欲あるうちが花 | ちょこっと幸せニューヨーク

ちょこっと幸せニューヨーク

*在米21年目ニューヨーク在住シンガーソングライター・通訳者CHOCO。ビジネス、3児の子育て、音楽活動、大好きなことで溢れるニューヨーク生活。失敗したり落ち込んだり、毎日もがきながらも感じている幸せのおすそ分け*


テーマ:

 

不気味なほどに涼しくなった京都のお盆休み。

 

 

 

7月後半からは急に慌ただしくなり、神戸、直後東京、また戻って来てからは大阪、また京都、そして神戸、今後は名古屋、東京と常に動く状態。

 

 

 

神戸ではRadiCro Spark!というラジオプログラムに出演させて頂きました。

 

 

 

 

8/22 9pm~10pmで放送RadiCro Spark! 番組紹介ページで、8月29日(火)〜9月3日(日)の期間中、いつでもお聴き頂けます!

ちょびっとでも興味を持って頂けましたらぜひラブ

http://radicro.com/program/radicrospark.html

 

 

 

 

 

収録はあちこち適度に噛みまくりましたが、

 

 

 

 

今月末(8/27)の東京・表参道でのRio's Garden2017ゲストパフォーマンスのこと、

 

レコーディングが終わったばかりの2曲のこと、

 

毎月NYのエンターテイメントの分野で活躍している人々が集うNYエンタメ・スポーツの会のこと、

 

このご縁を頂いた経緯、

 

 

また私の生命線、今年4年目を迎えるALIVEパフォーマンスショウのことや今後将来的に目指すもの、

 

 

 

色々お話しさせて頂きました(そりゃもう、適度に噛みながら)。

 

 

そして、先日ようやくALIVEパフォーマンスショウの第二次ビデオオーディション結果が出て、パフォーマー達がほぼ決定したとともに、

 

 

 

ALIVEのウェブサイトが完成しましたベル

 

 

 

 

スポンサー随時募集中!

 

 

アーティストが多く集まるこのイベントを通し、ニューヨークでご自身の活動や作品、商品の紹介や宣伝をされたい方、ネットワークを作りたい方、などなど$150からの低額・ご予算内で相談承ります.

 

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。

 

 

 

このところ過密スケジュールで、楽しい反面色んな感覚が麻痺していますガーン

 

 

 

ある世界的に有名なシェフが、料理を一番美味しくするingredients(材料)は、塩加減でも、高級食材でも、こだわりでもなく、空腹感だ、と言っていました。

 

 

 

いくら楽しいことも、詰め込み過ぎればただの体力・時間・金銭の消耗になる。

 

 

 

 

現代風に言うと贅沢病なのでしょうが、

 

 

 

 

そんな日本での非現実的な夏の休暇も、もうあと十日ほどアセアセ

 

 

 

 

学生の頃の夏休みは、毎日の宿題をして、部活に出てさえいれば、後はまあ自由で。

 

 

 

 

大人になってからは、課題もなく、自由奔放に過ごしても怒られることも正されることも極端に減り、選択肢も広過ぎて過ごし方ひとつでもあれこれ迷う。

 

 

 

 

昔は早く自由な大人になりたい、と思っていたのに。

 

 

 

 

今日たまたま京都へ向うJRの中で、向いに座ったお話し好きのお婆さまと世間話をする機会がありました。

 

 

 

 

 

今年82歳、一人旅がお好きで、とてもはつらつとされていてキラキラ レインボーカラーNO1

 

 

 

 

「昔戦争で家がかろうじて焼け残ったために、リフォームチャンスを逃してしまって、家は未だにボロ屋敷」とか、

 

 

 

 

「本が好きやけどかさばるから、スマホの電子書籍に買い替えようか迷っているけど、二年の契約期間中に死ぬかもしれんから迷ってる」とか、ハッキリと話し、ケラケラよく笑う方でした。

 

 

 

中でも特に印象に残ったのは、

 

 

 

 

昔はがむしゃらに働いて毎日必死やったけど、振り返ればあの苦労してた頃が一番幸せやった、

 

 

 

今はほぼ裕福な暮らしで、お金も時間もあるけど、欲しいもの、やりたいことが、なくなってしまった、と。

 

 

 

 

どーーーーーーん、と胃の底に溜まるお言葉でした。。

 

 

 

 

もちろん、リタイア後もエキサイティングな生活をされている方もいらっしゃるとは思うけど、

 

 

 

欲がなくなるとか、今まで追いかけていたものに興味がなくなるって、将来への期待がなくなるってこと...?

