番楽になれる方法であり、多くの退魔師たちが選んでいる道なのだという。
「だが、本当に強くなるなら全てを背負え
「背負う?」
「人として人を守るなら、思いを捨てるべきではない。
 それがどんなに辛い思いであっても……」
「全て、背負う」
「しかしそれはとても苦しい道だ。
 どちらを歩むかはお前が選べ」
「私が……」
神楽にアドバイスをする雅楽だが、肉体の限界を迎えたのを感じ取ると、『白叡』と殺生石を神楽に継承する。
最後の時を迎える父との別れに号泣する神楽。
声の聞こえない別れが切ない……泣
全てを忘れるのは楽かもしれないけど、哀しみや苦しみを背負うというのは辛いですからね。しかしそうした想いが人を強くするというところか。
雅楽は果たしてどちらを選択していたのか……なんとなく前者のような気もするな。


もはや助からないだろう傷を負った桐に、車椅子を失った菖蒲は必死に這い寄ると、彼女を抱きかかえる
「黄泉、は……?」
「呼んだ? まだ続きする?」
あの攻撃を受けて尚平然としていた黄泉は、笑いながら桐の身体を貫いていた獅子王を引き抜く。
「どうする、乱紅蓮……?」
愕然と絶望を浮かべる菖蒲を見下ろし、黄泉は冷笑する。
黄泉が斃されていないのは判ってましたが、こんな平然として現れるとは。
自分たちの戦いがまったく通じなかった。もう戦う事の出来ない彼女たちに残されたのは絶望だけですか……
てか、黄泉怖ぇ……ガクブル

殺生石をピアスとして身に付ける神楽。
その力により、乱紅蓮の牙で彼女の傷ついた左腕はたちどころに治癒する。
「……私が、選ぶ」
彼女の下にマイケル・小原からやってくると、神楽のために作成した舞蹴拾弐號の弱点を改良した退魔刀『舞蹴拾参號』を、神楽の魂に応えてくれるだろうと差し出す。
「私の魂はどう思っているかな」
「神楽さん……」
決意に満ちた表情を浮かべた神楽は、歩み出す。
遂に土宮の家の者として黄泉との戦いを決心した、という表情ですね。
雅楽は白叡を継承するために儀式のような事をしていたけど、神楽はそれらを端折ってしまってるね。
そういや、『舞蹴拾参號』は原作に存在しないので、黄泉との戦いで壊れてしまうのだろうか。それにしてもここでマイケル師匠が出てくるとは……しかも相変わらずフン……

次回 第12話「祈 焦-いのりのこがれ-」

いよいよ、次回神楽vs黄泉の直接対決。
特に表現はないけど、次回で最終回でしょう。
これで原作にいないキャラクターは全滅したので、後は最後に紀之が対策室を辞めるだけかな。
原作では神楽に同世代の友達がいない事になっているのだけど、柳瀬千鶴と真鍋美紅も関わってきて死ぬのだろうか?
展開としては、最終的には黄泉が自分を取り戻して神楽にわざと殺される、というのがベストかなぁ、と。

なんだか、今回はところどころで作画のレベルが落ちてるよね、勿体ない。


■トラックバックが飛ばない場合には別館(http://libra1974.blog86.fc2.com/)or別宅(http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/)へお願いします。

にほんブログ村 アニメブログへ ←良かったらクリックして下さいアップ

関 連 商 品
喰霊-零- 1(限定版) [DVD]
¥5,128
Amazon.co.jp
喰霊-零- 2(限定版) [DVD]
喰霊-零- 3(限定版) [DVD]
喰霊-零- 4(限定版) [DVD]
喰霊-零- 5(限定版) [DVD]
喰霊-零- 6(限定版) [DVD]
¥5,128
Amazon.co.jp
喰霊-零- 挿入歌&イメージソング集/TVサントラ
¥3,000
Amazon.co.jp
Paradise Lost/茅原実里
¥1,080
Amazon.co.jp
夢の足音がきこえる/水原薫
¥1,200
Amazon.co.jp
TVアニメ「喰霊-零-」ドラマCD/ドラマ
¥3,000
Amazon.co.jp
TVアニメ「喰霊-零-」キャラクターソング Vol.1 神楽&黄泉/土宮神楽(茅原実里)&諌山黄泉(水原薫)
¥1,200
Amazon.co.jp
喰霊 ~追儺の章~ (角川コミックス・エース 160-8)/瀬川 はじめ
¥567
Amazon.co.jp
喰霊 (1) (カドカワコミックスAエース)/瀬川 はじめ
¥567
Amazon.co.p
喰霊(がれい)―The Enchained Spiritual Beast (2) (角川コミックス・エース (KCA160-2))/瀬川 はじめ
喰霊(がれい)―The Enchained Spiritual Beast (3) (角川コミックス・エース (KCA160-3))/瀬川 はじめ
喰霊 4 (4) (角川コミックス・エース 160-4)/瀬川 はじめ
喰霊 5 (5) (角川コミックス・エース 160-5)/瀬川 はじめ
喰霊 (6) (角川コミックス・エース 160-6)/瀬川 はじめ
喰霊 (7) (角川コミックス・エース 160-7)/瀬川 はじめ
喰霊 (8) (角川コミックス・エース 160-9)/瀬川 はじめ
¥567
Amazon.co.jp
アニメ 感想 レビュー