こんにちは!ジムの中山ですニヤリ

 

 

あっという間に11月ですねハッ

冬の訪れを感じます雪だるま

雪に白く染められる前に紅葉のように紅く熱く心を

染めて運動しましょう上矢印

 

 

さて本日は皆さん大好き大胸筋のトレーニングのコツを紹介します!

男性は厚く逞しい胸板&タンクトップが似合う(偏見)男性トイレ

女性はバストアップ&たるみ予防女性トイレ

そんな胸のトレーニングですがたくさん種類があります!

ダイヤオレンジ腕立て伏せ

丸ブルーベンチプレス、ダンベルプレス

ダイヤオレンジチェストプレス(マシン)

丸ブルーダンベルフライ

 

 

まだありますが代表的な種目は上記のものになります!

しっかりやれば胸の筋肉に効く種目ですが

フォームを間違えると腕の筋肉をたくさん使ってしまい

胸のトレーニングをしてるはずなのに全然効いてない・・・

 

 

皆さんはそんな経験ありませんでしょうか??

これから筋トレを始める方や現在してるけど胸に効かないという方

必見ですカメラ

 

 

ブリッジという動きを練習しましょう!

シンプルに言えば腰を反る動きになります

腰を反って胸を張ると肩甲骨が寄った感覚になると思いますチョキ

この“肩甲骨を寄せる(内転)”動きが重要になります星

 

 

肩甲骨を寄せたまま胸を張りお腹に力が入った状態で行えば

胸の収縮と伸張の動きが入り刺激が入ります!

逆に肩甲骨が開いた状態(外転)で行えば効果性が落ちますアセアセ

 

 

そこで今日は胸のトレーニングを行う前のウォーミングアップを2つ紹介します!

1つ目はヒップリフトという動きになりますあしあと

動きとしてはこのように行います↓

 

 

 

 

 

お尻をしっかり締めて腰を浮かし胸を張った状態でキープしましょう!

15秒×3セットで大丈夫です!

こうすることでブリッジの動きをした時もカラダが安定し胸に効かせやすい

状況を作ることが出来ますチョキ

 

 

2つ目はストレッチポールを利用して行います!

ポールに乗った状態で胸を張り天井に両手を伸ばします

腰はポールから少し浮かします

この時あえて肩甲骨を開いた状態で伸ばしましょう

 

 

 

 

そこから肘を伸ばしたまま肩をストンと落とします

落とした時に肩甲骨が寄っているのをしっかり意識しましょう

下でキープしながら行うと意識しやすいですOK

10回×3セット行いましょう!

 

 

 

胸のトレーニングの際は腰を浮かすことを意識してみましょう!

 

 

 

 

こんな感じです完了

 

 

いつもの筋トレの前にこの動きを意識的に行ってみてください!

かっこいいそして美しい大胸筋を手に入れましょうキラキラ

わからなければ中山までグー

読んでくれてありがとうございました!