「英語タイム」英会話に「瞬発力」は必要か?“Yes” か “No” かで言うと | ACE-英会話のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

ACE-英会話のブログ

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

ACE Kids Academy☆英会話

「英語タイム」(^O^)

 

 

英会話に「瞬発力」は必要か?“Yes” か “No” かで言うと、私は “Yes” だと思います。
読み書きだけの英語力なら、それほど瞬発力は必要ではないかもしれません。でも、誰かと会話するということは、言葉のキャッチボールです。話す内容もさることながら、何かしら即座に反応して言葉にしないとスムーズに進まないのが「会話」です。

 

「英会話の瞬発力」とは、皆さんも想像している通り「会話ですぐに返せること」だと思いますが、なぜ英語で話す時は瞬発力がなくなるのでしょうか?

それは、相手の話(質問)を英語→日本語に訳し、自分の意見も日本語→英語に直すのに時間がかかるのが一因だと思います。

 

なので、基本的には日本語を介さずに相手の話を英語で理解して、自分の発言もいきなり英語で話すことができれば「瞬発力」は上がるはずです。

でも、それってなかなかすぐにはできないですよね。できたら誰も苦労しません。

そこで大事になってくるのは、できるだけ英語で理解するクセをつけることです。

 

でも、ただ単に「瞬発力だけ」を鍛えるのは難しいので、瞬発力を高めるには以下の2つのことをしないといけません。

 

①すぐに使える表現を増やす

上にも書いたように、言いたいと思ったことを日本語から英語に直していると、どうしても時間がかかってしまいます。

なので、英語の単語やフレーズなどを学ぶ(=インプットする)時に「これはどんな場面で使えるか?」と常にアウトプットを意識しておくことが大切です。

また、最初は誰かのマネでもいいので、話す「型」を持つことはとても有効だと思います。

実際に使えるように口に出して練習して文章で覚えてしまうんです。ACEのレッスンでも歌やチャントで暗記する部分がたくさんあります。

そんなたくさんの使える「型」を持っていると、英語で入ってきたものに対してだんだん英語で反応できるようになってきます。

日本語でもそうですが、もちろん表現方法なんて人それぞれです。でも、英語で瞬発的に返すのに苦労している時には、まずは「型」を使って『会話で返せるようになった!』という体験を積み上げていくのも大切だと思います。

 

②実際に英語で会話をする

実際に英語で会話をすること。

これは「瞬発力」を高めるには絶対に必要なことだと思います。レッスンに来たときにたくさん発話してください。とは言え、話したいことが瞬間的に出て来ないことなんて、誰にでもあります。でも、無言で固まってしまうと、相手は何を考えているのか、もしくは何も考えてないのか、言ったことが理解できなかったのかなど、何で無言なのか不安になってしまいます。

そんな時には 日本語で”えーっと・・・“と言う代わりに“Hmm…” や “Well,let me see…” などと言いながら時間を稼ぐのも一つの方法です。

 

瞬発力を鍛えてたくさん英語で話しましょう!

 

無料体験レッスン受付中です!

お電話でのお申し込み

フリーダイヤル:0120-121213⇐⇐⇐

 

無料体験レッスン申込みフォーム

体験レッスン申込み ⇐⇐

 

ホームページ

ACE Kids Academy ⇐⇐

 

こちらもよろしくね!↓↓↓

ACE Kids Academyそろばんのブログ

ACE Kids Academy習字のブログ