いまの返済額を抑えたい | 前橋市 住宅購入者の立場で考える住宅購入予算診断FP
2013年02月11日

いまの返済額を抑えたい

テーマ:住宅ローン
おはようございます。

群馬県前橋市の
住宅ローン専門家(住宅ローン専門FP
家族の笑顔大好き

スマイルFP事務所 栗原です!!

みなさん、3連休いかがお過ごしですか?

我が家は、土曜日にお寿司を家族で食べに行きました。
(わたしの誕生日の前祝いということで)
(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*)
 
ということで家族でお寿司を頂きました。
...
ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ
 
回るお寿司もいいですが、
わたしは、なぜか落ち着かないので
たまには、回らないお寿司もいいですね。
 
こどもがゲームの出来るお寿司屋
 と言い始めましたが、
 
m(-_-)m スマヌ
 
回るお寿司にはないサービスもして頂き
こどもも満足して帰りました
ドモ~♪ヽ(^-^ ) (v^ー゚)ヤッタネ!!

日曜日は、秋田の親戚からタラが届いたというこで


義理父母、兄弟姉妹、子どもたちで



「タラ鍋」と焼き肉を頂きました。
※メインのタラ鍋の写真は、食事に夢中で撮れませんでした~



  



大勢で食事をするのっていいですね

さて、本日の本題

現在、10年固定金利で借りていたAさん

10年固定の内、3年経過していました。

<Aさんの悩み>
少しでも、返済額を下げることができないかな~?

返済額を抑える方法には
繰上返済
借換え
などがあげられます。

繰上返済は、
手持資金を住宅ローンの返済にあて返済額を下げる方法
この場合、返済額を抑えることが可能ですが、
反面、
手持ち資金が無くなるということになります。

次に、借換え
いまの金融機関から他の金融機関などへ変更する。
借換えの際に、諸費用(保障料込)が必要となる。
この諸費用は、住宅ローン残高等により異なりますが。
仮に2000万円の場合には、約70万円ほどかかる。

手持ち資金が無くなるという点では、
上記2つの方法はデメリットとなる。

以下のような方法もあります。

今の金融機関に金利を下げてもらう。
この場合、諸費用がグッと抑えることが可能
(数千円~数万円)

Aさんは、
この方法で毎月の返済額を抑えることに成功しました。

 

3年経過していましたが、新たに10年固定で
1.70%から1.45%へ金利変更され
毎月の返済額が
82,925 円から80,338円に変更となりました。

差額
毎月 2,587円 
年間 31,044円 

10年間 310,440円

今回、当事務所が金利交渉をしましたので
金利交渉分として93,132円(30%)が手数料となります。

まずは、相談ご利用ください。

住宅ローン専門
スマイルFP事務所合同会社
ファイナンシャルプランナー
家族の笑顔大好き
栗原昭博
090-2640-0885



 

 

前橋の住宅ローン専門家 スマイルFP事務所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス