• 31 Dec
    • 2015年 第31回 NAHAマラソン - 翌日編 (2)

      2015年12月7日13時、いとちゃんmini(周遊オンデマンドバス)で、癒し満喫コースの観光に出発。私は御嶽(ウタキ。沖縄各地の祈りの場)や井戸が好きなので、湧き水と古い祈りの地を巡るこのコースにしました。以下、ホームページから転載。**************************************************************癒しのスポット「与座ガー(井戸)」でマイナスイオンを浴びよう。首里王朝時代に作られた井泉「与座ガー」は水量がたいへん豊かです。その水は公園のプールにも引かれ、地域の子どもたちの遊び場にもなっています。また、昔使われていた製糖用の水車の模型があり、はじめて訪れた人にも懐かしさと癒しを感じさせます。世代を超え、地域に受け継がれる癒しの湧き水とその周りにある御嶽(うたき:祈りの場)を散策してみましょう。**************************************************************ガイドの女性は群馬県出身で石垣島出身のご主人と結婚し糸満に住んでいる方。明るく朗らかなお人柄のお陰で、この観光は実に楽しいものとなりました。与座集落にあるアカチチグスク、勝連墓、馬場広場、獅子森という碑の脇に立つシーサー、八重瀬岳を睨む照屋シーサー、沖縄で唯一の鉄道だった軽便鉄道跡、高嶺製糖工場跡地などを辿りました。製糖工場跡地のコンクリートには、第二次大戦時の砲弾跡がいくつも残っていました。(この辺りまでは、写真を撮るのをすっかり忘れていました)月桃の葉沖縄ではムーチーガーサとも呼ばれ、旧暦12月8日に仏壇や火の神(ヒヌカン)に供える餅菓子ムーチーはこの葉に包み蒸したものです。このほか、お風呂に浮かべたり乾燥させお茶としても用いられます。畑の脇に自生する月桃の葉を摘み、持ち帰りました。(写真にはありませんが、赤いハイビスカスの花もいくつか摘み持ち帰りました。自宅で少量の水と酢で煮出し、その赤い汁を使い鮮やかな大根の酢漬けを作りました。)四角豆畑になっているのを初めてみました。関東のスーパーではここ最近見かけることが増えてきましたね。料理する時は天ぷらや素揚げなど、油との相性がいいようです。金蓮花(キンレンカ)確かに蓮の葉のような形をしています。那須達有無とも呼ばれ、食用、薬草、漢方薬としても用いられるそうです。生のまま食べてみたら、普通に生野菜として食べられる味でした。おしろい花の種を摘んだときのガイドさんの言葉「公園などに蒔いてくださいね」にハートを掴まれてしまいました。与座ヌ御嶽。依代となっていた大木は、土地の持ち主により伐採されてしまったようです。殿内(ドゥンチ)なかに香炉がいくつも置かれ、なかのひとつはどこかの遥拝を目的にしたものだったような。金満御嶽天然のパパイヤ与座カー与座カーの水は飲料水としては使えないようですが、夏は子供が水遊びをするようです。カーに寄った後、与座バス停近くまで散策しながら戻りました。民家と小道に風情を感じます。紫色のシーサー。胸元がふっくらしています。つづく

      6
      3
      テーマ:
    • 2015年 第31回 NAHAマラソン - 翌日編 (1)

      2015年12月7日ホテルには朝食がついていないので近所にあるハイウェイ食堂へ出掛けました。24時間営業で、朝からチャンプルーなどの定食を食べることができます。牛肉豆腐のみそ煮定食を注文。何と、お刺身と卵ポークまでついてきました。朝から満足のボリューム。ホテルで糸満観光の冊子を手に入れ、沖縄最終日は糸満で過ごすことに決定。午前中、ホテルでのんびり過ごしてから、一旦空港のロッカーに荷物を預け「いとちゃんバス」で糸満へ。「いとちゃんバス」は那覇空港から糸満エリアへの直通バスで、道の駅いとまんまではガイドさんが同乗し、簡単なガイドをしてくれます。道の駅いとまんに着いたら、糸満観光協会にお邪魔し「いとちゃんmini」で与座集落を巡る観光の予約確認。取り急ぎ、観光前に腹ごしらえをします。大きな魚であることが分かるよう、自分の人差指とともに撮りました。さざえとほたて(ほたてにうにマヨネーズのトッピング)さざえ、美味しかったね。次に立ち寄ったのが西南門小カマボコ屋さん。かまぼこおにぎりのみそを買いました。みそは具に薬味入りみそが入っており、とても美味しかったです。かまぼこおにぎりは石垣島のマーミヤかまぼこ以来。次に糸満に行ったときは、お土産に買って帰ろうと思います。つづく

