2012-10-26

何となく思ったこと・・・何故ガンキャノンは試作機なのにいっぱいあるのか?

テーマ:製作記事以外
ガンキャノンって、公式な本編の劇場版でも、108・109以外に203のナンバーが出てきたり、
かなりの数が存在することになっているんだけど、不思議ですよね?

<極めて個人的な考察>
①ガンキャノンは、基本フレームはガンダムと共通

 ・「V作戦」の目的は、ジオンのザクに対抗できるモビルスーツの量産だったわけで、
  最初に作られた(とされる)ガンタンクは、下半身が戦車なのは、二足歩行が間に合わず
  とりあえず完成した上半身を、次期MBTにくっつけて作られたとされています。
  (「V作戦」発案者のレビル将軍は、宇宙軍(何故かオデッサで指揮してますがw)なので
   当然、戦車で宇宙で戦う発想はなく、ガンタンクは開発を陸軍に移管され、量産型等の
   開発が行われていきます)

 ・その後、二足歩行可能な下半身が、完成したわけですが・・・
  フレームの状態では、運動性においても、十分にザク以上の性能を発揮していたが、
  ザクの攻撃に耐える装甲を装着すると、重量から運動性が著しく低下したと考えられます。

 ・そのため、複数のフレームが作成され、装甲と関節等の駆動部とのバランスが試されたと
  考えられます。

 ・最終的にルナチタニウムを装甲材に採用することで、強度と軽量を両立出来たのですが、
  まだ、白兵戦用と呼べる運動性は発揮できず、思い切って装甲の形状を変えて、軽量化
  に成功したのが、ガンダムとなります。
  (ガンダム60tに対し、ガンキャノン70t、ザクⅡは67.1t~74.5tとなっている)
  (ガンキャノンの円筒形のデザインとガンダムの四角のデザインの違いは、円筒形の方が
   実弾兵器に対して、有効であったが、ルナチタニウムの強度で問題がなくなったため)

 ・大量の予算を投入して、作成された機体を廃棄するわけにもいかず、先に却下された
  ガンタンクの理由付けの意味もあって、中距離支援機として、製造された複数のフレーム
  を利用することで、ガンキャノンが誕生し、その結果、ガンキャノンだけは、複数の機体が
  存在することになった。

②中距離支援機の必要性の拡大

 ・本来、モビルスーツ同士の戦闘といえば、白兵戦(接近戦)がメインになるのですが、
  特に宇宙空間では、前後左右上下の360度から敵が来るため、目の前の敵に気を
  取られていると、増援に攻撃される可能性が高くなります。

 ・ジオンはスペースノイドなので、宇宙空間での認識能力は高いが、地球連邦軍では
  その能力不足を補うために、後方に中距離支援機を配置して、敵の増援などを警戒
  しつつ、状況に応じて援護攻撃を行うという戦術が基本になります。

 ・更に連邦軍は、指揮官が最前線で活躍するといった戦術は取らない傾向にあったと
  思います。(IGLOO重力戦線しかり、08MS小隊しかりw)
  よって、戦艦などから指揮を行う場合、前線で戦うモビルスーツに指示を与えるには、
  中継を行う機体が必要になり、地上ではホバートラックなどがあったけど、宇宙空間
  では、やはりモビルスーツが必要ということで、指揮の中継役としても、中距離支援機
  が必要であったと考えられます。

③ホワイトベースでガンキャノンの予想外の活躍w

 ・当初、①で考察したように、ジオンのザクに対抗するには、白兵戦能力の高いガンダム
  が最適で、量産機もガンダムの量産機としてジムが誕生するわけですが・・・
  ホワイトベースでは、ガンキャノンが活躍して戦果を上げています。(セイラ出撃など)
  これによって、ガンキャノンのバリエーション機の開発が継続され(ガンキャノンⅡなど)
  ジムキャノン等の中距離支援機も誕生します。

 ・劇場版のめぐりあい宇宙編で、ホワイトベースに2機目のガンキャノンが配備されますが
  本来なら、ジムが配備されるべきハズ・・・
  まぁ、ジムでアムロと一緒になって白兵戦を戦えってのは、酷なのでw
  その辺の理由もあって、ガンキャノンだったのかも?

