台風の悲劇

テーマ:


こんにちは!

ミツワ広告八木こゆるです!

皆さんはいかがお過ごしですか~?

今年も夏が終わり、心地よい秋がやってきましたね!
とは言いつつも私に季節の変わり目を楽しんでいる余裕など全くなく・・・
この夏の猛暑の様に煮えたぎるような情熱だけを持って日々の仕事に追われています! 

こんな状況の私にも心地よい秋を楽しめる日が来るのでしょうか・・・(泣)

そんな仕事漬けの日々を送る中で大きな試練があり、私としても大変に貴重な経験となったので書かせて頂きます!!

その試練とは先日に関西にも大きな爪痕を残していった台風21号です。

弊社は中核業務として看板広告の代理店をしておりますので、ロードサイドやビル、建物の壁面などに沢山の看板広告を設置しています。
偶然にも前回のブログでは、その看板広告の大切さについて、弊社の実績写真を踏まえてご紹介させて頂いたところでした・・・
前回のブログをご覧頂けた方はご想像がつくかと思います。(ご覧になられていない方はチェックしてみて下さい!)

今回の台風はビルの壁や家の屋根も吹き飛ばす程で、想像以上の突風が吹いて弊社が管理している看板広告も沢山被害を受けました・・・






台風が通り過ぎた直後から鳴り止まぬ会社の電話・・・
私が入社して以来、こんなことが起こった事が無かったのでパニックになってしまいました・・・
ところが先輩方は冷静に1つずつ対応されていました。
しかし、先輩方も初めての事で、ここまでの台風被害は会社が始まって以来だそうです。 

それでも先輩方は一丸となって、焦らずに丁寧に一つ一つの電話に対応しており、さすがプロだなぁと感じました。

そこからの1週間は遠方に会長、社長もみんなで手分けして管理している広告看板の被害状況の確認に暗くなるまで、いや、暗くなっても確認できる限り動き回りました。
台風21号の発生から約2週間で全ての広告看板の確認ができて、ここから何段階かに分けて復旧作業に取り掛かっています。
そして今回で会社全体もさらに学習して、このクラスの台風を想定しても被害を受けないような看板広告の製作設置をしていきます。

弊社の広告看板の9割がやはりクリニックとなります。
看板広告は要所要所で患者さんとクリニックを繋げる大事な役割を果たしているので、1日も早い復旧を目指していっている事をお約束させて頂きます。

今度も弊社、ミツワ広告株式会社は雨にも負けず風にも台風にも負けないように、日々の改善、努力を怠らず、皆様のご期待にお応えできるよう務めて参ります。

最後まで読んでくださりありがとうございました。




今後ともこんな私ですが

是非、応援よろしくお願いします!

又、このブログで広告、看板、印刷、ホームページなどご興味がおありでしたら。




是非是非!!

ミツワ広告八木にお電話お願いいたします↓↓↓↓




080-1514-3243