祥子です。

 

先日お知らせしていた

益城町のサロンでのボランティア公演

無事に終了しました。

 

地域の方々をキャストに迎え

ちんどんやさん風の前説

そして、金色夜叉・・・という構成でした。

 

 

衣装の着物も色とりどり。

色々な方々から借りたり頂いたりした

着物でこんな風に装いました。

 

地元キャストのみなさまも

自ら色々なことをしてくださいました。

衣装のことやメイクのことまで・・・

本当にありがとうございました。

楽しい掛け合いに

お客さんも大喜び‼!

 

楽器と歌・ナレーション組

 

若い人はご存知ないかもしれませんが

『金色夜叉のうた』というのがあって

年配の方はだいたい歌えます!

歌とともに物語が始まる流れでした。

太鼓と拍子木も入ると、ぐっと雰囲気がまします。

 

お宮さん、寛一さんは

いうまでもなくこの物語の花形ですが

脇を固めるみなさまも

なかなかに旨みのある

役割なのです。

 

またやってほしいというお声もいただき、ありがたい限りです。

力を貸してくださったみなさま、本当にありがとうございました!

 

お客さんに元気になってもらいたい、楽しんでもらいたいと

思ってやってますが

実のところ、パワーや学び、喜びなどを

一番もらっているのは

自分たちかもしれません。

 

続けていきたいと思えること

それって力です。

周りの方にも一緒に生み出してもらった力です。

 

大事にします!