• 30 Nov
    • オオフナノート 2002年11月

      11月30日今日の山手ガード下は、神田からアメ横方面へ。夕暮れのネオンの街はモノクロフィルムにどんな風に写るのだろう。結果は翌日のフィルム/プリント現像でのお楽しみ。ポジフィルムで色を意識して撮るのも楽しいだろうなぁ。それにしても夜の新橋は久し振り。一人暮らしの時代には新橋の職場に通ったものだった。懐かしい。 11月24日改めて山手ガード下へ。東京から新橋まで辿る。普段、東海道線の車窓から見下ろしている風景の中を歩く。場所によっては、昼間でも歩くのが心細くなる場所も。 11月23日いきつけの美容院に『千と千尋の神隠し』のコミック本がおいてあるのだが、行く度にでつい手にとってしまう。映画も勿論素晴らしいけれど、本もいい。 11月21日山手ガード下の写真は、カラーとモノクロの両方で。カラーの方だけ現像してみたら、いまいちな出来栄え。あの寒い中歩き回って撮ったのに。ウーム。 11月16日日中、山手線ガード下の撮影。神田駅から有楽町方面へ。夜のガード下の明かりの暖かさ、鮮やかさに思わず見入ってしまう。 11月13日チョムスキー 9.11 Power and Terror米国/日本の共作のためか、作中には日本に関する発言も多く取り上げられている。音楽は忌野清志郎。Nirvanaのベストアルバムカートの死から8年を経ての"新曲"も含まれる一枚。Bjorkのベストアルバム出るべくして出た一枚。Crystal Kay:夏の八重山行きの機内で聴いた曲を含む一枚。 11月9日秋が来ぬまま冬に突入したのだろうかこれから深まるであろう紅葉は嬉しいけれど、寒さにはほとほと参る暑い方がどれだけ楽なことか久々の写真教室では、先のプリント実習の作品の合評会引き伸ばした作品は、被写体となった方々へ進呈代わりに、私が被写体となった写真を頂く*映画のお知らせ『チョムスキー 9.11 Power and Terror』 渋谷ユーロスペースにて 11月3日恵比寿から広尾を抜け、南青山へ向かう。表参道、あるいは渋谷から南青山に向かうルートもあるが、恵比寿駅から六本木通りを突き抜け、骨董通りに出るルートが気に入っている。六本木通りに至るまでの道を歩き続けるにはやや冗長的な感はあるが、通りを走る車は少なく、何よりも日当たりが良い。一歩通りを隔てると、静かで低い家並み、それに幅は狭いがかなり急な坂の数々があって、彼方に高層ビルが突き出ている風景が面白い。新宿の某大学の文化祭へ。半世紀勤めた老舗コーヒーを退職後、全国に美味しいコーヒーを伝え回っているというコーヒー職人が、入れたてのコーヒーを振舞っていた。日本全国にその人柄を慕うファンがいるらしいのだが、何となく分かる気がした。*写真展のお知らせ: 広河隆一写真展 『激動のパレスチナ』 2002年11月11日(月)まで 新宿ニカプラザ ギャラリーC 10:30 AM ~ 19:00 (最終日 3:00 PM) 無休 入場無料 新宿区新宿 3-26-11 コニカプラザ 新宿高野ビル 4階 Tel: 03-3225-5001 JR新宿駅東口駅前  * ギャラリー A/B では、別の写真展も開催中、いずれも無料 11月2日韓国で英語教育が異常とも思えるほど熱を帯びており、小学校のカリキュラムに英語授業が組み込まれている、という番組を友人と観た。「英語が出来ないと、将来仕事すら手に入らないのよ!!」と先生が生徒を叱咤激励(?)するのだが、ちょっと行き過ぎな気が。高校の英語教師である友人は、長らくハングルや韓国文化を学んでおり、韓国人の友人経由で知る情報も多い。最近耳にした話では、英語の発音に忠実であるために、子供の舌を整形するとかしないとか...この年齢であれば、英語よりも韓国語の知識を深める方が先なのでしょうけど。 11月1日昼、隅田川を走るシーバスを見て思う。人はなぜ船に向かって手を振るのか?そして船に乗ると、人はなぜ陸に向かって手を振るのか?話は変わって。この夏、波照間から石垣に戻る時に、同宿の旅行者が港まで見送ってくれた。私はその人たちに手を振り続けたのだが、見送りの人の手前で腰を下ろしていたおじさんたちがニコニコして私に手を振っていた。

      テーマ:

プロフィール

achiko

性別:
女性
誕生日:
血液型:
AB型
お住まいの地域:
神奈川県

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

このブログの読者

読者数: 121

読者になる

AD

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。