• 15 Nov
    • 第7回 神流マウンテンラン&ウォーク

      2015年11月7日~8日今年も神流マウンテンラン&ウォークへ行ってきました。40kの分にエントリーできたので、2年振りの出走です。同じランニングサークルの人と東京駅からシャトルバスで4時間掛けて神流町へ。The North Face の製品が一年で最も安いといわれる神流での物販でボトムなどを見繕った後に神流のお父さん岡さんと再会。友達ふたりとも合流。夕方から前夜祭へ。今年は前から2列目、ステージに近い席でした。万場小学校の子供たちが選手たちに宛てて書いてくれたメッセージ。真下の模造紙にお返事を書きました。今年は着席型で、お弁当も銘々に折詰になっていました。ステージの出し物やお話をゆっくり楽しめるのがいいですね。同じテーブルの人たちとも談笑しながら、お野菜満載の食事を堪能。かりっと焼けた鮎。頭からがぶりと2尾いただきました。前夜祭の後はお父さんお母さんのお宅へお邪魔して、再会と翌日の快走を祈念し乾杯。翌朝、5時前に起床し準備。あいにくの雨、レインウェアを装備して出発。お父さんが最寄りの神社に私たちの快走をお祈りしてきてくれました。今年はあっという間にスタート。40kの人たち、少しペースが速いのではないかと気になりながらついていくも登りがきつい。練習は嘘をつきません。山登りの練習をしていなかった私は、それ相応の走りしかできませんでした。10k、20kと進むなか、いつもなら存分に楽しむ下りが、今回は恐怖感でいっぱい。はっと我に返り、「楽しもう!こんなこと滅多にないよ!怖がらなくていいよ」と声に出すと、肩から力が抜けてリラックスしながら駆け下りることができました。とはいうものの、繰り返しやってくる登りに足がついていかず、30k地点にある第三関門、持倉集落で失格となりました。友達はひとりが足の痛みにより同持倉集落でリタイア、もうひとりが悲願の完走を遂げました。少しずつ、ゆっくりでもいいからゴールを目指して進む。友達はこれをやってのけ、制限時間の3分前にゴール。望みを捨てず前へ進んだ友達のゴール姿に感動しました。町の皆様、事前準備から当日の持ち場管理、その後の撤収準備と町を挙げての対応、誠にありがとうございました。来年また神流へ戻ってきたいと思います。

      6
      2
      テーマ:
  • 27 Jun
    • 横浜 観光ラン

      2015/6/143年前に神流で知り合った友らと横浜で観光ランをしました。マリノスタウンのランステに荷物を預け出発、みなとみらい大橋、臨港パーク、赤レンガ、山下公園、大桟橋、海上保安庁の博物館を巡りました。山下公園では在来種、外来種さまざまな品種のバラを鑑賞。ふと、こんな風に花壇に咲く花を眺めたのはいつ振りだろうかと思いました。先日アップした群馬県の珈琲(大和屋さん)は、神流出身のお友達からのものでした。7月1日はいよいよ神流マウンテンラン&ウォークのエントリー日。神流出身の友達は地元枠ですでに出走が決定しています。今年も40kエントリー頑張ってみます。

      15
      2
      テーマ:
  • 22 Mar
    • お台場ビューティーラン

      2015年3月21日お台場ビューティーラン10kmを走ってきました。中学時代の友人と3人で周回コースを5周走りました。お天気にも恵まれ、運河沿いの海と高層ビル群を眺め解放感を満喫しながら、とても気持ち良く走れました。ちなみに今回は、うちの彼のほか、偶然同じランニングサークルの方も一緒でレース後に皆で表彰式の様子を観ました。同じサークルの方が男子の部で36分で優勝し、プレゼンテーターの要潤さんから表彰状を授与されました。要さんのトークが軽妙というか適当で、思いのほか楽しいアフターでした。**************ちょうど2年前、今回走った中学時代の同じメンバーとこのレースを走りました。当時、運動から遠ざかっていた友人が「走りたい」というのでシューズや靴下の選び方を伝えたところ果たしてシューズを買って本当に練習を始めました。練習を始めて数カ月後、初めて臨んだのがこのお台場ビューティーラン10kmでした。その友人にとって、慣れない場所で多くの見知らぬ人たちと10kmを走ること、10kmをまだ十分に走り通せていない状態で大会に臨むことは本当に本当に大きなハードルを越えるほどの挑戦であったと思います。もう一人の友人と私の2名がサポートする形でレースに参加しました。友人は、途中意識が飛びながらも、無事にゴールすることが出来ました。今回、その友人は足を故障しており痛みを我慢しながら走りました。走りながら「この前走った時より、しっかり走れるようになった姿を見せたかったのに」と言うので、「こういう時もあるよ。普段ちゃんと練習している様子はわかっているからね」と返したのですが今改めて彼女の言葉を思い出すと、胸がいっぱいになります。私は友人のそのひたむきさが好きなのだと改めて思いました。

      6
      2
      テーマ:
  • 23 Feb
    • 東京マラソンの応援

      2015年2月22日東京マラソンに出走する彼からコース付近の地図と東京メトロ一日無料パスをもらっていたこともあり試験が終わってから都内に向かいました。新橋駅そば、20km地点 (11:00~11:30)ここで同じランニングサークルのランナーふたりと彼をみつけて声援を送ることが出来ました。東日本橋駅前、30km地点 12:45~13:10通過地点の計算をしたつもりが少し遅めだったようで知り合いの人は誰もいません。でも赤いビブスを身に付けたお医者さんに声援を送りました。豊洲駅前、40km地点 13:45駅の改札から地上へ上がり、サークルの応援メンバーがいるはずの東雲の公団住宅前へ向かおうとすると偶然ランニングサークルの女性に遭遇。彼は笑顔でハイタッチしながらとっくに応援拠点を通り過ぎもうゴールしている頃よ、と。計算狂いました。生憎、ランニングポリスに会うことはできませんでしたが応援とても楽しかったです。自分が走ったとき、この場にこうして立てること、走れることに感謝をしました。ランナーの姿にそのときの気持ちが思い出され、胸が熱くなりました。大会関係者の皆さん、ボランティアの皆さん、ランニング&スタンディング&シッティングポリスの皆さん、ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

      23
      2
      テーマ:
  • 08 May
    • 横浜駅伝

      2014年4月29日(火祝) 横浜駅伝を走ってきました。 雨が降るという予報が直前で曇りに変わったのが幸いでした。今年は4区8kmを任され、チームの皆とお揃いでレインボー柄のミニスカートを着て走りました。カラフルなレインボー★ボワッとパニエ・ミニスカート!(ダンサー衣装)¥1,706楽天あ、ミニスカートだけです。こんなウィッグもサングラスもしていません。あ、ミニスカートといってもロングタイツ型のサポーター着ています。とんだお目汚しかと思いましたが、走っているときは苦しくてそんなこと考えられません。実はこれがなかなか好評でしてよその方がわざわざ「ミニスカートかわいい」と声を掛けてくださり嬉しかったです。たすきの受け渡しの時にも、目立ち見失わずに済んだのが助かりました。全員がゴールした後は綱島温泉で汗を流し、そのまま宴会場で打ち上げをするのが恒例。初めての人、久々の人、話が出来て疲れも癒えました。大人が集まって無心に走る「大人の運動会」という態が好きです。応援するのもされるのも、どちらも沢山パワーをもらえます。

      17
      2
      テーマ:
  • 11 Dec
    • 2013年 第29回NAHAマラソン

      12月の最初の日曜日に、NAHAマラソンを走ってきました。大好きな場所でフルを走る誕生日、最高でした。昨秋に退院して練習を続けてきた彼も、無事完走することができました。同じランニングクラブの方、地元の方、25年ぶりに再会できた幼馴染のお陰で2年振りの那覇の旅は、さまざまな意味でとても思い出深い旅となりました。これから旅の様子を少しずつ書いていこうと思います。

      22
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 第5回 神流マウンテンラン&ウォーク (群馬県多野郡神流町) ~ 当日