以上の理由で、試作機でありながら数が多いガンキャノンw


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-25

生誕30周年記念祭 ガンダムTHE FIRST

テーマ:製作記事以外
行って来ました、ガンダムTHE FIRST 生誕30周年記念祭にw

会場到着が12:30だったのですが・・・ 入場出来たのは13:40 TT

入り口が目の前にあるのに、別方向へ歩かされ そこからUターン、そのまま入り口を通り過ぎ・・・
会場を1週して入るという・・・

完璧に日焼けしましたw 客層はやはり30代~が多く、カップル(夫婦?)で来ている方も多いので、年齢層を考えてもうちょっと入場制限は、なんとか考えて欲しいものです^^;

メイン会場に入ると、いきなりガンダム立像がw

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-ガンダムその1

お台場の1/1と比べると、さすがに・・・・w
そのガンダムの横にはザク量産工場として、MG?が大量にベルトコンベアで動いてましたw

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-ザク量産

反対側には、ガンダム大地に立つの巨大ジオラマ(写真がボケてたのでなし)とオデッサの1/144巨大ジオラマ(別の意味で巨大w)

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-オデッサジオラマ


中央の方には、お台場(潮風公園)に対抗すべく シャアザクヘッド1/1がw

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-ザクヘッド1/1


奥にはメインステージがあり、イベントはココで全部行われていました。

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-メインステージ
ちょうど入場した時は、「月刊ガンダムエース」Liveで、漫画家の徳光康之さん・大和田秀樹さん・近藤和久さんが4コマ漫画対決して、その漫画の台詞を古谷徹さんがアテレコしてましたw

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-古谷徹

ガンダムのコクピットや、Zガンダムのコクピットがあり、座って写真撮影が出来ます。(かなり待ち時間がありますが・・・)

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-Zガンダムとコクピット

その奥には、なんか子供が中に入って遊べるバルーンが・・・

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-ザクバルーン


もう1体、ガンダム立像がありましたw

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-ガンダムその2


メインステージでは、15:30から「GUNDAM SONGS フェスティバル ~The origin~」がありました。
ガンダム主題歌アーティストのライブですが・・・
何故か?平成ガンダムの主題歌中心・・・・
鮎川麻弥さんが、あえて「Z・刻を超えて」を歌わず、TWO-MIXのカバーで「JUST COMMUNICATION」を歌ってましたw
オープニングの「翔べ!ガンダム」とアンコールの「永遠にアムロ」以外は、全て平成ガンダム(Vガンダム・Gガンダム・ガンダムW・ガンダムX)・・・
ぶっちゃけ、VガンダムやGガンダムはあんまり観てないので・・・、主題歌に何の思い入れもありませんw
客層考えて欲しいな~^^;
<追記>
日曜日の同イベントは、ファースト・Z・逆シャア中心だそうです。行かないけどw

お土産の限定グッズは、なんと2時間待ち・・・

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-限定グッズ2時間待ち


何も買えませんでしたw

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-24

ガンダムの世界におけるビーム兵器について②

テーマ:製作記事以外
前回の続きで、ビーム兵器が最強の矛ならば、最強の盾であるIフィールドについても考えてみよう。

Iフィールド自体は、別に対ビーム兵器のバリアーとして開発されたものではないらしい。

元々、モビルスーツの熱核反応炉に利用されていた技術で、モビルスーツ誕生(正確にはモビルスーツが作られた後に 熱核反応炉をエンジンとして載せたんですが、熱核反応炉の小型化に利用されたということは、もうちょっと前から原理は存在してた?)の頃には、Iフィールドは存在してたことになる。

まぁ、だからこそ 連邦・ジオン共にソロモン辺りから、ビーム撹乱幕を使えたのだろうし、共通の技術として持っていたのだろう。

ビーム撹乱幕自体は、ミサイルにミノフスキー粒子をミサイルにつめてガス状に展開させることで、ビーム(メガ粒子)が通過しようとするとき、拡散させられ威力を失うというものらしい。

・・・どうもおかしい?? ミノフスキー粒子だけで ビームを防げるなら、ミノフスキー粒子の濃度が濃いところでは、ビームの威力は落ちるはずであり、拡散するという原理で考えれば、ビームの軌道が安定しないことになる。

ということで、私的解釈で申し訳ないが、ビーム撹乱幕もある程度のエネルギーを与えてIフィールド状態を作っていると考えれば、納得がいく。

ガス状の中にエネルギー(主に電力)と共にミノフスキー粒子を放出し、ある程度の時間でエネルギーは切れるため、その効力を無くすなら、自然である。

で、Iフィールドというのは、ミノフスキー粒子を散布しながら そこにエネルギーを供給し続けることで、ビームを無効化する空間を作り上げる装置だとすれば、その空間の大きさによって必要となるエネルギーも増大し、ジェネレータの出力も大きくなるということになる。

ちなみに、

ビグザムが 140,000Kw 59.6m
デンドロが 38,900Kw 73.0m(砲含まず)
ノイエが 75,800Kw 76.6m

・・・・ デンドロとノイエの出力って低くないか?デンドロに至っては、ブラウ・ブロの半分近い・・・

3年間の技術進歩で、ものすごく効率が良くなったのか?w
大きさ的に、フィールドの空間としては ビグザムより大きいハズなんですが・・・

そして、Iフィールド最大の謎・・・
ビームを防ぐのに、ビームサーベルは防げないのは何故か?

元々、ビームサーベル自体の原理がイマイチ怪しいw

ビームをIフィールドによって収束させ、刀身状にしているとどっかに書いてあったけど・・・
その原理から考えたら、ビームライフルなんか比べ物にならないくらいのエネルギーが必要で、ビーム出しっ放し状態・・・しかもそれが、エネルギーCAPで行われているとなっている。

ウィキペディアで調べてみると、Iフィールドで刀身状に作った空間に、メガ粒子を充満させたものとなっていた。

・・・ん~、刀身状の空間に充満させるってことは、Iフィールドでかなり自由な形状の空間をビームサーベル程度の大きさの装置で作り出せるということになる。しかも、ジムでも装備可能なジェネレータ出力で・・・

まぁ、その原理が正しいのであれば、Iフィールドでは ビームサーベルは防げないのは間違いではない。

Iフィールドがメガ粒子に対して、指向性があるとして、

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-Iフィールド1

となり、ビームサーベルの場合は、

ガンキャノン親父(ガンプラ製作偏)-Iフィールド2

となって、Iフィールド同士で 影響なくすり抜けることになる。

もっとも、TVシリーズや劇場版でのビグザムは、スレッガーが特攻して ダメージを負った状態で、一説には稼働時間が短い(ジェネレータの冷却が追いつかない)という話もあり、既にIフィールドを発生出来ていなかったかも知れない。

ゲームでは、設定上 実弾兵器が有効なのは間違いないが、格闘攻撃でビームサーベルを無効化してしまうと、攻撃手段がなくなってしまうため ビームサーベルがIフィールドに無効化されないようになっているだけかも知れない。
(実際にIフィールドに対して、ビームサーベルが有効というシーンは存在してなかったと思う)



結論、Iフィールドは胡散臭いが、ビームサーベルの方がもっと胡散臭かったww

余談ではあるが、ウィキペディアで、サイコミュについても ミノフスキー粒子のところに載っていたので紹介しておこう。(ミノフスキー通信として紹介)

ミノフスキー粒子によって、ほとんどの通信手段が無効になるのに、エルメスがビットをコントロール出来た理由は、ミノフスキー粒子を媒介とし、それを振動させることで通信を行っていたらしい・・・

だから、エルメスがビットを使うと「ラ・・・ラ・ラ・・・ラ」という音というか声が聞こえていたのだという。

ブラウ・ブロやジオングでは、有線式なので その音は聞こえない。

アムロがNTだったから、「そうか!コントロールをっ」と言って ビットを狙撃するシーンがあったが、サイコミュという装置でNTの意思を信号化して ビットに伝えていたのに、サイコミュなしでアムロはその信号を変換してしまっていた。

・・・「ラ・・・ラ・ラ・・・ラ」と聞こえる音と合わせて考えると、モールス信号に近いレベルの簡単な制御信号だけしか、通信出来なかったのか?(それで複数のビットをコントロールしているのも、すごいがw)

その結果、サイコミュの通信の発信源を見つけてララアに接近し、サイコミュ装置を持たないガンダムで サイコミュの回線に割り込んで、ララアと会話してしまうアムロww

最終回では、サイコミュとか関係無でテレパシーを送れる様になってしまっていたっけw

サイコミュは、そのミノフスキー通信を使って ビットを制御していたのと同時に、ビットからの映像信号なども パイロットにフィードバックし、その情報から 空間把握能力で、敵を攻撃していたハズである。(NT能力の差で、同時にコントロール出来るビットの数が違うらしい)

そこに、サイコミュも持たないアムロが、いきなり回線ジャックよろしく 語りかけてこられては、まともにビットの操作など出来ないだろうw

ということは、対サイコミュとして、ミノフスキー通信で妨害を行えば、サイコミュ兵器は 使えないということになる。
混線させてしまえばいいわけだw

また、ミノフスキー粒子を媒介としている以上、ミノフスキー粒子がある程度の濃度でないと 通信が行えないのではないか?という疑問もある。

ブラウ・ブロとジオングが有線式だった理由としては、NT能力の問題と ジオングの場合、サイズ的な問題で ジェネレータの搭載が出来なかったというのが、正論だろう。
(ジオングはモビルスーツとして設計されていたので)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-10

ガンダムの世界におけるビーム兵器について①

テーマ:製作記事以外
前々から、不思議に思っていたこと・・・

それはガンダム(主にファースト)での、ビーム兵器の扱い。

ガンダムのビームライフルって、解説ではエネルギーCAPを用いることで、小型化に成功と書かれている。
エネルギーCAPとは、縮退・融合してメガ粒子になる直前のミノフスキー粒子をそのまま保持する装置と書かれている。

ということは、エネルギーCAPにメガ粒子直前のミノフスキー粒子があるんだから、別にザクでもビームライフルが撃てるのでは?と思ってしまう。

ザクⅡの出力951Kw、
ガンダムの出力1,380Kw、
ジムの出力1,250Kw、
ゲルググの出力1,440Kw
リックドムの出力1,199Kw
(ドムの出力1,269Kw)

と、公式設定(後付だから、どこまで公式なのかわからないけどw)で、考えた場合、ジェネレータ出力が1,200Kwないとビームライフルは撃てないらしい・・・

要するに、エネルギーCAPで小型化して発射寸前の状態であっても、発射するためにはそれなりのエネルギーがないと、発射出来ないということらしい。

ちなみに、
先行量産型ジム(通称センチ)の出力1,150Kw
高機動ザクⅡ後期型(MS-06R-2)の出力1,340Kw

なので、センチはビームライフルが使えないけど、高機動後期ならビームライフルが使えたことになる。(連邦とジオンで最低出力の基準が違うのかも知れないですが・・・)

モビルアーマーなどは、エネルギーCAPを利用せず、ジェネレーター直結のメガ粒子砲なので

ビグザムの出力35,000Kw×4で140,000Kw
ビグロの出力17,800Kw
ブラウ・ブロの出力74,000Kw
エルメスの出力14,200Kw

となっている。

・・・出力的には、ブラウ・ブロにもIフィールドが取り付けられそうだw (そうすれば、アムロに負けなかっただろうに)

エルメスの場合、本体よりもビット自体に核融合炉を搭載していたことになっているので、そちらの出力は不明ですが、威力から考えると、本体と同程度の出力だったのではないかと想像出来る。
(ファンネルはエネルギーCAP方式だそうですw あのサイズに核融合炉は入らないからww)

さて、そうなると疑問になるのが水陸両用MSの存在だ。

ゴッグの出力1.740Kw
ズゴックの出力2,480Kw
ゾックの出力3,849Kw

・・・どう考えても、エネルギーCAPを使わずメガ粒子砲が撃てるとは思えない。
仮に撃てたとして、威力は低そうだw

ちなみにであるが、ハイゴッグとズゴックEにはエネルギーCAPが利用されているから連射が可能になったとされている。

こうなってくると、メガ粒子砲を撃つには1,200Kw以上(ジオンは1,400Kw以上?)の出力が必要で、エネルギーCAPは縮退・融合の時間を短縮するだけの装置ということになる。

ということで、結論 ザクでもジェネレーター追加すれば、ビームライフルは撃てる。
(ザクⅠ・スナイパーでも バックパックにサブジェネレーター積んで、ビームライフル撃ってるしね)

次回は 謎の装置Iフィールドについて、考えてみよう^^

<追記>
GNOで 周年記念任務まだ引けるんですね~w (5/13に引きました)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-03-11

全く関係ないけど・・・ガンダム00を見て思ったこと

テーマ:製作記事以外
土曜の夕方に、家にいると「ガンダム」というだけでなんとなく見てしまう「ガンダム00」

設定が、宇宙世紀じゃなく西暦なんだけど・・・
原子力発電が存在しない妄想世界でw 化石燃料に替わるエネルギーとして太陽光発電(それもわざわざ宇宙まででっかい電柱を立ててしか、エネルギーが得られないらしい・・・)をエネルギーとしているのですが・・・

それ以前のMSは、化石燃料(多分ガソリン)で動いてたらしい・・・
ザブングルの世界ですww (その割には、携帯はテレビ電話だったりと電化製品は充実しているのが不思議)
しかも、飛行する推進力はプラズマジェットらしい・・・ テクノロジーがあるんだか、ないんだか・・・
腕を失っても、再生治療で元に戻すことも可能な世界らしいのに・・・

そして・・・主人公の少年が「ガンダムになりたい。」と、のたまっている・・・

そして 先日の放送では、「トランザムシステム」なるものが発動して、F91状態に・・・

ちょっと待て!! 少し前の放送で、従来機でガンダムの腕を切り落としたエースパイロットがGに耐えられずに血を吐くというシーンがあったのに・・・それ以上の動きで、何故 平気でいられる??

最初にガンダム(この世界設定で「ガンダム」は特別な意味を持つらしい。第1話で、GUNDAMと機体に書いてあったくらいだからww)が4機出て、後から3機追加されたと思ったら・・・ プラモデル発売決定で、いきなり追加の3機のうち1機は撃墜されてるしww

無理して新しい設定を考えるより、ファーストのガンダムでも設定は全て後付なんだから、その設定を活かして今の技術でファーストガンダムを作り直せば、いい作品になりそうなんですけどね~w

興味のある方は、Gyaoで無料配信しているのでご覧ください^^
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-04-17

現在の進捗状況など・・・

テーマ:製作記事以外
小説の方に挿絵がないと、お叱りを受けましたが・・・
ちょっと最近、製作の手が止まっている状態です。(関係ないもの作ってたりはしますが・・・)

