名古屋〜東京 原付二種ルート | 有吉賢仁のブログ

有吉賢仁のブログ

フリーのイラストレーター。
もうおじさん。もうそんなに時間はない。
だがあきらめてはいけない。細胞は生まれ変わりまだ進化する。
2013年 ACE studio(エーススタジオ)結成。
クリエイター3人で作ったイラストと似顔絵のチーム。
絵のことを書いていこう。たぶん。

2016年です。あけましておめでとうございます。

さて、2015年年末に名古屋から東京を原付二種(スペイシー100)で往復してきたので記録を残そうと思います。

原付二種で名古屋~東京

原付二種は高速道路走れません。なので国道1号線をひたすら走るのですが、
静岡県の国道1号バイパスは原付二種は走行不可の区間があります。
(自動車専用道路という区間です)
これが曲者で、ナビで一般道で検索してもそのバイパスを選んでしまい原二不可のルートを案内してしまいます。

なので予習して行くことを強くお勧めします。
その手助けになれたらいいと、Googleマップのマイマップ機能を使って
原二用の案内図を作ってみました。
(すでに検証している方々を参考にさせていただきました◎)
この地図をスマホで見ながら行けば不安少なく行けると思いますのでお役に立てれば幸いです。
 ↓
【名古屋-東京 原付二種ルート2015年末版】
名古屋-東京 原付二種ルート2015年末版


・この地図は2015年、年末作成です。愛知県のR23は工事がどんどん進んでいるので
 そのうち全部バイパス化(高架化)するでしょう。
・ルートやマークをクリックすると詳細が見れます。
・説明上の原二=原付二種、原付=原付一種(いわゆる50cc)とご理解下さい。
・マシントラブルのときのために2りんかん、ナップス、
 ほか街のバイク屋さん(分かった範囲で)も表示・非表示が可能です。
 (ホンダドリームはマイマシンがホンダスペイシー100のためです。)
 (レッドバロンは入会してないと看てくれないので除外してあります)
・ルート上の道の駅の表示・非表示が可能です。
・まぁ最悪、緑の道路看板に入らなければ大丈夫です。青い看板だけ行けば大丈夫です。

注)Googleマップでナビろうとするとこの【名古屋-東京 原付二種ルート】は反映されません。
この地図はナビのように「案内」をしてくれるわけではありません。
この地図をみながら「ルートを辿って行く」という使い方しかできませんのであしからず。
それでも自分はあらかじめ地図を作っていってかなり安心でした。

注)自分はXperia Z3なのですが、この地図を表示させながら走るとよくバグりました。
「接続されていません」と出たり、青いルートがボーン!と太くなって地図を覆ってしまったり。
そこで現在位置ボタンを押すと復旧するのですが、いちいち手袋を外さないといけません。
走行中にバグって曲がる場所とか間違えました。
Xperiaは「手袋モード」というのがあるのでONにしとくといいです。(後で気づいた)

スマホついでに・・・
データ通信量が2GBプランなので節約のためにこまめにスマホの電源を切って走行しました。
名古屋-東京往復22時間だったのですがスマホのデータ使用量を確認すると
せいぜい300MBくらいでした。
バグについては、こまめに電源切ってもずっと表示させててもバグりました。
こまめに切ってもバッテリーは持ちません。USB電源の装置は必須です。
(自分はモバイルバッテリーで充電しながらでした)


【迂回路分岐点の詳細です】

↓潮見・浜名バイパス迂回路
潮見・浜名バイパス迂回路

↓藤枝&静清バイパス迂回路
藤枝&静清バイパス迂回路



【感想(走行)】
・名古屋~東京 片道398km、片道約11時間、燃費約31km/L 
・一般道といってもハイスピードな区間が多いです。車は100km/hとかザラです。
 でも80~90km/h巡航ができれば問題ないでしょう。
・二車線区間は無理せず左側をマイペースで走り車をやり過ごしましょう。
・遅い車やトラッックがいたらその後ろを走るのが気がラクです。
・愛知県のR23は原二OKですが原付はほとんどNGです。静岡のほうがまだ寛大です。
 静岡のバイパスや神奈川~東京のR246は原付からOKなのですが、
 「これほんとに原付いいの?」って感じの道路です。ほとんど高速道路です。
 それでも頑張ってる原付さんいました。
・R1箱根峠は日が明るいときだけがいいでしょうね。暗くなるとかなり寒いし
 いい景色も見れないし、真っ暗なワインディングは危険だと思います。

【感想(装備)】
年末走りましたが寒いです!2015は暖冬ということですがそれでも寒い!
通勤1時間で大丈夫な装備でも2時間過ぎると凍えてきます。
自分はウインドシールド、ハンドルカバーを装備してますが、無かったらと思うと
ゾッとします。
上着はなかなか防寒性能高いやつでよかったですが、
下半身はヒートテックみたいなモモヒキ+ジーパン+厚手のカッパ
を履いてましたがとても寒かったです。
オーバーパンツは必要だと思いました。
ハンドルカバーもネオプレーン生地が薄手のやつで防寒効果が低かったようです。
(経験を生かし、後にハンドルカバーを改造することになります)

【総評】
とにかくケツが痛かった!!

46歳の冒険旅行。バイクもツーリングも20年前の北海道2ヶ月の旅が最後で
久々すぎて不安だらけでしたがなんとかなるもんだと思いました。
問題はケツだけでした。

さあみんな!走るんだ!

【追記】
2016年末は軽自動車(古いミニカ・バン)で名古屋-東京下道アタックしました。
いや〜バイパス全部通れるのはラクですね〜。寒くないし!
でも10時間かかりました。原二だと11時間です。
バイパスで短縮されても一般道ですり抜けできないとバイクと大して変わらないのですね。