      14
      2
      テーマ:
  • 14 Dec
    • 2015年 第31回 NAHAマラソン - レース当日編

      2015年12月6日レース当日。6時過ぎに朝食を済ませてから7時半過ぎに出発。走って向かう途中、とあるレストランの窓際で朝食を食べている人たちがこちらに向かいしきりにガッツポーズをしている。頑張れという意味らしい。ということで、私もガッツポーズでこたえる。途中、ゆいレールに二駅分乗り到着。荷物を預ける場所で、幼馴染の息子さんを見かけ声を掛ける。毎年、高校球児がNAHAマラソンのボランティアをしてくれるが、今年は息子さんもその一人だった。スタート地点は陸連登録のお陰でBブロックだったが、整列時間に間に合わずFブロックに滑り込み、号砲から5分遅れで出発。今年は制限時間の30分前のゴール、今までで一番辛いNAHAマラソンだった。スタートして3時間は高温多湿、その後は冷たい雨のなかを走った。最初の暑さに完走は無理かもしれないと思ったが、夜に会う約束をしている幼馴染に完走すると伝えていたので、諦めてはいけない、諦めたらきっと後悔すると自分に言い聞かせながら走っては歩くを繰り返してゴールした。沿道の応援は今年も素晴らしかった。温かかった。どれだけ励まされたことか。ゴール後、ホテルまでタクシーで戻り身支度を整えると迎えに来てくれた友人の車で友人宅にお邪魔する。ボランティアをした息子さんにお礼を伝え、友人と1年振りの再会を祝う。今年もあっという間に再会の時は過ぎ、来年の再会を約束しホテルへ戻る。途中、懲りずにユニオンに寄り、お土産用に沖縄の食材を物色。前日にお世話になった接骨院を再訪し完走を報告、体をほぐしてもらった。この日も深呼吸をして就寝。

      41
      2
      テーマ:
  • 11 Dec
    • 2015年 第31回 NAHAマラソン - 前日編

      2015年12月5日正午前の便で那覇入り。搭乗口に修学旅行生をみつけ機内の喧騒を心配するも杞憂に終わった。席は前方Jシートの2列目。しかも到着時刻が予定より20分弱早いというおまけつき。もしかすると修学旅行生のお陰かもしれない。那覇空港から事前受付会場の奥武山公園までゆいレールで移動。昨年と異なり、今年は午前中から事前受付を開始したためか、受付はストレス知らずで5分程度で終了。場内の武道場で胸骨圧迫とAEDの講習をしていたので受講。万が一レース中に倒れている人を見つけたら、救急の初動対応を行えることを目的に、必要最低限の対処方法を実にわかりやすく教えてもらった。救急救命士養成学校の先生と生徒さんが教えてくれた。ハートのスポンジを心臓にみたてて胸骨圧迫を実施。スポンジをかなり強い力で押すと音がするので、その音を目安に1分あたり100回のスピードで繰り返す。その足でホテルへ。今年のホテルは泊港『とまりん』そばの立地。古いビジネスホテルで、室内も決してエレガントな誂えではないが、港そばなので食堂などの充実が期待できる。ということで早速、沖縄船員会館の食堂でゴーヤチャンプルー定食を食べる。食後、インターネットで見つけたホテル近く接骨院を訪ねた。那覇マラソン前後はランナーで混むらしい。40分3千円と聞いてお願いすることにした。行きの飛行機で肩が凝ったほか、ここ最近、腰に違和感(くしゃみをしたとき腰の痛み)があることを伝える。先生が翌日のレースは半分くらいでやめておくのかときくので、いや完走すると答える。指定の時間に再訪、まずおばあさんによる整体が30分ほどで終わる。帰りかけると先生に止められ、まだ続きがあることを知る。腰、首の骨の位置を治してもらう。身体から力を抜くことを意識し、深呼吸をして寝る癖をつけるといいとのアドバイスをもらう。帰りにスーパー『ユニオン』で買い物。翌朝の準備をし、深呼吸をして就寝。

      24
      2
      テーマ:

プロフィール

achiko

性別:
女性
誕生日:
血液型:
AB型
お住まいの地域:
神奈川県

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 121

読者になる

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。