行ってみよう鍼灸院・過呼吸・心のケア(小児はり) | 健康なからだでアクティブに [白馬鍼灸マッサージ院ブログ]

健康なからだでアクティブに [白馬鍼灸マッサージ院ブログ]

健康的なからだでアクティブに人生を楽しんでもらうための鍼灸治療や自身の健康でアクティブな情報を発信していきます

先日過呼吸(吐き気のような)のような症状が少し前から続くということで、小学校3年生の女児が来院しました。


両親から話を聞くと、3年生になってからクラス替えがあったのと、担任の先生が男の先生で怖いのがあるのでは?ということでした。


性格が内向的、友達ともあまり遊ばない、外であまり遊ばない、運動があまり好きではない、好き嫌いが多いなどなど・・・


顔つきを見ると眉間にしわをよせている。かん虫の強い子だ。


「小児用のはりは、なでたり、さすったりするものなので気持ちいいよ」ほらね!!やってみる。


おしゃべりをしながら治療をしていく。


「気持ちいいでしょ」  「うん!」


だんだん笑顔が出てくるようになった。


色々聞くと東日本大震災のときの揺れが怖かったらしい・・・たぶんこの辺りからきて、クラス替えや男の担任が引き金になったのかもしれない。


東日本大震災を経験して心のケアが必要な子ども、いや大人でもかなりいるのではないだろうか・・・


心の疾患かなと思ったら、時間がかかるかもしれませんが、鍼灸は効果があるので、お近くの鍼灸院にぜひ訪れてみてください。