当事務所の交通事故事例(死亡交通事故の例) | 愛知市民法律事務所のブログ
2018-08-23 16:58:56

当事務所の交通事故事例(死亡交通事故の例)

テーマ:交通事故

当事務所の交通事故事例(死亡交通事故の例)

当事務所の交通事故の事例をご紹介いたします。

【訴訟提起し、増額された事例(死亡交通事故)】

交通事故により亡くなられた被害者の方のご遺族よりご依頼を受けた例。

【事例1】

加害者側の提示額が十分でなかったため、民事訴訟を提起し争った結果、当初の提示額より4300万円ほど増額した形で訴訟上の和解を成立させました。

【事例2】

加害者側の提示額が十分でなかったため、民事訴訟を提起し争った結果、当初の提示額より1500万円ほど増額した形で訴訟上の和解を成立させました。

交通事故で大切な方が亡くなられた場合、金銭による損害賠償によって被害者が帰って来るわけではありませんし、悲しみが癒えることは決してないと思います。

しかし損害賠償額には、被害者の方がどのような人生を送るはずだったのか、どんなに大切な、価値のある命であったのか、しっかりと反映してもらわなくてはなりません(「逸失利益」や「慰謝料」という形で反映されることになります)。

また、ご遺族ご自身の無念は「遺族の固有の慰謝料」という形できちんと考慮してもらうべき場合もあるでしょう。

大切な方を失い、悲しみの中、損害賠償額の交渉や訴訟、弁護士へのご相談など到底行うご心境ではないかもしれません。

しかし、損害賠償額において、被害者の人生の重さ・命の重さがきちんと評価されない場合、その無念さはずっとご遺族の方の心の中に残ってしまうと思います。

このような交通事故事案においては、ご依頼いただいた当方としても、どんなに賠償額を増額できたとしても被害者の無念やご遺族の悲しみがなくなることはない、という現実と向き合いながら対応させていただいています。

愛知市民法律事務所

Tel 052-529-6155

愛知市民法律事務所コラムさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス