下りエスカレータを全力で | ちょこっと幸せニューヨーク

ちょこっと幸せニューヨーク

*在米21年目ニューヨーク在住シンガーソングライター・通訳者CHOCO。ビジネス、3児の子育て、音楽活動、大好きなことで溢れるニューヨーク生活。失敗したり落ち込んだり、毎日もがきながらも感じている幸せのおすそ分け*


テーマ:

 

(この度info-freshさんに活動諸々ご掲載頂きました。感謝♪)

 

 

 

さていよいよ明日に迫りました!

 

 

 

今月もニューヨークでアクティブに活動されている方を第16回NYエンタメ・スポーツの会ゲストとしてお迎えします。

 

 

 

 

『トイレの神様』で日本中の脚光を浴びた植村花菜さん。

 

 

 

いまはこのニューヨークの地で、アーティストとして、家庭を持って、たくさんの挑戦をされています。

 

 

 

去年末から滞在されているというこの街で、以前と変わらずマルチに活動されるその姿、きっとその裏にはたくさんの葛藤や苦労もあるはず。

 

 

 

普段ライブでは表出すことの無いたくさんの思いを、スピーチや交流会、質疑応答を通して語って頂く、なかなかない機会です。

 

 

 

 

まだまだ挑戦を重ねている彼女から、たくさんの学びや励ましを受け取ることができるはず。

 

 

 

 

この会ならではの、通常通りのネットワーキングや、ご自身の活動紹介が可能なPRタイムもあって、毎回フラッと立ち寄った方にも、来て良かったなぁとホッコリして帰って頂いていますキラキラ レインボーカラーNO1

 

 

 

 

まだもう少〜しだけ、滑り込みセーフでお席確保できますので、会のFBページかny.entame@gmail.comまで急いでご連絡を!!

 

 

 

 

皆様にお会いできること、心待ちにしております照れ

 

 

 

 

さて、もう10月。先月末に期限設定した¼ リミット計画で、必ず目標を達成する、と掲げた曲も、

 

 

 

晴れて完成ーー!笑い泣き

 

 

 

 

作成時間2週間ちょい。。

 

 

 

 

まあまあ、急ぎました。

 

 

 

 

しかも今回キャスティングやリハ―サルの問題で、最近になって台本を120°くらい書き換え、

 

 

 

それに沿って曲イメージも歌詞も変え、

 

 

 

バタつきマックス...汗

 

 

 

それでも、やっぱり私は曲書くの好きだなぁと、

 

 

 

もっと言うなら、自分の曲好きだな、元気が出てくる良い歌詞だな!とか、 

 

 

 

これでもか!セルフ絶賛。ラブ

 

 

 

 

自分で良い曲と思えないと、人サマの御前で披露しようとは思えないし。

 

 

 

まずは四半期の目標一つ達成できましたキラキラ

 

 

 

お次ぎは、体調管理。

 

 

 

改心してからもうすぐ一ヶ月。にやり

すぐには改善とはいかない。けど、精神的な不安は消えた気が。

 

 

 

 

朝はビタミンの吸収が良くフルーツがやっぱり良いようで、トマト、バナナ、オレンジなど、

 

 

 

(トマトはノンオイルより少量の油で頂く方が栄養素が摂れる)

 

 

 

 

 

(気になっていたフラックスシード、お米の代わりにキヌアや雑穀米、ビタミンEで大活躍のすりゴマやアーモンド、チアシードなど試し中)

 

 

 

夜は納豆や豆腐など大豆の吸収率がグンと上がり、朝食よりも夜の方が実はよいそうです。

 

 

(トロトロのメカブオクラ納豆)

 

 

 

 

 

 

(大豆もやしナムル作成中。炒めるより蒸し煮の方がビタミンを守る)

 

 

大豆類は睡眠中の成長ホルモンの分泌を促し快眠できるそう。(しかし成長ホルモンって、老化してくホルモンじゃないよね。。。汗叫び) 

 

 

 

サラダより、なるべく温菜。

鍋など、水溶性ビタミンが溶けだしても汁ごと摂取できるように。

 

 

(はまぐりの出汁でもちもち水餃子)

 

そして、冷たい飲みものより温かいもの。大好きなビール...も控え、週の半分は休肝日に(お酒好きにしては結構頑張ってる。と思う。) 。

 

 

 

ハマると極端なので、これら毎日はできなくても、それなりに習慣になって来ました。

 

 

 

カラダに一番影響するのはやはりストレスだそうですけど。

 

 

 

 

で。

 

 

 

 

 

 

 

 

ストレスって、

 

 

 

 

 

 

 

どうやってなくすんかい?真顔

 

 

 

 

はて。。。。。

 

 

 

 

 

ゆったり、何も考えずリラックスして過ごせればと思うけども。

 

 

 

 

 

なにせ、今は今月末開催に迫ったALIVE Performance Show Vol.4に向けて、とにかく色んなことを振り切って全力疾走中。

 

 

 

ミーティングやリハをやればやるほど、もっとやるべきタスクが掘り起こされてくるような。

 

 

 

