偶然だと想ってるのかなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕たちが出会ったこと。

 

 

 

 

偶然だと想ってる!?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君が僕を求めたんだよ。

 

 

 

 

そして。

 

 

 

また。

 

 

 

僕も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

君には、わかっていないようだ。

 

 

何も、見えてないようだ。

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

まあ、そりゃ、

僕も同じだけど。w

 

 

 

なぁも。

 

 

見えねー。

 

聞こえてねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この妄想の空の下、

 

君を感じることぐらい。

 

しかできない。

 

 

 

 

 

 

でも。

 

 

それも、あんまりね。

 

やっててもね。

 

そこ肩代わりできないしな。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際に話しないと

わかんないよ?

 

 

 

人と人なんて。

 

 

 

 

 

話してたって、

 

 

わかんねーよ。

 

 

 

何十年、付き合ってても。

 

しょっちゅう話してても。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えええええっ!

 

 

君、そんなだったの!??

 

 

なんてことよくあるよ。笑

 

 

 

・・・・。

 

わかんないからいいんじゃないの?

 

 

 

わかんないから、

 

 

面白い。

奇想天外。

奇天烈に楽しい。

 

 

 

 

深く行けば行くほど。

 

 

 

 

 

 

 

人の内側の世界ってのは、

 

無限だからさぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕らってのは、

 

 

その無限で

 

繋がってるんだけどさぁ。

 

 

 

・・・。

 

 

 

だから、ひとりじゃない。

 

 

 

 

なんて、理屈。

 

 

 

なかなか。通用しない。

 

 

 

それも、知ってる。

 

 

 

 

まぁ。わからんよね。

 

 

 

 

わからんよ。

 

 

他人のことなんてね。

 

 

 

 

 

 

それでいいよ。

 

 

 

 

 

でもさ。

 

 

 

 

自分のことぐらい

 

 

わかってあげてよ。

 

 

 

 

 

まぁ。言葉を叩き出してこい。

 

 

 

なんてさ。

 

 

 

 

言えないわなぁ。

 

 

 

・・・・。

 

 

 

それでも。

 

 

 

言うけど!w

 

 

 

 

 

 

だってさ。

 

 

 

この僕自身が

そんなことは、

 

 

できなかった。

 

 

 

昔さ。

 

 

 

 

ひどいもんだった。

 

 

 

 

僕の場合は、紙が相手だったってのに。

 

誰も、見てないってのに。

 

 

 

ペンが紙に着地しないのさ。w

 

 

 

 

酷い抵抗が働いた。

 

 

 

 

実際、脳内でハウリングを

 

起こしてるような

 

状態の人間が。

 

 

 

 

その音を、言葉に置き換える

 

 

なんざ。

 

 

 

 

そう簡単なことじゃない。

 

 

 

 

だって、それまで、

 

 

 

何を言っても、

 

 

否定される。

 

 

受け入れてもらえない。

 

 

 

そんな記憶が

 

体の細胞の隅々にまで

 

浸透してたら。

 

 

 

そりゃあ。。

 

 

一言も出なくなるんだよ。

 

 

 

 

 

 

 

そんなことも

 

知りつつ。

 

 

 

それでも。

 

 

言う。

 

 

 

 

 

 

 

言え。

 

 

 

 

なんでもいい。

 

 

最初は奇声からだっていい。

 

 

とにかく出せ。

 

 

 

恨み言でも、

辛み言でも、

 

 

 

言いたい相手に言え。

 

 

 

 

 

 

それで、

絶望するかもしれないけどさ。

 

 

 

 

 

 

必ず、

 

 

その中で、

 

 

何かがみつかる。

 

 

 

 

それが

できる時が来てるから。

 

 

僕たちは、また出会ったんだよ。

 

 

 

気づいてないかもだけど。