経営者の気持ち・親の気持ち | ちょこっと幸せニューヨーク

ちょこっと幸せニューヨーク

*在米21年目ニューヨーク在住シンガーソングライター・通訳者CHOCO。ビジネス、3児の子育て、音楽活動、大好きなことで溢れるニューヨーク生活。失敗したり落ち込んだり、毎日もがきながらも感じている幸せのおすそ分け*


テーマ:
 

 

早師走。先日ようやく病院に行ってきました。

 

 

 

11月に入ってからは急にアーティストサポートのお仕事が複数入ってバタバタしたのですが、サンクスギビングホリデー中に片付き、ホッ。

 

 

 

こうやって、微力ながら必要とされる事、忙しくさせていただく事に、感謝お願い

 

 

 

 

そして、その後ゆっくりできる時間をありがたく感じられる事にも、改めて感謝ですキラキラ

 

 

 

 

サンクスギビングは、ターキーではなく焼肉食べ放題へ。

 

 

 

元取る事を考えるとフードバトルモードになってしまいリラックスできないのが難点ですが、

 

 

 

 

普段食べないものを試したり、お肉よりも少し値が張るシーフードも何度も頼めるので、おトク感ありラブ

 

 

 

 

美味しウレシにまた感謝音譜

 

 

 

 

パーティ続きや胃が疲れた後は菜食モード...にやり

 

 

 

 

(ハルクなサラダ)

 

 

 

 

 

 

 

 筋肉 筋肉 筋肉 ダンベル ダンベル ダンベル 

 

枯れ葉の季節でも新鮮な緑ものは美味しい。

 

 

 

日本ではいつも野菜果物の値段に驚きますが、

 

 

 

ここでは近所にもファーマーズマーケットが多く、旬の新鮮な野菜が安価なのが嬉しい合格

 

 

 

アボカドがつるんと剥けた時のテンション笑い泣きアップアップ

 

 

 

 

 

 

寒いとき温かい物が欲しくなるように、そのとき欲しくなるものを身体は必要としているそう。

(ジャンク系は除いて。あれは脳がもっと欲しがるシグナルを出すらしい)

 

 

 

このところキレイに秋晴れが続き、

 

 

 

 

先週、グランドセントラル近くのかかりつけ医院へ。

 

 

 

 

検査結果が今朝届きました。

 

 

 

 

ホルモンの異常値と甲状腺機能低下症のご報告ダウン

 

 

 

 

これらはおそらく相関性があり、複雑に絡み合って症状が出ているよう。

 

 

 

 

そして、、、、ドクター側も原因がイマイチよく分からないそうで。

 

 

 

 

というより、当てはまる事がありすぎて、どれとも言い切れない。

 

 

 

 

結局つきつめると”ストレス”が大半を占めるそうですけども。

 

 

 

 

だから、ストレスってどうやってなくなるんや。。えーん

 

 

 

 

まずは投薬治療となり、ここからちゃんと自分の身体と向き合っていかねば。

 

 

 

 

昔から手術が多く、臓器系弱いので小心者。。

どれだけ寝ても起きたとき絶望的な気分になる慢性的な疲労感とか、体力低下とか、楽しいはずの時間でさえ億劫になる気分とか、あれこれ思い当たる節があり、

 

 

 

 

考えるだけでも全ての気力を削がれてしまうので、ちゃんと治さんと。

 

 

 

 

これでまた、今期の1/4リミット計画のひとつにしていた、

 

 

 

 

ひらめき電球「病院に行く」

 

 

 

 

という目標にリーチロケット

 

 

 

 

ま。。目標というより、

 

 

 

 

「体調管理」って基本やらんならんこと。ですよね...ゲッソリ

 

 

 

 

そうやって行動すればすぐ実現できる”のに”、やってこなかったことの多いこと。

 

 

 

 

手に届くところにある小さな機会を見過ごすと、気付いた時にはもう簡単には取り戻せない事も。

 

 

 

 

そういう事態ですぐに反応し行動して来た人と、しなかった人が手に入れているものは、大きく違う、と思う。

 

 

 

 

まず言葉にする。そして叶えにいく。

 

 

 

 

そうでもしないと、実行しないワタシ。 チーン

 

 

 

 

先月末のイベント後、先日はまたショウがあり、

 

 

 

久々に弾き語りをしました。

 

 

 

 

 

 

このStandard Jazz曲以外にも、去年書いたオリジナルも披露し「今まで書き捨て放置して来た曲達と改めて向き合う」という作業をしてみました。

 

 

 

 

お呼ばれパフォーマンスは、当たり前ですけど自分のステージのことしか考えなくて良いので、喜楽で。

 

 

 

 

それに主催者・制作側の方針やスタッフの配置、会の運びとか、客観的に見えて新鮮です。

 

 

 

 

自己プロデュースイベントは、好きなように物事を進行できて楽しい反面、背負うことだらけで。

 

 

 

 

これ(プロデュース)を実際にやってみるのと、傍観・想像しているだけとは、ものすごい差、、、とつくづく思います。

 

 

 

 

 

そういえば先月、ユニオンスクエアにできた話題の(?)「つるとんたん」にレコーディングスタジオを経営する友人と行って来ました。

 

 

 

 

ワタシは一番気になったウニの温うどん。

無料で大盛りにできるんです音譜びっくり

 

 

 

 

 

(ちなみに友人オーダーの明太子↑はとにかく量が多く、味が濃厚ラブラブ!