あれやこれやと妄想している時は楽しいですけど。

 

 

 

実際のアウトプットが始まると、大小の難問が出て来て、クリアしてもクリアしても次はさらに大きい問題が。

 

 

 

何かに似てる...ひらめき電球

 

 

 

そう。下りのエスカレータ(orジムにあるランニングマシン)。

 

 

 

 

走っても走っても、前に行かないアレ。えーん

 

 

 

 

そういえば、

 

 

 

 

この街で生きるのは、下りエスカレータを逆走するようなもの、って誰か言ってたな。

 

 

 

上を目指して歩き続けても、気付けば下に向かっていて。

 

 

 

ましてや少し休んだ途端、あっという間に最下層に送りつけられる。

 

 

 

なんで走ってるんだか、と考えてみると、うまく説明がつかないけど。

 

 

 

『そこに山があるからだ』理論に似ているのかも。

 

 

 

 

昔は、なんのこっちゃはてなマークて感じだったけど。

 

 

 

 

でも今駆け上がっている下りエスカレータは、きっと頂上まで続いていて、

 

 

 

 

まだ辿り着いたことのないそこから、見たことない景色が広がっている。

 

 

 

 

その景色が、やっぱり、どうしても見てみたい。

 

 

 

 

なので、上り続けています。

 

 

 

 

”ニューヨークでアーティストとして生き抜く”邦人パフォーマーにフォーカスした毎年恒例のこのショウ。

 

 

 

 

4年目となる今年は、5月の一般公開オーディションと7月のビデオオーディションにて勝ち抜いた、音楽、ダンス、演劇、ミュージカル、アート分野の総勢約10組のパフォーマンスチームがニューヨークだけでなく日本からも参加します。

 

 

 

今年からはアート、ファッションアイテム、スナックやドリンクのベンダーが入り、ショウの合間には家族連れでも楽しめる例年以上に充実したイベントになりました!

 

 

 

2017年10月29日(日)15時 ~ 20時

@ DCTV (Downtown Community Television Center)グランドフロア 

87 Lafayette St, New York, NY 10013

全年齢

当日$25、ゲストリスト$22、事前購入$20、12歳以下は$10、2歳以下の乳児無料

 

*お得な事前購入($20)はPayPal、または各パフォーマーより直接購入可能。

*割引ゲストリスト($22)は、ウェブサイトまたはメールでお申し込みにて登録可能!

 

Performers

Haruka Hirasawa - Actress/Dancer

Taisan Tanaka - Japanese Style Painter

Yuka Notsuka – Dance Team

Octlive Musical Group

YUKIYUHEE –Dance Team

Maya - Singer

JARO Experiment – Singer Songwriter

Asumi Yazawa – Musical Singer

Yuki Ishiguro - Dancer

M Project (Satoko Mori, Mai Nishioka, Taijyu Nakane, Chisato Yanagisawa, Reka Echerer) – Musical Group

 

ALIVE Board Directors:

Nobuya Nagahama - Dance Director/Guest Judge

Toshihiko Nakazawa - Stage Director/Guest Judge

Satoko Mori - Pianist/Music Director

Rio - Pianist/Assistant Show Director

CHOCO – Singer Songwriter/ Executive Producer

 

Sponsors & Supporters:

KYOTO University Chorus Alumni Association

TAKA

ITOEN

Triangle NY

KOKESHI 375

Riro Muzik

Ebina Wakako

KURYU New York

Rie Nishimura

 

 

このショウは、ALIVE=生きる、という意味と、A LIVE=一つのライブ、唯一無二のステージという意味も掛け合わせています。

 

 

出演者のほとんどが、手持ち作品の使い回しをせず、このステージだけのためにイチから作ったオリジナリティ溢れる作品を披露し、このたった数分のステージ上で表現できるものにものすごい時間と労力をかけています。

 

 

 

コラボ作品ともなると、あーでもないこーでもない、と進まないこともありますが、一生懸命考えて動いてくれているみんなからパワーを貰っています。

 

 

 

年始から大事にプランして来て、5月と7月にオーディションをし、全てが整いつつあるここからは盛り上がっていくときアップ

 

 

 

2017年の10月、この日のこの時間だけにしか味わえない作品の数々をもって、

 

 

 

みんなのパワーを集結させたいと思います筋肉キラキラ

 

 

 

 

ニューヨークの10月は、30℃近くに達するインディアンサマーや、ハロウィンには雪が降ったりする年もあり。

 

 

 

 

ハチャメチャな季節ですが、

 

 

 

 

自分の生まれた月でもあり、

 

 

 

 

自分が生きていることを、再確認できる月でもあります。

 

 

 

 

 

「どんなことがあっても、死ななきゃ、まあ、いっか」って、

 

 

 

 

 

そう思うと、色んなことができそうな気がします。

 

 

 

遠くに見える光を、無方針に追いかけている気になる時もありますが、

 

 

 

 

 

ゆっくりでも休まず、休んでも投げ出さず、一歩一歩、進んでゆきたいと思いますキラキラ

 

吉岡ちょこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス