想像していなかった景色とやりがい

テーマ:

今回はアクセスの兄貴的存在、榊原さんんのインタビュー記事です!

榊原さんはなぜアクセスに入社したんですか?

大学野球部の先輩が全てのきっかけです。

当時は車屋さんに入ろうとは一つも思っていませんでした。

というのも、実は野球推薦で内定をもらっていた企業があり、その会社に入社を決めていたからです。しかし大事な時期に怪我を患ってしまい、入社を断念せざるを得なくなりました。野球が全てだった自分には野球以外何をすれば良いかわからず、路頭に迷っていたところ、偶然一本の電話が鳴ったんです。その電話の相手は「アクセス」で働く野球部の先輩でした。

当時の状況を話したところ「アクセス」を紹介してくださり、その後社長直々にご挨拶に来て下さったんです。親身になって自分のことを考えてくださる先輩と、社長のお気持ちが素直に嬉しくて、自分もアクセスで働きたいと思うようになりました。

入社してからというものの、やはりわからないことばかりでした。

調子が落ちて「自分には向いていないんじゃないか」と落ち込むことも多々ありましたが、その度に先輩方から温かい言葉をかけていただいたこと、「榊原さん」と自分を頼りに来店しに来て下さるお客様の存在、そういったたくさんの方が支えて下さるからこそ今の自分がいます。

「アクセス」は本当に人に恵まれている会社だと心から思いますね。この会社と出会えて本当に良かったです。

今どんなお仕事を担当していますか?

整備のフロントです。

入社して最初の数年は販売として働いていました。当時は車屋さんでは販売が花形の仕事だと思っていて、正直異動を告げられた時は相当悩みました。

ですが、いざ働いてみるとこの仕事ほど面白い仕事はないと思うようになりました。

というのも、整備のお客様は既存のお客様がほとんど。新規のお客様ももちろん大切ですが、今いるお客様を大事にするということも会社にとってとても大切なことです。そのお客様をしっかりとフォローするのが私たちフロントの役目、まさに会社の核となる存在だと思ってます。

数年来のお客様が多いので販売スタッフよりもお客様との距離が近いですし、販売スタッフにはわからいことでも私たちならわかることがたくさんあるので、お客様から頼りにしていただけることがとても多いです。

ここだけは誰にも負けない!と思うことは?

「お客様の懐に飛び込むスピード」です。

決して安い商品ではない車を扱う我々車屋さんに欠かせないのは信頼関係。

もっと言うとコミュニケーション能力、人間力だと思います。

私のお客様で、販売車輌のクレームからお付き合いが始まった方がいます。

ご来店当初から怒っていらっしゃって、そこにいる誰もが接客をしづらいという雰囲気でした。しかし、私の懐トークがきっかけで私をとても信頼して下さり、

「君がいるからここに来てる、君が言うならそうする。」と最高のお言葉をかけてくださり、今では3年以上も私を頼って来店して下さっています。そして私以外のスタッフにまで「アクセスは今まで行った車屋さんの中でスタッフの対応が一番良いね」と最高のお言葉をかけていただき、素敵な笑顔を見せて下さるようになりました。

信頼関係一つで人や会社のイメージまで変えられる。今後も持ち前のこの懐トークで、多くのお客様から「今まで行った車屋さんの中で一番だ」と言っていただけるよう仕事に打ち込んでいくつもりです!


via アクセス採用サイト
Your own website,
Ameba Ownd
AD