もう30年程前でしょうか・・・・

 

東敦子先生の「ベルカント・ヴォカリッィ」と言う著書が発刊されました。当時、私も本に穴が開くほど熟読しましたが・・・・略、解決の糸口を見出すことは出来ませんでした。

 

それから約10年後・・・・・

 

イタリアへ留学し、バリトンのマエストロから施されたヴォカリッィは全く違ったものでした。

 

イタリアで学べば・・・・「魔法」の様なベルカント唱法が有ると幻想していましたが、出会ったのは苛酷なアクートメソッドでした。

 

ベルカントメソッドとは300年以上の流れを汲むカストラート(イタリアオペラ第一期)由来のメソッドです。

 

アクートメソッドとは約150年前の第二期イタリアオペラ黄金期の中で男性歌手の歌唱法として確立されてきたヴェリズモ歌唱の為のメソッドです。

 

ここの履き違えが私がHPで5年前に発信した「日本国内におけるベルカントの混沌」ですl♪