ちょっと進捗状況を

<製作中>
MG 1/100 ガンキャノン ・・・ 脚部のボリュームアップのため形状が気に入らず、悩み中
MG 1/100 ザクⅡ    ・・・ 作ってる最中に、Ver2.0とか出るので、そっちに切り替えるかも・・・
1/1200 サラミス      ・・・ 一度完成したのですが、何となく塗装し直し
1/1200 マゼラン      ・・・ 最終的に(というか最初から)マゼランとして製作しないので、コロンブス次第
1/1200 コロンブス     ・・・ フルスクラッチなので、プラ板に線を引いただけ・・・
1/1200 ムサイ       ・・・ 後は塗装のみなんですが・・・ノッペリし過ぎなので、ディティールを追加しようかと

<製作予定>
1/100 ボール        ・・・ 買って来て ディスプレイスタンドを組み立てただけ。
1/100 FAジム       ・・・ 唯一完成したジムのボディを利用して、フルアーマーに(小説の19話に登場)
1/100 セイバーフィッシュ ・・・ フルスクラッチ(本当に作るのか?)

って感じです。(とりあえずは・・・。小説が後半に進むと、さらに増えるのですが間に合いません><。。)

で、一応完成?したジムを載せてある第10話を、小説にアップしました。

ジム 訓練2

このジムは、設定上はRX-78 ガンダムの量産化検討機ということで、装甲の材質を変更した上で、スペックを維持しながらコストダウン出来る箇所を検討するために製作されたという機体になっています。
(ストーリーの都合上、ジムはまだ量産されていないので・・・)
登場するかどうかはわかりませんが、カメラアイは発光するようになっています。

ジム 頭部

ジム 頭部(発光)

■おまけ■
GNOの方ですが、この時期(16日目)のグフってなんで、あんなに強いんでしょう・・・
あと勲章6個で、グレイファントム(実際は昇進条件でLV20まで変わりませんが)なのですが・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-18

挿絵用の写真合成方法

テーマ:製作記事以外
長い間更新していませんでした・・・<(__)>

けっして、製作をさぼっていたわけではないのですが、やらなきゃいけないことが山盛りだったので・・・

さて、テーマに上げた写真の合成法ですが、人によってやり方は色々あると思います。
一般的にはクロマキーという方法で、これは青色のバックで写真や動画を撮って、青色の部分に背景を合わせる方法です。

ガンプラの場合、青色とかその色を抜くのは色の指定が難しいので、私の場合は普通に写真をとります。
普通に写真2 普通に写真1

この時に気をつけるのは、照明の向きです。多少のことは、フォトショップで調整できますが、いかにも光が当たっている方向が違うと違和感が出るので、この場合だとドップは全体的に照明が当たるようにして、照明の方向性はなくし、コアファイターだけ照明の方向性を出します。
バックを塗りつぶす1 バックを塗りつぶす2

同じ写真で加工したものがなかったので、別の写真で説明しますが、フォトショップで不要なバックを機体に使っていない色で塗りつぶします。(自動である程度は出来ますが、関係ないところまで塗られてしまいますので、拡大して塗りわけます。)

ここまでが出来上がれば背景を作成し、それぞれの写真を「選択範囲」⇒「色域指定」で背景部分を選択します。
そうすると、背景がすべて選択されていることを確認して、「選択範囲」⇒「選択範囲を反転」で、背景以外を選択した状態になります。
背景の上に新しい透明なレイヤーとして貼り付け、さらにその上に新しい透明レイヤーを作成し、アフターバーナーなどの効果を書きます。
後は「フィルタ」の「ぼかし(移動)」などで調整して完成です。
完成(ドッグファイト)

■おまけ■
現在、1/1200ムサイを作成していますが、合わせ目が惨い・・・
ムサイ側面 ムサイ後方

古いキットなので、しょうがないのですが処理に時間が掛かっています。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。