 

 

 

 

巨大どんぶり和風だしクリームパスタのようなうどんを食べ、

 

 

 

 

その後近くのカフェでくつろぎながら、こんな話しに。

 

 

 

 

「人の下で働いたりお手伝いしてた頃は、経営者 or 主催者って、優雅で自由〜」なイメージだったけど、

 

 

 

 

個人経営や主催をする(=出資する)立場になると、参加者とは背負うものの重さが本当に『天と地の差』。

 

 

 

 

指示をもらう立場でいた方が断然ラクって気付くよね、って。

 

 

 

 

雇われる側としてお給料頂いていた時は「雇用側は従業員を上手に使い、勝手できて良いな」なんて風に見えていたかも...(大企業やブラック系は別として)

 

 

 

 

でもだからこそ“舵を執る人”は、そのリスクを背負っても、

 

 

 

 

デッカいロマンとかパッションメラメラとか、

高校球児応援歌ばりの、恥ずかしくて舌噛んでしまいそうな「大志」を堂々と掲げ、

 

 

 

 

そして必ずそのゴール目掛けて自由で輝く存在であるべき、

 

 

 

 

、、、と思うのです。

 

 

 

 

曖昧に言いましたが、つまり羨ましがられる存在であるべき、ってこと。でないと誰も着いていきたいと思わない。

 

 

 

 

そこまで考えてふと思いました。

 

 

 

 

これは、なんか親と子の関係に似てる。

 

 

 

 

子供の頃思ってたこと。

 

 

 

 

オトナは、

 

 

 

好きなもの自分で買えて、

予定を自分で決めて、

夜更かしも出来て、

オシャレして、

漬け物とかチョコレートとか食べ過ぎたら鼻血出るからダメ!なんて言われないし、

色んなところに出入り出来たり、年齢制限ものにも引っかからないし、

なんせ、怒られない!!

 

 

良いなぁなんて思ってたっけ。

 

 

 

 

門限も宿題も、おこづかい制限も無し、学校も行かなくてイイなんて天国虹って。

 

 

 

 

 

 

 

 

笑、笑、笑......

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片腹痛いわっ。笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

親にならないと、親の気持ちは分かりません。

 

 

 

 

主催者や、経営者の立場も、きっと実際に前線に立った人にしか、分からない。

 

 

 

 

どれだけ近くにいて、分かったような気にはなれても。

 

 

 

 

舵を執る人がエラい、親になった人はエラい、親が子供よりエラいとか、そういうことではなく。

 

 

 

 

自分の船の方位磁針が正しく機能しているのか、地図が間違っていないか、徹頭徹尾ひとりが見極めるのは、かなり過酷なこと。

 

 

 

 

主催者や経営者は、そういう立場にいる。

 

 

 

 

なおかつ、家族や子供に対する愛情に近い感謝や夢を、着いて来てくれる人達に伝えていかなくては、成り立たない。

 

 

 

 

むしろ、その責任がある。そうでないと、きっとその組織は上手くいかない。

 

 

 

 

ビジネスも家族も、人が人とつくるもの。

 

 

 

 

人としての力が備わっていないものが、世に受け入れられたり存続していくことは、きっとない、

 

 

 

 

と、ぼんやり思い返しました。

 

 

 

 

さて、感謝祭が終わったと同時にクリスマスクリスマスツリーが迫って来ています。

 

 

 

 

 

 

2017年は12分の11が終わってしまいましたお願い

 

 

 

 

ほんと、なーーーーんて早いんでしょうか。

 

 

 

 

今年の暮れはなんとなく、ゆったりぼんやりしながら、「ストレスをなくす!?」ということを考えてみようかと思います。

 

 

 

何もするな、と言われるのが一番難しいですがあせる

 

 

 

何しても前に進めなかったり、ヤル気が出ないとき、って休みなさいヨって言われているんでしょうね。

 

 

 

 

モヤモヤする時は、モヤモヤしてみるべきとき。。

 

 

 

 

しっかりモヤモヤしながら、今年一年を振り返って過ごしたいと思います。

 

 

 

 

皆さんも、この時期をゆったりと健康的に過ごせますようにキラキラ

 

 

 

 

 

吉岡ちょこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス