こんにちは!

 

シーちゃん先生日記カテゴリーの記事です。

世田谷にいたころからのママ友、なっちゃんと六本木へ。

折に触れてこういった展覧会にお誘いいただくのは疎い私としては大助かりです。

 

 

 

 

 

長女と同級生のお嬢様がいらっしゃる&その子も工作好きで娘同志話があうんです。

 

 

 

 

 

 

美味しい浮世絵展は写真撮影可能なところが決まっておりまして巨大な転写絵の前でパチリ

 

魚河岸の絵は本当に見事です。

新鮮な魚を取引する様が生き生きと描かれていて圧倒されました。

 

そして、醤油文化にも触れており、私の生まれ育った千葉県野田市の茂木家の事なども紹介。

江戸から キッコーマン ヤマサ など名だたる醤油メーカーが今もなお、その文化を担っていることに胸が熱くなりました。野田市駅という駅があるんです。野田駅じゃない 野田市駅です。

その駅を降りると、目の前に醤油タンクがそびえたち、醤油の香が一帯に漂っています。

野田市駅周辺に住まいを持つ皆さまは洗濯物が醤油のにおいになるとおっしゃいます。

大人になった私は野田市の醤油文化、キッコーマンが多くの税金を支払い、私財を投げ打ち、野田市を支え、地域福祉を支え続けてくれたことに心から感謝しています。

今も、キッコーマン病院が地域医療を支え続けてくれています。

 

展示には、醤油番付なるものがあって、醤油も味を競う行事があったこともここで知りました。

きっと、醤油蔵を見学に行った時にも展示されていたんでしょうけれど、小学校の時に目に飛び込むこと

大人になって感じることは違うのだと思いました。

 

浮世絵に描かれているお膳をそのままに江戸情緒あふれる再現ランチを令和で頂けるのです。

あ、これ絵に描かれてたやつだ!と私も大興奮。お味も美味しくて。

 

江戸前寿司の原型はかなりしゃりが大きかったから1個から2個でお腹が一杯になった。

と耳にしたことはありましたがそれもそのまま再現されていました。

 

 

 

 

↑卵丼とカツオのお寿司です。大きいでしょ?

 

 

長女はウナギのかば焼きです。

櫛をかぶりつく浮世絵があってそれを再現しました。

櫛にかぶりつく様を子供たちも楽しそうに実体験しました。

 

 

絵葉書も沢山買い求めました。

 

 

 

 

 

そしてそして。

たまたまだったんですけれど。

同じフロアで あの 日本ニューアート界の巨匠

村上隆さん 奈良良智さん 草間彌生さん らの絵画展が開催されており

 

 

ちょっと行こうか!

と急遽訪れることに

 

 

 

 

 

 

 

 

充実した一日を過ごすことが出来ました。

 

 

 

●ここのところ新人さんも増えたようです。

私の執筆本4冊、過去記事しっかり読んでそれでもわからなければ質問してください。

★ブログのプロフィール欄からどうぞ。

 

 

 

↓ クリック協力お願いします。^^

 

にほんブログ村 不妊(長期赤ちゃん待ち)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ

 にほんブログ村 不妊(高齢赤ちゃん待ち)