以下、変なこと書いているなと思われるは承知しています。
 

帰り道、そのことを考えていないのに、ふと浮かびました。

「家族って、一緒にいるだけでいいんだ。」と。
 
全然違うことを考えながら歩いていたはずなのに、
ポッと浮かぶ。

今現在顕在意識で考えていることと、潜在意識で考えていることは、
考えている内容が別々でも同時進行するということなのでしょうか?

今、空き時間で読んでいる本からの影響が潜在意識に入り、出て来ていたようです。

そういえば、いろんな家族の形があるなと最近思っていました。
あの人の試練はこうだった
この人の試練はこうだった
しかし、可愛そうとか、気の毒だと思ってはいけない。
そっと見つめるだけで、感じているだけでいいと思うようになりました。

近くにいすぎると、衝突や相手への過剰な期待を持ってしまったり、
些細な行動が嫌だったりする。
でも、そんなことは実はどうでもよくて、近くで一緒に過ごす時間が大切なんだって。
事情があって、離れて暮らす場合があっても、一緒に過ごす時間、過ごした事実が大切であり、一緒に過ごす時間の長さではない。
今を生きる。

どれだけ相手を大切に思えたかという事実があったというのが大切であり、
やがてそれぞれが別の方向へ進む。
そこにいいも悪いもない。
それが自然の流れだから。
そういう摂理だから。

幼稚園児だった頃から疑問に思っていたことがある。
長いこと知りたくて、でも全然わからなかったこと。
人生で最大の疑問だと思っていました。
それこそ生命の誕生はどうして生まれるということよりも、もっともっと知りたかったこと。
しかし、先月のある日、瞬間的にわりました。
すごく納得しました。

最近、そのように現在考えていることとは全く違うことが、瞬間的に理解できることが多い気がします。
合っているとか間違っているということではなく。
これが覚醒なのでしょうか。

しかし、目の前が明るく開けるような感じで、楽しいです。