フランクリンメソッド内蔵の旅〜消化器官〜 | なんくるダイアリー
2018-03-06 20:06:06

フランクリンメソッド内蔵の旅〜消化器官〜

テーマ:からだの学舎Re-fit
先月に引き続きフランクリンメソッドの2時間の内蔵の旅をしてきました。
今回は、「消化器系」がテーマ。
口から始まって肛門まで。
前回同様、皆さん熱心に受講してくださいました。
 
{D584557A-DD34-4D6B-891E-EDC371B6C4E7}
 
前半の食道〜胃の主に機械的消化を担当したのが梅ちゃん。

 

{25A01078-48A3-4526-BE64-E4C7BF0992F8}
 
食道の筋肉の話や、胃の機能をみんなで体現しながら進んでいきました。

 

 

{63441F5B-A42C-4DCF-93D8-87962C9DA496}
 
さぁ〜て、これは何をしているところでしょうか?
知りたい方は、次回のフランクリンメソッドにお越しくださいねウインク

 

 

{EBE09A23-5BF4-4E9E-BA99-9107DFA3CF63}
 
そして、私は、十二指腸から小腸、大腸の化学的消化、そして吸収を担当しました。バンジーフィットネスのラムダバンドを小腸に見立てています。
 
{8ACBFE6B-33C4-4587-AF12-B19307D89A92}
 
膵臓と十二指腸の関係を身体を使ってイメージを表現していくのです。
脊柱のような骨で動くのと内蔵で動くのでは、どんな差があるのかえーん
 
{5C73EC02-AB6F-4654-ACC5-94313AD12C54}
 
最後には、フランクリンボールで心地よいワークをニヤリ
 
{C4D29028-7C5C-4E7C-9EB3-FC30384D4EDB}

脊椎よりも歴史のある内蔵です。
身体の内側の存在が明確になると、グランディングも心地よい。
身体の内側からホワ〜〜〜っと温かくなる感覚でした。
いよいよ来月の4月8日と9日ですが、モートン・ディスマーによるモートン特別ワークショップが開催されますが、すでに満席のご予約をいただいています。
 
5月以降のフランクリンメソッドのワークショップのご案内は、もう間も無くです。
とりあえず日程だけお伝えしておきますね。
 
*骨格ワークシリーズ
身体の各部位には、幾つの骨や関節があって、どんな動きをしているのでしょう?そして、それぞれの構造からどんな素敵な機能をもたらしてくれるのでしょう?フランクリンメソッドのイメジェリーを使って骨格を知ることで、身体の機能向上に役立ちます。知識と動きが同時に手に入ります。
  宝石緑5月21日(月)梅本 「骨盤パワーで動きの土台を作る」
  宝石緑6月18日(月)尾陰 「自由な背骨でしなやかな姿勢になる」
  宝石緑7月23日(月)梅本 「肩と腕を使ってしなやかに動く」
  宝石緑8月27日(月)尾陰 「足を動かして歩く」

 

*9月からは筋肉ワークのシリーズとなります。

 

尾陰 由美子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]