テキスト読書クラスのリポート / ちさと | 奇跡のコース~ゆるしのまなざし~

奇跡のコース~ゆるしのまなざし~

『奇跡のコース』/『奇跡講座』での気づきをわかち合うブログです。
奇跡のコース・シェアリングサポートVérité(ヴェリテ)として、テキストクラスや学習シェアクラスを開催しています。


テーマ:

ちさとです

 

若葉の美しい季節ですね

先日もふと窓から見えた 雨の日の桜にみとれてしまいました

 

 

 

今日は「奇跡のコース」テキスト読書クラスへ

このクラスは 大阪心斎橋で毎月開催されています

*誰にでも開かれているクラス

http://lumiere-et-verite.com/about-verite/acimtextclass/

 

今日も まず近況のシェアから始まりました

 

シェアする人は

印象に残った体験や そこからの気づきを 素直に表現し

 

シェアを聴く人は ただ静かに聴く という体験をします

 

何かしようとか  ~しなければという思いを 一旦おいて

それは ただその場に流れているものを ゆっくり感じ 受け取る感じでしょうか

 

今日も一人一人それぞれの 貴重なこころの体験が みんなに広がっていきました

 

 

「ネガティブな感情を 本当に感じてみるって どんな感じ?」

 

そんなシェアも続きました

これは 数か月前から このクラスで話し合われてきたテーマでもあって

 

例えば 怒り… とか

 

無かったことにするのがいつものパターンだったけど…

こわくて感じたくなかったけれど…

きれいでないものを持っていては いけない気がしたけれど…

 

勇気をもって 心の内側で本当に感じてみると…

人との関係性の中で それを感じている自分をゆるしてみると…

 

感情が残らずに リリースされるような感じがあったり

人との関係性にほっとするものがあったり

それぞれに 大きな変化があったそうです〇

 

シェアされている ご本人の表情が柔らかで

安らぎの広がりが伝わってくるようでした

 

その勇気と知性に 私は「おめでとう」と言いたくなりました

とてもとても嬉しい瞬間でした

 

続いて みんなで話しあったのは

 

このように 心の内側を見つめる作業は はじめは こわく感じるね

一人で やるのだと思うと こわいね

 

でも 本当は 一人ではなかったね

ホーリースピリット(聖霊)は 共にいてくれた

 

そして このように分かち合える安心の場もある ということでした

 

 一人でやるのではなく 共に  

 

 

また出来事にすぐ反応するのをやめて

まずその気持ちをみていけるといいね とも 話し合いました

 

 

例えば怒りがでたとき 反射的に行動するのではなく

まず何を感じているのか 感じることをゆるす

自分にそのスペース

間をおくことができるといいなぁと 私は感じました

 

それは スローダウンしていく在り方なのかもしれません

 

 

 

後半は テキスト「奇跡のコース」の学び 

1章 Ⅵ 必要性という幻想

 

ここでの私の気づきは

 

必要性というものはない

なぜなら 足りないものは何もないから

 

???

 

ガーン !

何という衝撃 !

 

それでも この衝撃の真実は

私に安堵感を与えてくれました

 

奇跡衝動についてのお話も 愛さんから聞かせていただけて

興味深かったです 

 

 

クラスを終えて 今感じているのは

 

もし必要性というものはないとしたら

今すでにあるものを十分受け取って 日々過ごせたらどんな感じだろう?

 

チャレンジしてみたいです

 

 

愛さん ご一緒してくださった皆様

ありがとうございました

 

こころに安らぎの広がる読書クラス

興味のある方 ぜひご一緒に

 

最後までお読みくださり ありがとうございました

 

ちさと

https://ameblo.jp/acim-verite/entry-12382110683.html

奇跡のコース・シェアリングサポートVéritéさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス