手織り 

手織り 

染織家の生態について

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
聖地巡礼というわけではないですが
「蟲師」の作者漆原さんが絶賛していたので
行ってみました。
島津製作所創業記念資料館



仏野(あだしの)先生の蔵にあるっぽいものがたくさんあります。

昔の教育用実験器具とかです。




              蚕の雌雄判別器・・こんなんでわかるのか?




                   アコヤ貝ホルマリン漬け
                   アコヤ貝という名に親近感                                                          

                                        


         何かようわからんけどこの形状好きです。かわいい。


でもやっぱり一番好きなのは昔も今も顕微鏡!



↑これは最古の顕微鏡らしいです。やけに装飾凝ってるなと思ったら
高級玩具だったと説明書きにあり合点がいきました。


私も中学生の頃顕微鏡が欲しくて理科の先生に
いくらするのか尋ねたことがありました。
好きだけどいらないものです。


見えないもの、見たことのないものが見たいという欲求は
普遍的なものなんでしょうね。


理科の時間、実験器具って毎回誰か割ってた気がします。
ビーカー、試験管、ガラス板、温度計・・
その儚いところも好きでした。





とっってもおもしろかったし、島津がいかにすごいところかというのが
よくわかりました。

テーマ:
京都アートフリーマーケット2014春
無事終わりました。

たくさんの方に見ていただきありがとうございました。

今回はアート寄りの小作品がメインで、
ひとつも売れんだろうと思っていたのですが
予想以上に多くの方にもらわれていき
私の世界観に共感してくれる人がいるんだな~と
感動しました。





キモ姫は大島紬を着ています。

帯は研究開発中のプロトタイプ
経錦帯 「アスカ」




エヴァだと思ったそこのあんた、バカァ?
鳳凰です。

しっかり織り過ぎてやや硬かったけど
風合いも締め心地もばっちりです。
しかも軽いです。

デザインは最悪ですねドクロ







半襟はヒョウ柄ですにゃー

前の柄は宝相華(ほうそうげ)

靴はコンバースの黒のハイカットを履いています。


当分作品の露出は無いと思いますが
これからもキモ姫をよろしゅうおたの申します。

テーマ:
京都アートフリーマーケット2014春
今回が最後の出展です。

手織りのインテリアを出品いたします。




会場ではキモ姫が接待いたします。
現在研究開発中の経錦(たてにしき)の帯の試作品を
耐久テストも兼ねて着用します。

作品名「アスカ」

着用時「あんたバカァ?」が口癖になります。




お時間ございましたら是非お立ち寄りくださいませー。

Ameba人気のブログ