石垣島ビーチクリーンの成長① | なんくるダイアリー
2014-10-20 06:45:41

石垣島ビーチクリーンの成長①

テーマ:イベントレポート
今年も行ってきました、「第6回 海LOVE LOVEフェスタin石垣島2014」
これで私は、4回目の参加となります。
そして、今回も岡本君と二人で漫才のような司会を仰せつかり、楽しくビーチクリーンを堪能してきました

 

今年は、少しタイトな滞在となりましたが、ビーチクリーンの前日に石垣島入り。早速、会場となる吉原ビーチを下見。な、な、なんと先の大型台風2つ通過後のため、ビーチはすご~~いごみだらけ
今までの中で最もゴミが多いか。。。
さらに、1km以上続くロングビーチ
かなり大変な感じになりそう・・・

 

ところが 今年は700名弱の参加者が内外から集まったのです。
何と行っても地元の高校生が100人以上 バスに乗りきれなかったというからすごい
そして、台湾からも視察を兼ねて、ビーチクリーンに参加された方々
沖縄本島や久米島、宮古島、西表島、さらに長崎県の対馬からも・・・
行政の視察団の方から、本当は海上保安庁の視察まで(結局時間が合わなくて、これはおじゃんになってしまいましたが・・・)とにかく、今年の海LOVEは一気に身長が伸びたように、すごいたくさんの方々が集まり、知ってもらいたい人たちに輪が広がっていたのです。

 

 

写真でもわかるように空は雲一つない青空。
気温も30度超え

さらに今年のビーチクリーンは、家族連れの参加がすご~~く多かったことも驚きです。
小さな子供たちが本当に楽しそうに一生懸命ゴミを拾って、最後まで頑張ってくれました。

 

 

あまりの暑さに海に入る子供たちも続出。

集まったゴミは、丁寧に分別されて、最後は「ウミガメ」のアートを作成。
今年は、風が強かったので空撮は中止となりましたが、それでも700名近い人が機敏に良く動いて、アートの記念撮影もばっちり
そのうち、掲載されたらまたご紹介します。

そして最後は、ごみのバケツリレーで、たっくさんのゴミをみんなで運び出します。
本当に長いリレーでした。炎天下の中、最後まで皆さん笑顔で声を掛け合って頑張りました。

 

 

途中で気分が悪くなる人もいましたが、19歳のその彼が言った言葉。
今まで誰かのためにこんなに一生懸命何かをしたことがなかった・・・
こんなにがんばったことはなかった・・・
そして、みんなが優しく、温かく、一緒にできたことがこれからの励みとなる・・・

ビーチクリーンを通してそれぞれが体験すること
それぞれが感じ取ること
それぞれが記憶に残して語り継いでいくこと

少しずつ少しずつ、海LOVEは成長しています。
続きは、次の投稿で・・・


尾陰 由美子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]