今日もアクセスありがとうございます。

 

 

▽養生実践者へのお願いはこちら

https://ameblo.jp/acsysun/entry-12378681558.html

 

 

▽こちらの記事、シーちゃんメソッド推薦文を書いてくださっているようです。どうもありがとう。^^

https://ameblo.jp/acsysun/entry-12380288866.html

 

▽すべすべかかとケア。綺麗なカカトが勢ぞろいの養生実践者のリブログ。どうもありがとう。^^

中にはタダ症例の妊娠しました報告もありました!

https://ameblo.jp/acsysun/entry-12382149657.html

 

 

20170610_今日のお花

 

 

 

シーちゃん妊活メソッドの三大養生

●タンパク質多め

●早く寝る

●疲れさせない

(残りは過去記事遡って下さい。)

 

基本は普段の生活で栄養状態をしっかりと補給していき、のびおり、分泌物が出てくるなど良い兆候が出てくるまで

普段の生活と食事で様子を見て頂きたいと思います。40代の皆様も早く寝て基礎体温が整うかどうかを見て素の自分と向き合う。

それから不足している部分をサプリで補います。

 

まずは日々の養生が何より大事です。

 

★サプリは食事の代わりになりません

★サプリは睡眠の代わりにはなりません

★サプリは普段の無理ばかりの生活を妊娠へ向かわせるだけの影響力はありません。

何かを手放し生活をミニマムにする必要があります。

 

これが私の基本姿勢です。

過去記事読み込んでみてくださいね。

それと、全員に対応できる養生は存在しません。向いている向いていないがあります。

取り入れてみて向いているなと実感ができたら継続してみてください。

向いているなという実感がでてきたらサプリ購入の検討、漢方相談の予約を検討してみてください。

 

私の提唱していることが自分に向いていないと感じているのに漢方相談入れてくる人がいるのですが向いていないのであれば

別のところに行くべきです。わたしに拘っても仕方がありませんよ。多くの漢方家がいらっしゃいます。保険で飲めるところもあります。自分に合っていると思われる方にかかってください。

 

まずは養生を実践してみる。体の声を聴く。そこからです。

 

 

本日は、精子の成績不良からの妊娠!ということで。

ワタクシの中での記録更新となりましたのでご紹介させていただきたいと思います。

本日はRISAKOさんの記事のリブログ紹介です。

 

その前におさらい。

 

●無精子症だとしても母体づくりが大事の症例です。

顕微授精については睾丸から手術で取り出す精子で妊娠出産。

この症例も20代の顕微授精では上手くいかず40代で妊娠出産しましたよね。

▽不妊歴13年 無事出産の例 リブログ先遡っていくと妊娠初期からお読みになれます。

https://ameblo.jp/acsysun/entry-12258324140.html

 

◆20代の体外受精で上手くいかず、40代の顕微授精で無事出産、ここから学ぶべきことはしっかりと体を作って治療に挑むことが

必要なのだということです。20代だから若いから素地をつくらなくてもよいということは無いということです。

 

 

精子の不良が原因で私は妊娠しない。と思っている方、そう説明された方も多くいらっしゃることでしょう。

しかしそれに胡坐をかき、自分は悪くない。全ては旦那がわるい。としていると痛い目あうのです。

私は40オーバーの体外受精撃沈し子供を諦めた人から話を伺ったりするのですが、旦那の精子が良くなかったからダメだった。

何回も体外したんだけど結局ダメだったとおっしゃる。言いっぷりは旦那が悪いから仕方が無い。すべては旦那が悪い。という雰囲気です。

でも違いますよ。旦那のせいにして自分の体調を省みなかったから結果が出なかったのです。それは旦那様だけのせいではないんです。

精子は確かに必要です、しかし、着床するのは母親の体であって、先日のミトコンドリアの記事も書きましたが受精卵がエネルギーを産生して分裂して成長するために関係するのは卵子のミトコンドリアなのです。

 

▽受精卵のミトコンドリアは母由来の記事

https://ameblo.jp/acsysun/entry-12378301733.html

 

 

 

▽昨日、リブログしてくださった ぺんぎん さんも 乏精子 でステップアップを言われていました。

https://ameblo.jp/get-hold-of-a-chance/entry-12382591908.html

それでも人工授精で妊娠です。継続中。

 

 

今回のrisakoさんは 膣内射精障害のため性交が出来ない状況でした。

精子検査も抵抗を示すご主人になんとか工夫を凝らして提案したのが(膣内射精障害のため)人工授精したい。でした。

 

そこで検査をしたところ、99.5%の奇形率という数字をたたき出します。

 

しかし、私は 97%奇形率からの自然妊娠第一子、第二子とも妊娠出産の経験がありますから、母体の作りこみが大事という持論は曲げません。(そういえば、こちらの方も顕微授精を一回行い撃沈後の自然妊娠ですね。受精卵で内膜刺激をしたのも良かったと思います)

 

そして、こうゆう頑ななご主人は奥様が作る日々の食事。そこから攻めます。

仕事に行っていれば3食しっかりと栄養を。というのも難しいご主人もいらっしゃるでしょう。

今回のご主人のように。サプリも養生も嫌だとおっしゃるわけですから。

その場合は出来るだけ家での食事に栄養たっぷりを心かげて欲しいです。ミネラルを意識したメニューも。

奥様のお食事で元気になるご主人は大勢いらっしゃいますし、逆に奥様のお食事が宜しくないためにご主人の体調不良が起きることもあります。家族の健康管理は自分の双肩に掛かっているという意識でいて欲しいと思います。

 

 

そして、今日ご紹介のご主人のように全く協力的でないご主人だった場合。

大事な事が「目くじら立てない」ということです。ムキームキームキーッムキーッムキーッ

 

流す。出来れば笑って流す。ゲラゲラゲラゲラゲラゲラ

そして、粛々と養生生活を送る。

 

怒ると、活性酸素が出ますし、細胞が損傷を受ける可能性だってあります。良いことなど一つもありません。

正論を述べたところで相手が取り合わなければ怒り損です。

ご主人の性格をみて、こりゃダメだ!となったとしても「自分大事!母体大事!」と精子の成績の悪いご主人に目を向けず

自分のことを大事に過ごす。お食事は粛々と栄養満点でご美味しいお料理でご主人も一緒に取り組む。それがポイントだと思います。

 

こちらの、リサコさんにもそのようにお伝えしました。

くっそーーーと思ったけれど気持ちを切り替えた。とおっしゃいます。

その辺りの工夫も成功へのカギかと思います。

ぜひお読みください。^^


 

 

彼女は抗核抗体などがあったので免疫力の調整などの観点から糖鎖栄養素を。

流産経験ありなのでフルセットで臨みました。直近の基礎体温がとても綺麗でそうお伝えして次の周期に妊娠となりました。

 

   ・糖鎖メシマ
   ・フェリチンセット
   ・アンズボディケア
    ・アンズプラセンタ
    ・馬の底力
    ・元気丸
    ・シベリア人参茶
   
 
     ・イライラざわざわおさめる漢方
     ・寝られる漢方
     ・サプリ
    
     などです。
     アクシスアンさんフルコースですルンルン笑。

 

↑記事からコピペしました。

 

 

無事、安定期まで来ましたとのこと。

本当に嬉しく思います。

おめでとうございました。^^

 

サプリお求め希望の方はこちら

http://www.acsysun-shop.jp/

 

 

▽土曜日に出社しましたら、安垂散の試作品服用希望のメールが!
厚みがありますよね。
 

 
↓一つ一つ読ませていただきました。
長いメッセージ打ち込んでくださってる方もいらっしゃいましたね。
 

順次発送していきますのでお待ちください。

良い反応が出ることを祈りつつ。

 

 

 

今日はここまで。

 

ランキングに参加しています。

 

それぞれ一回づつ。

ご協力お願いします。^^

一番下の緑にもお願いします。

 


にほんブログ村


にほんブログ村

 

にほんブログ村 不妊(長期赤ちゃん待ち)

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ

 にほんブログ村 不妊(高齢赤ちゃん待ち)