      【当日】5時前に起床。朝食はスタート地点そばの公民館で出されるのですがお母さんが軽く朝食を用意してくれました。ありがたいですね。支度後は、お父さんに車で会場まで送ってもらいました。荷物を預けてトイレを済ませ、体を温めてからスタート地点へ。知り合った皆さんと記念撮影をして、7時にパトカー先導の下、つつじ山のふもとからスタートしました。朝早くから町のみなさんが沿道に出て旗を振り、ハイタッチをしてくれます。スタートから本当に温かい。最初の11kmは、西御荷鉾山(にしみかぼやま)まで急勾配を登ります。ここを頑張れば、あとの登りは緩やかな林道などがメインでかなり楽になります。  登りが弱い私は、この夏、ランニングサークルの人たちと丹沢などの登りの練習を積んだおかげで、最初の登りをかなりいいペースで進むことができました。一方、アミノ酸のサプリを忘れて補給できず、思いのほか下りで足が動かず難儀しました。御荷鉾山系の最高峰、赤久縄山(あかぐなやま)1522m付近は昨年ヒョウが降り、あまりの寒さに心細くなったあたりでしたが今年は天気も良く防寒も抜かりなかったせいでフカフカの古道をひたすら楽しく走ることが出来ました。ようやく残り10km強の地点にたどり着くと、目の前に紅葉に染まった山々が広がります。ここは、ランナーたちが思わず急ぐ足を止めて写真を撮ってしまうポイントです。  しばらく行くと、標高1,000mの天空の集落、持倉集落が現れます。 この集落に住むお年寄りたちがおそばを打ちエイドステーションでランナーに供してくれます。制限時間ぎりぎりにやってくるとおそばがなくなっているためのんびりランナーも心持ち急ぎ足で、おそばを楽しみに持倉を目指すのです。  持倉集落を過ぎてしばらくすると、あるお宅の軒先の前を通るのですがそこでオロナミンCを振る舞って頂きました。ランナーと「これを飲んだら元気が出るね」と声を掛けあい、お礼を伝えて走り出します。37km地点の最後の登り、千軒山を過ぎると、一気に500mほど下り万場町に向かう車道に降り立ちます。ゴールは目前ですが、ここで名物の私設エイドに迎えられます。    冷たい井戸水を振る舞ってくれるお父さん  おでん、田楽、漬物、ふかしイモをふるまってくれるお母さんたちふかしイモをいただき先を急ぐと、同じお宅にお世話になったランナーさんたちと再会、ともにゴールしました。町の皆さんの温かいハイタッチと声援を受け、胸を熱くしながらゴールしました。長いようで短かかった7時間半弱のレースでした。ゴール後に自衛隊の方々の炊き出しの豚汁を頂き、自分も、次々とゴールしてくるランナーにお帰りと声を掛けました。また、オロナミンCを振る舞ってくれた女性を見かけてお礼方々お話しすることもできました。帰りの東京行のバスに乗り込むと、神流町役場の前で、皆さんが手を振って見送ってくれました。今年も子供たちからの応援メッセージ、色とりどりの鉢植え、前夜祭での心づくしのお料理、民泊したお宅で受けたおもてなし、沿道での応援、私設エイドでの美味しい食べ物、ほかにも多くの光景のひとつひとつが忘れられない思い出となりました。事前準備やレース後の後片付けなど、ランナーのみえないところで尽力くださっていることにも感謝の気持ちでいっぱいです。ボランティアのみなさんにも感謝です。来年もさらにクリック合戦が激しくなると思います。もしエントリーできずランナーとして走れなかったとしても応援またはボランティアとして神流に行きたいと思っています。ランナーの皆さんもお疲れ様でした。

      10
      4
      テーマ:
    • 第5回 神流マウンテンラン&ウォーク (群馬県多野郡神流町) ~ 前日

      2013年11月9日~10日第5回神流マウンテンラン&ウォーク のロングの部(40キロ)を走ってきました。昨年に続き2回目の今年は、夏の山登りの練習が功を奏してか目標通り昨年の記録を更新することができました。また、大雨になるとの予報がうまく外れ、時折太陽も顔を覗かせ紅葉も楽しむことが出来ました。【大会前日】今年は午後にゆっくり現地入りしました。受付後、同じランニングサークルの女性と、つつじ山へ。いい準備運動になります。つつじ山より神流町中心街を望む。 万場小学校付近のお宅の軒下には今年も手編みのオーナメントが飾られていました。鏑木さんのトレランクリニック参加後は、ランナーが心待ちにしているウェルカムパーティ(前夜祭)です。 会場となった万場小学校体育館には子供たちからの応援メッセージが貼り出されています。その隣には、子供たちへの返事を書くための模造紙も貼られています。くつろげる着席型ということもあってかランナーたちはお酒とご飯、お互いの交流に大いに盛り上がり・・・模造紙が埋まっていなかったので、ことさら大きく返事を書きました。  ウェルカムパーティのお料理のメニューです。■食改推とりから揚げ、椎茸フライ、麻婆豆腐、煮豆、煮玉子、春雨サラダゴマ酢和え■赤いもの会赤じゃが芋串、赤じゃがコロッケ、揚げじゃが、さつまスティック■山楽荘野菜サラダ■酒販組合清酒、生酒、ビール、ワイン、ウーロン茶、ジュース、コーラ■恐竜センターうどん■みかぼ高原荘やきそば■田村さんおこわ(赤いんげんのおこわ、大豆のおこわなど)、らっきょう漬け、おから、おでん■浅日堂和菓子■新月堂ケーキ■南甘漁協鮎塩焼き■奥多野グリーンツーリズムもちあわのリンゴ煮■今井屋旅館イワナ骨酒■万葉の里豚汁 各テーブルに鉢植えが飾られ、町の方手作りの竹のコップも用意されています。心行くまでお料理を楽しめます。  壁沿いのテーブルには、ブッフェ形式でさまざまなお惣菜をいただくことができます。パーティ開会後はここにランナーが殺到し、近づくことすらできませんでした。 イワナの骨酒が竹筒で供されます。鮎の塩焼きは、塩とひれを落としてかぶりつきます。香ばしい焼き具合で、さっくりいただけます。お代わりしました。  前夜祭閉会時に、万歳三唱して翌日のレースの快走を祈念しました。その日の宿は、昨年お世話になったお宅にお世話になりました。お帰りなさいと迎えてくれて、胸が熱くなりました。今年は手違いにより、定員を300名も超える受付をしてしまったそうそれでも神流町ではその人たちの参加を受け入れることを決め宿の確保に奔走したと伝え聞きました。お世話になったお宅での二次会。お野菜すべて手作りで、別々に煮て仕上げた煮物。お父さんお母さんの温かいお持て成しに、胸が熱くなりました。こうして、神流の夜は和やかに更けていきました。

      2
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 大山登山

      2013年9月22日彼と大山に登ってきました。今回はトレランではなく、彼の体力の様子を見ながらのんびり山登りです。伊勢原駅からバスで大山ロープウェイに行き、 ロープウェイで阿夫利神社駅に着いたら登山開始です。この日はかなり暑く、なぜか想定よりも山頂までに時間がかかった気がします。大山は子供のころに家族で来て以来。思いのほか足場が容易ではなく、こんな山道だったことを完全に忘れていました。 登頂 山頂の茶屋で豚汁を頂きました。かなり汗をかいたので、塩が胃壁に沁み渡ります。 眼下に広がる市街地。もう少し空気が澄んでいたら、横浜方面も見えたと思います。 登りも下りも、足場は大きな石が転がっていて慎重に足を運びます。 天狗の鼻突き岩 この日は相模湾は見えませんでした 急な石段を下ります。かなり怖い。 阿夫利神社に戻ってきました。 抹茶練乳のかき氷。 帰りのロープウェイから鹿が見えました。帰りは野毛の一蘭でラーメン食べてもつしげでガツ刺しを食べました。退院後初めての山登り、彼もばてずに頑張りました。お疲れ様でした。   iPhoneからの投稿

      2
      テーマ:
    • 丹沢塔ノ岳トレラン

      2013年9月14日10月の斑尾50kの練習も兼ねて。丹沢の塔ノ岳に行ってきました。それに、せっかく連れて行ってもらったから、ひとりでも行けるようにならないともったいない。渋川駅から大倉バス停までのバスも満員。戸川公園で登山計画を提出して出発です。 前回来た甲斐もあり、かなりスムーズに登ります。体力的には辛いですけどね。 塔ノ岳頂上手前の花立山荘。台風が来る直前のこともあり、かなりガスっています。関西方面から泊りで来たハイカーの方で翌日に台風が来るという予報を知らない人がいました。 塔ノ岳山頂山頂に着いた頃から、雨が降り出しました。みなさん、雨具を着始めています。 登山客を見守ってくれています。 尊仏山荘軒下で雨宿りをさせてもらいました。 この日時計はシチズン製。かぎりないアナログ。 鍋割山はまだ行ったことないです。せっかく登ったので、もっとゆっくりしたかったのですがなかなか雨が止みそうもないので、降りることにしました。 花立山荘あたりにくると、雨も止んでいました。 市街地 この杉並木がいいんですよね。 下に降りたら、かんかん照り。まだヤマビルを見たことはありません。 山道入口にある丹沢大山国定公園の看板。 帰りは山道入口そばの無人直売所や大倉バス停のある戸川公園で野菜をしこたま買い込みました。東海大学前駅そばの温泉「さざんか」で汗を流しまたかき氷を。この日はゆめリレーin平塚の開催日。ランニングサークルの仲間たちが個人で6時間を走った日でした。遅ればせながら、みなさんお疲れ様でした。ところで、先日の初めての丹沢で山岳地図を携帯することを教わりました。他人任せは厳禁。見慣れた丹沢の山といっても、気を抜いたら怖いことになります。 丹沢 (山と高原地図) (単行本・ムック) / 大野久/調査執筆

      テーマ:

プロフィール

achiko

性別:
女性
誕生日:
血液型:
AB型
お住まいの地域:
神奈川県

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 121

読者になる

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。