日日是好日

毎日を、「いい日」にしたい。


テーマ:
自分の「これから」を考えて選んだ日々の中にうずもれて

慣れないことと人に少しずつ慣れ、形になってきたような今日このごろ。

生きていくということ

というか

自分で自分を養うということは

大変なことだなと思う。

どんな仕事をしていても、やっぱりそれは立派なことだな。


装苑がでてた。

コレクション特集だった。

飛びつくように買ってただろうその雑誌をそっと戻して

「天然生活」を買った。

くらしと物づくりの雑誌。

わたしのちっぽけな一年間が、そのまま現れてるみたいだなと思った。

コレクションのモデルや作品じゃなくて、普通の生活の中の美しいもの。

用の美を尊ぶ民芸運動に感銘を受けてしまったわたしの行き着いた先。


アトリエに行ってなくても、編み物はしています。

少しずつ少しずつ。

早く作ろうとはせずに、憑かれたようにゆっくり編んでいます。

形の不揃いな花。

そのときの手加減で微妙に変わる。

誰のためというわけではなく

厳密には自分の物欲のためでもなく

編むこと自体が目的みたいだ。

楽しい。

この楽しいという気持ちを一生持っていたい。

これはちっぽけなわたしの宝物。


話変わる。

司馬遼太郎さんの作品を読み続けていて、いい言葉に出会った。

作家と一般の読者の違いは指先にのったわずかな塩があるかないか、それだけだ

司馬さんらしく、当たり前の言葉をつないだ妙味あふれる表現。

塩、かぁ。

司馬遼太郎というペンネームは、昔の作家の司馬に「遼」かに及ばないとつけたんだそうです。

やっぱり本物は腰が低い。

ますます好きになりました。


明日仕事が終われば祖母の家に行く。

小さいころは楽しみで仕方なかった。

おじいちゃんとおばあちゃん。

たこあげ、お年玉、おせち、お雑煮。

いつの間にか大人になり、祖父は他界、祖母は老いた。

少し、気が重い。

老いという現実を目の当たりにするのがわかっているから。

祖母に孝行するつもりで、祖母のために帰る。

自分の楽しみのために帰り、なんでもしてもらっていた小さいころ。

いつの間にこんな遠くまで来たんだろうなぁ。

大人という現実にいまいちついていけないな。


うん でも

がんばる。

がんばるんだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いまごろラーメンズは下北にいるのだな。。

Twinkle Nightというイベントをやってる。

横目で見ながら素通りするかんじでチケット取らなかったけど、よかったのかどうか。
まあいいか。

でも、けっこうなじみのあるあの街で、あの場所で、ラーメンズと仲間たちがはしゃいでると思うとなんだか・・!

次号の「演劇ぶっく」の表紙が小林賢太郎だという話。

わーお。賢太郎わーお。

立ち読みしよっ。


異文化の人々を案内するのが仕事のわたしは今日も異文化コミュニケーション。

英語を少しずつ思い出す。
頭の中である程度組み立ててから言えるように、リハビリ中です。

でもほんと、人は文化につくられるんだなと思う。

個人差はもちろんあるけど、やっぱりお国柄というのはたしかにある。

表情さえ、ちがったりする。

おもしろい。

だって、わたしはアメリカにうまれていたらアメリカ人だったわけで
中国なら中国人。

江戸時代だったらどんなかっこうをしてどんなことを考えていたんだろう。

時代や文化の色に、わたしたちは染まっている。

人間が文化をつくってるのか、文化が人間をつくってるのか
わからなくなります。

その「変なかんじ」が案外好きで、考えつづけてみたりする。


司馬遼太郎さんの本を、読みふけっています。

彼の描く沖田総司という人は、知れば知るほど不思議な人で
新撰組の中で、わたしはいちばん会ってみたいと思う。

透き通るような心を持った人、だったそうです。

病気をして25歳で亡くなった天才剣士。

生死のことにわずらわされる心を置き忘れたまま大きくなったような、変わった人だったらしい。

人が「透明」であることに、はっとしてしまう。
難しいこと、希有なことだからこそ、そういう人に出会うとはっとする。

無条件に反応してしまいます。

本の中で出会いました。

彼の持っていた刀は、名刀中の名刀で
今、東京の神社にあるはずだと書かれていました。

沖田さんは死んじゃった。
でも、刀は生き続ける。

いつか、見てみたい。

でも本当に、自分と同じ年くらいの男の子が人を斬っていたと思うと
「時代」の重さを感じます。

だって今同じことしたらつまかるもの。

時代がそれを許す。時代がそれを許さない。

時代って一体なんなんだろう。


今日仕事場にお飾りが設置されました。

一年が、おわる。
いや、はじまるのかな。

大きな波の中で、ちっぽけなわたしは来年も、神社に行って手を合わせる。

平成という時代の中の、一こま。

さー ねよー。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
疲れたーああ

明日も仕事だあーあ

早く全部覚えてしまいたい。

ミスなんか絶対しないくらい完璧に。

覚えることが本当に山のようにあり、頭がくらくらする。

急きょひとりでポジションにつくことになり、心の準備もないままにどうにか終わった1日。。

放心するような疲れ方をしました。


仕方ない。

初めの3ヶ月はこんなもんだ。

どこでもなんでも同じこと。


2月には、小林賢太郎×ファンタスティックプラスチックマシーン、「SymmetryS」のCD

3月にはKKPのDVD

今月末には「TEXT」再放送

目白押し

だっ。

働きますとも。

仕事見つからなくて悶々としてた頃よりいいし。


一難去ってまた一難。

人生はどうやらそんな風にできてるらしい。

一難と一難の隙間、ほんの一瞬の喜びや安堵が私たちを生かし続ける。

触れた瞬間に消えてしまうから、いつかつかまえたいと願って手を伸ばし続ける。

そんなかんじかなぁ。


明日行けば2日休み。

がんばれ自分。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は初めて、職場の人たちと飲みに行きました。

しばらく職場というものに恵まれず、ひどい話もたくさんきいてきて

だから、こんな風に社員さんもバイトも混ぜこぜで楽しく飲むというのがただありがたいと思いました。

わたしを面接して採ってくれた社員さんはしきりと心配してくれ、がんばってほしいんだと最後に言ってくれました。


都会の一角、ひとつのビル。

たくさんの人が国内外から来て、去っていく。

それだけの場所。

たかがホテル、されどホテル。


いろんなバックグラウンドと事情を持つ人たちが集まって、この場所を支えてる。

正直、格で言えば二流か三流。

高級ホテルにはかなわない。

けどみんな日々ここを支えるためにやって来る。

学校の側のこのホテルで、こんな風にたくさんの努力が払われているとは知りませんでした。


人がいい、ということが本当に大切なんだと知ったのは、最近のことです。

わたしにとっては、かな。

好きなことを朝から晩まで死に物狂いでやるのが「いい」と思っていたけど。

不向きなビジネスを志したのと同じくらい、自分をわかっていなかった。

わたしは笑顔が好きで

ありがとうがあふれる場所が好きで

殺伐とした場所にいるとその乾いた空気で心に風邪を引くような人間で

良くも悪くも敏感すぎる。


バイトの仕事の大変な部分を認めて、それに感謝してくれて

なんとかしようとしてくれるこの場所は

わたしにとって、いやすい場所です。


わたしは優しさを吸い込んで呼吸する。

そういう人間、なんだな。


司馬遼太郎著「燃えよ剣」読み終わってしまいました。

土方歳三の鮮烈な生き様がそのまま読後感になりました。

本を読むとき、わたしはたしかにその世界に生きている。

だから登場人物には半分出会った気がしてしまって、その人が死ぬ場面はなかなか読めない。

胸がずきずきします。

新撰組は脳が筋肉みたいに思っていたのをちょっと後ろめたく思います。


逃げも隠れもせず、常に正々堂々と向き合った土方歳三。

新撰組は事実上解散し、旧幕府の一軍隊になっていて、彼は奉行という肩書きを与えられていました。

だけど最後の最後、単身敵軍に斬り込むとき

「新撰組副長土方歳三」と名乗った彼の悲痛なまっすぐさは

論の正邪を超えている。

死ぬべきでない人なのに死ぬ以外にない。

やりきれない気持ちで本を閉じました。

いい本だった。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新撰組というのは、人を斬ることだけを考えて日夜人殺しに励んだ異様な集団だと思ってました。

平成から見れば幕末はひとつの時代の末期で

幕府を倒して日本をつくろうとした人たちに先見の明があったと思えるし

幕府温存派はなんとなく保守的なイメージで

保守的かつ攻撃的な新撰組はあまりよさそうに思えなかった。


でも新撰組の本を読み、近藤勇、土方歳三、沖田総司のことを知り

勘違いしてたところがあったと知りました。

彼らには確かに学問はなく、古色蒼然とした封建制度をただ信じていたけど

自分のやってることに命を賭けていた。

誰かと立ち合うとき、一流の維新派たちと同じようにいつも死を頭に浮かべていた。

自分の信条に全てを捧げるという意味では、彼らはまったく同じだったんだな。


楽天家の近藤、無口な喧嘩師土方、天真爛漫な沖田。

ひとつひとつ代えがきかない個性だった。

まだ途中だけど、結末は悲しいと知っているから読み終えるのがつらい。

というくらい感情移入してしまっています。

「賊軍」といわれるのを恐れて投降した近藤

自分の信じることをやりきるために最期まで進む土方

二人のかたわらでいつも笑っていた沖田

三者三様の人生を、きちんと生きた。


革命か現状維持か、どっちがいいかというのは多分に主観的で結果論だったりする。

どっちが正しかったのか、どっちが善だったのか、断言はできないような気がしてきた。


どんな人にもふるさとがあり、思い出があって

仲間があり愛する人があり

全身全霊をかけて憎むべき人はひとりもいないのかもしれない。

海援隊も新撰組も、まっすぐだったという点では同じだし

今はみんな地下で眠る。


続きを読みたいけど読みたくないなぁ。

いい本はいつもそうだ。

読みたいけど読みたくない。

一ページずつ減っていくのが寂しい。

せっかく出会った人と離れるような気持ちになります。


複雑。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
日曜日の夜は電車がすいてる。

一週間を乗り切るためにみんな早く帰ったんだな。

接客業には曜日の感覚があまりなく、明日が休みのわたしは今日が週末。

疲れがたまったせいか風邪をひき、薬でもうろうとした頭で仕事をするのはけっこう辛く

弱った体は心のバランスを崩して

がさがさしてしまったここ二日。

心と体はひとつだと言う東洋医学の説得力をまた知りました。

気を使ってきたけど、疲れと知らぬ間に積もったストレスにやられた。。


ホテルで働き始めて1ヶ月。

覚えることの量は膨大です。

でもやっぱり、物を売る仕事よりずっと向いてる。

教えてあげるのが仕事というのが自分にはいちばんあってる気がする。

それが夢ではなかった分、距離をおくこともできる気がします。

服やものづくりに対しては思い入れが強すぎる。

それだけに理想化してしまうし、現実とのギャップをうまく埋められないのです。

そんな不器用じゃだめだ。


天職と適職は違う。

ただそれだけの、本当にそれだけのことです。

飲み下すのに時間がかかった。

自分嫌いの自分と話し続けたこの一年でした。


好き嫌い
いい悪い
向き不向き

全部、ちがうもの。

好きなことに向いてたら最高だけど

好きでも向いてないかもしれない。

向いてないから悪いわけじゃない。

やっとわかってきました。


ささやかに生きて、ささやかに死んでいく。

突き詰めればみんなそうじゃないかって気がする。

ありがとうと言われればうれしくて

おなかすいたら何か食べたくて

眠るのがうれしくて

大統領も、芸能人も、普通の人も。

長生きした人も早死にした人も。

同じようなことに幸せを感じて、小さいことに一喜一憂して

笑ったり泣いたり忙しくて

そういうことなんじゃないかと思います。


わたしにとってコレクションブランドは特別だったけど

裏側から見れば、完全に普通の社会の一部でした。

デザイナーもわたしと同じ生身の人間で

ごはんがおいしいとか今日はいい天気だとかいう日常を持っていました。

きっと全ての人生はささやかなんじゃないかなぁ。

小さくつつましく、自然を頂いて生きている。

宇宙から見ればきっとそんな風。


はぁ それにしても寒い。

大統領も芸能人もデザイナーも、きっとみんな凍えてる。

北半球は冷え冷えだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ターミナルという映画を(今さら)観ました。

予想より何ミリリットルか多く涙がでました。

待ち続ける異国の人。

冷たいターミナルで出会うあたたかい人たち。

明かされる理由。


いちいち涙でした。

経験が増えれば増えるほど、誰かの気持ちがわかる。

思い出し、想像し、共感して涙がでるんだと思う。

映画の舞台であるニューヨークの空港は実際はもっとぼろっちい。

だけどあの空港に降り立ったときの張り詰めた気持ちを思い出しました。

公衆電話で日本に急いで電話したら壊れてて、そんなことあり得るのかと一発目のカルチャーショック。


涙腺は年々ゆるむ。

垂れ流しです。


近頃、死んだ祖父の遺した文章を読んでいます。

自伝的な文章。

へたくそだと自嘲する文章には句読点が少なく確かに読みにくいけど

そこにある人生の重さは確実に伝わってくる。

戦時中満州に渡った彼は、生きるか死ぬかの日々を送り

命からがら、体一つで引き揚げてきた。


目の前で小さな女の子が撃たれたのに

敗戦国に属する日本人は現場にいるだけで逮捕されることが当たり前だった当時

祖父は背を向けて、怪しまれないように早足で立ち去った。

なんて悲しい話なんだろうと心がねじれました。

女の子も祖父も悪くない。

それなのに、その光景はからからに乾いている。

一体誰が悪いのか
悪とは
正義とは

余りにも悲しいから書けないことがたくさんあるそうです。

今のわたしより年下だった祖父が生きた現実。

就職はどうしようとか、嫌なお客さんが来たとか

そんなことは若い彼の前では多分言えない。

安全に生きること、ごはんが満足に食べられること

彼が激しく望んだ諸々を私たちは手に余るほど持っている。

穏やかでウィットに富んでいたおじいちゃんが

こんなに厳しい現実を生きていたのかと

初めて彼に触れた気がしました。


何かが違っていたら祖父は戦死していたかもしれない。

そしたら私はいない。

不思議だな。。

今ここに確実に存在する私と私の意識

一体なんなんだ。


縁っていう一言は、人生とか自然とか宇宙とかと同じ意味かもしれない。

それくらい広く深いです。


禅で「父母未生以前の面目」という言葉があります。

父母が生まれる前の自分は何者か

という途方もない問いです。

そんな感覚に似てるなぁ。


とにかく、「今ここ」で幸せを感じなきゃ。

あふれるほどあるはずなんだ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いろんな人がいる。

接客業なら、理解できない人と接することは避けて通れない。

1日に千人近く出入りするホテルでも全く同じ。

特に海外からの宿泊客が多いから余計いろんな人が来る。


何かに憧れて、つるつるした表面をなでまわしてうっとりして

全ての始まりはその夢の感触で

掘り下げていったときに、ざらざらやぬめぬめ

生々しい生の感触を知る。


どんな仕事でもそうなのかもしれない。

ファッション業界というのは、つるつるにプラスきらきらで

まぶしいなぁと半目になってて

近づいてよく見たら同じようでした。

スタイリスト、デザイナー。

華々しい部分は仕事の外側にあることを知った。


変な手触り、こんなはずじゃなかった

その戸惑いを抜けたところに、何か新しい世界が開けてるんだろうな。


今月の装苑はニューカマー特集。

手触りのいい言葉の陰で、きっといろいろなことと折り合いをつけてきたんだろうなぁと想像する。


どのフィールドを選んでもある程度は同じこと。

おいしいごはん
誰かの笑顔
あたたかさ 涼しさ
ぬくもり

当たり前の小さな幸せを幸せとして生きている。

譲れないものひとつだけ持って

いろいろな感触を覚えながら

小さい日々を生きていくのだ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝からバイト、夜学校でその後飲み。

ぎゅぎゅっと凝縮された1日でした。


友達とはちがう、仲間というもの。

友達にはないよさが、あるんだな。

個人的に遊ぶことはほとんどない。

下手したら携帯も知らない。

それでも会えば楽しくて、いつもいいお酒が飲める。

そんな「仲間」。


ひとりが誕生日。

わざとらしい演技でサプライズはサプライズじゃなくなっていたけど

少し回らない頭でぼんやりとみんなの笑顔を見回し

ひとりにやけた。


よかったなと思った。

この学校に入って。
みんなに出会って。
ここにいて。


服で生きていくことはなくても

ものを作るのが好きなのは変わらない。
学んだことは消えない。
今日のみんなの笑顔も幻じゃない。


服を作るのが好きなんて人が

プレゼントにバッグ作っちゃうような人が

こんなにいるって知らなかったよ。


それを知れて
いろんなこと共有できて

わたしは幸せでした。


かけがえのないものはどんどん増えていく。

見たくないものも見なくちゃいけない日々の中

かけがえのない仲間たちは

絶対的な意味みたいなものをはっきり見せてくれます。


みんな幸せでなぁ

酔っぱらうといつも思う。

幸せでなぁ。

わたしもわたしの幸せと向き合わないといけないな。


安いお酒だけど十分だ。

誰にとはなく言いたい気分。

ありがとう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。