 

 

 

”自己責任”という見えない真綿で首を絞められながらも放し飼いされる”オトナの世界”で、いつもその『自由』を心から満喫できている人はどれほどいるのでしょう。

 

 

 

自分で選んで海外に来た人は特に、常識や日本という社会のルールから縛られない「自由」を求めて来たのだろうけど、

 

 

 

ルールのない環境は、いざという時に守ってくれない無法地帯でもある。

 

 

 

いくつになっても信念を持ち続けること、本能を指針としてゆくのは、とてもタフなこと。

 

 

 

でも同時に楽しくもあるべきで。

 

 

 

そんな時に救いとなるのは、同じような大志を抱いて、戦い続けている人との出会いなんじゃあないかな、と思います。

 

 

 

勝ち・負けは別として、

 

 

 

 

戦っている人の勇姿なのではないかと。

 

 

 

 

さて、次回のNYエンタメ・スポーツの会では、そんな自分らしく険しく楽しい道を歩き続ける旅人がゲスト出演。

 

 

 

『あなたの笑顔は美しい』の信念を胸に活動を続ける東京サーカス団長のYOSHIさん。

 

 

 

 

彼はどういう活動をしている人なのか、何を目指している人なのか、という質問を受けると、

 

 

 

すーごーく困る。(笑)

 

 

 

これほど、ひとくくりの正しい肩書きがない人は、いなかったかもしれません。

 

 

 

彼に会ったことがある人の第一印象や想像は、きっと単純に50%は当たっておりまして、

 

 

 

あとの50%は間違っているとかではなく、ハズレ時々正解のような、変形自在なのではと思ったりします。

 

 

 

それは、彼自身がアレやコレやとジャンルや活動形式を変えるわけではなく、

 

 

 

もしかすると、私たちの周りの時代や、思想や、条件や、常識感覚が揺れ動いている中で、彼だけはいつ何時もブレることなく、ただまっすぐにそこに存在するから、かもしれません。

 

 

 

この疑問を紐解くには、

 

 

 

 

実際に彼の目を見て話を聞き、生身の彼に対面するしかないのでは、と思います。

 

 

 

無作法に生み出されるその精神性は、強烈な独特の灰汁とか、あるいは本能的な欲とか、そこらへんの無機質なものかもしれない。

 

 

ただ、彼についてひとつ確実に言えることは、人の思考を揺り動かす凄まじい引力を持つ人であること。

 

 

 

これまで話を聞いてますます疑問に思ったあなたは、まずはこの動画を覗いてください。

 

 

 

https://vimeo.com/219324376

 

 

私の言うことが20%くらい、感じられるようになるかもしれません。

 

 

 

これほどまで唯一無二という言葉が似合う人がいただろうか?と思わせるアーティスト史上最高の珍味トーク、

 

 

 

ぜひ聴きに行ってみてください。

 

 

 

さて、夏が足早に過ぎていることに焦りを感じ始めている8月後半。

 

 

 

目下今回の帰国の目標のひとつは、悔いなきよう、8月末までの日本滞在期間にしか会えない人たちと会うこと。

 

 

 

今年会う人たちと、来年も会える保証はない、と思うと、

 

 

 

 

私の周りにいてくださる、ひとりひとりとの時間がとても大事に思えます。

 

 

 

 

目標や、欲や、元気があるうちに、

 

 

 

まだ、がむしゃらに生きて旅を続けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

今年の夏最後の思い出は、皆さんにとって少年・少女の頃のように、いつまでも思い出せるキラキラしたものとなりますようにキラキラ

 

 

 

 

 

吉岡ちょこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス