えべっさん

テーマ:


こんにちは!

ミツワ広告八木こゆるです!

新年明けましておめでとうございます!
本年も宜しくお願いします!

皆様、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は家族と毎年恒例になってきている、お正月に一泊二日の旅行に行くんですけど、今年は妻がそのタイミングでインフルエンザにかかってしまい、当然、旅行は断念しました・・・。

しかし、そのお陰でいつもとは違い家族水入らずで、ゆっくり過ごせてこれはこれで良いお正月を迎える事が出来ました。


さて、新年1発目のブログは
私が開業支援をさせて頂いた院長先生と二人で、先日の十日戎に商売繁盛祈願に参らせて頂きましたので
ここにご報告させて頂きます。




関西地方では当たり前に有名なえべっさんですが、他の地域の方には馴染みがないとお聞きしましたので
えべっさんってこんなんですよというの少し書かせて頂ければと思います!

えべっさんは七福神の中の神様の一人で、釣り竿を持ち、鯛をわきに抱えて満面の笑みをたたえています。
遠い海からやってきて、人々を幸せにする神様なんだそうです。

ちなみに「えべっさん」とは「神様」のことを「神さん」と呼ぶ、関西人お得意の馴れ馴れしい表現で、正式には「えびす様」または「恵比寿神」と言われます。

関西地方を中心にえびす神を祭る神社で商売繁盛、家内安全、交通安全を願い、年初めの縁起物として福笹や熊手を求めて毎年1月9日を宵戎(よいえびす)、10日が本戎・十日戎(ほんえびす、とおかえびす)、11日が残り福(のこりふく)と呼ばれ、3日間、戎神社はすごい参拝者の数で賑わいます。

とにかくド派手で、「商売繁盛で笹もってこい」の掛け声があちらこちらで響き渡り、だいたいの戎神社で、無料で配られる福笹に思い思いにお金を払って吉兆、小宝(子宝)と呼ばれる米俵や小判や鯛などを模した縁起物で飾ったり、他にも大きさで金額の違う縁起物で飾られた熊手を購入すると福娘の方が福鈴を鳴らしながら「商売繁盛、家内安全、御神楽」と言ってくれます。

福笹、熊手を持ち帰って飾ると福を授かると言われています。中には沢山、縁起物をつけたバカでかい熊手を肩に担いで闊歩されている毛皮のコートを着こんだザ・社長のような方を見かける事も多々あります。

もしも、一度も行った事がない方がいらっしゃれば、来年は是非、えべっさんに行ってみて下さい!その年はきっと良い事が起こると思いますよ!




無事にえべっさんに熱い思いをお願いできて、良いスタートをきれた八木こゆるです! 
今年も何にでもチャレンジして果敢に攻めていきますので、皆さんこのブログ共々八木こゆるをよろしくお願いします!!



最後まで読んでくださりありがとうございました。





今後ともこんな私ですが

是非、応援よろしくお願いします!

又、このブログで広告、看板、印刷、ホームページなどご興味がおありでしたら。




是非是非!!

ミツワ広告八木にお電話お願いいたします↓↓↓↓




080-1514-3243