日日是好日

毎日を、「いい日」にしたい。


テーマ:
グレーディングを教えてもらった。

服のサイズ展開のためのパターンの縮小や拡大。

キャドなんかない小さなブランドだからすべて手作業。

トレースして、切って貼る。それを繰り返す。


それひとつ取っても知識と経験がないとできない。

ラインの修正なんか相当微妙です。まだできない。

曲線をカッターで切ること自体神経を使う。

一ミリでもずれたらよくない。

一ミリ二ミリの作業をしてると一センチとか五ミリが大きく見えてくる。

0.5ミリが気になりだす。

すごい世界だわ。。


衿ぐりのラインは、数字じゃなくてかたちで覚えた方がいい、と言われた。

すごすぎる。

アトリエに行きだしてから人の体の構造を知らなきゃだめだと痛感した。

服は体を包む布。

骨の位置で線の描き方が変わる。

知らなきゃいけないことが山ほどあるなぁ。


時間が少しあった今日は、久しぶりに買うための服を見に行ったけど

ほしいのがない。

ほしいのは手が届かない。

それがどんどんひどくなってる。。

装苑やアトリエで見てる服が自分の基準になってしまった。

スカートが何万もするような世界。

身分不相応です。。


手伝っているブランドと仲良しのブランドがコレクションデビューを決めた。

びっくりです。

すごすぎる。

取り巻いている環境のクリエイションのレベルが高いんだなと改めて実感。


今まで自分の目では見たことがない世界。

表と裏が見える距離。


ものづくりの現場にいるということは今のわたしにとってすごく大事な気がする。

量産体制の会社ではなく、きちんと「つくっている」場所。

服をつくることの奥の深さ
難しさ
大変さ
おもしろさ
ものづくりを商売にするということ
派手さ
地味さ

いろんなことを思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
図書館というオアシスにてまたいい本を発見。

「ごみ箱」。

深澤直人? という売れっ子らしいプロダクトデザイナーの本です。

薄い本。
すべてのページにごみ箱の写真。

新しいごみ箱のかたちを模索したワークショップの結果出たアイディアをまとめた本。


ごみ箱というなんの変哲もない日用品。

日常生活の中で与えられてしまった既成概念を取り払う。

固い素材じゃなくてもよくない?

まるくなくてもよくない?

そもそもごみ箱の定義ってなんなの?


という具合(なんじゃないかな)。

デザインというのはおもしろい。

新しい視点を与えて暮らしを少し彩る。

ほんのすこし視点をシフトさせる。

ほんのすこしだけど、誰も見たことがない方角へ。

「おぉ それもありかぁ」と思わせるものを見るのは楽しい。

普段なじみのあるものだと余計おもしろい。

だからプロダクトデザインというものに惹かれます。


またマニア発言だけど

賢太郎さんを思い出します。

コントの定義を作り替える。というよりむしろ、はじめから定義なんかなかったことに気づかせる。

固定観念を取っ払ってからしかうまれない笑いがある。

いわゆる「芸」を見て起こる笑いとは質がちがう。

そんなのもありだったんだ、っていう

新しい視点からコントをみることの楽しさが作り出す笑い。


ある領域のプロダクトデザインと同じ気がします。


それから日比野克彦さんの本。

有名なアーティストなのね。

恥ずかしながら今日図書館で出会いました。

「1人万博」というのをやったときの記録写真。

準備、開催、撤収の様子をただ記録した写真が時系列に並んだ本。

それだけなのにね、がつんと来た。

正直涙ぐんだ。


たくさんの人とつくりあげたらしいそのイベントは

長い開催期間を持って学校みたいなところで開かれた。


若い人の笑顔。
おばあちゃんの笑顔。
きれいな夕焼け。
夜ごはん。
ダンボールの壁。
朝顔の壁。


「生きて」たんです。ひとつひとつの場面が。

彼らが来るまではきっと凍り付いていた時間が、空間が、はっきりと呼吸している。


アートの可能性のことを思った。

様々な方向にその可能性は伸びていて

語り尽くせないほどだけど

彼のアートは人を笑顔にした。

アートって楽しいものです。

ものづくりってそういうものです。

そうはっきりと言われた気がした。


それがなんかうれしくて。

泣きそうになった。


ハイファッションはなぜか奇抜さを志向する。

だけどわたしは笑顔が見たい。

笑顔が見たいな…。

安らぎ 和み 穏やかさ

わたしがほしいのは
誰かに与えたいのは

そういうものだ。

そのことにはっきりと気づきはじめました。


それがどんなかたちなのか ちゃんと考えなきゃいけない。

ゆっくりでいいから、しっかりと。


服づくりとの関わりは始まったばかりだ。


それにしても図書館最高。

毎日のように通っては人やものと出会っています。

本だいすき。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ジャケット難航。

必死に考えてやったのに間違えてて

しかもシルエットがおかしすぎ…。

これ野暮ったいよ!と先生にはっきり言われる始末。。

わかってるんです。。

わかってるんだよぅ。。


一朝一夕にはいかないんだ。

当たり前だけど、趣味のレベルを越え始めたところで実感として感じています。

改めて世のパタンナーのすごさが身にしみる。

思い通りにならないのなんのって。

複雑になってきたから、パターンから完成したところをうまく想像できない。

もどかしさが募る。。

みんなこういうところを乗り越えてるんだな。

服の道は果てしなく長い。


でもやるしかないし。

ちゃんとつくりたいし。

うん やるしかない。


知り合いがもうすぐ国外に旅に出る。

同じように服が好きで 好きだから仕事にできないと言った人。

まだ着地せずに空中で飛び回っている人。


なんとなくうれしい。

いい大人になってくれそうな予感がしていて、前途が楽しみ。

日本の外にしかないもの。
日本の中にしかないもの。

たくさん感じて帰ってくるんだろうなぁ。

そしてきっとわたしも海外に行きたくなっちゃうんだろうなぁ。


冗談ぽく、負けないからね、と言われたことがあった。

わたしも負けないからね。


頭の回転遅いし
おっちょこちょいだし

だけど

これだって決めたら離さない。

呆れられるまでやってみればいい。


本当はなんかすごい不安。

でもやっぱり

やるしかないし。


自分を自分のままでよしとする、というのがずっと苦手で

今でも難しいんだけど

まずはそこからだ。


皆川さんのようにわたしも十年後を見たい。

十年後、できるようになっていたい。

結果は出すものじゃなくついてくるものなんだよ。自分よ。


がんばるんだ。

覚えてろジャケットめ。

負けないぞー。ちくしょー。

うきゃー!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
どこか近くの家の軒先から風鈴の音がする。

今日は暑くて窓をあけっぱなしにしながら服をつくっていたから
なんとなく、澄んだ音がずっときこえていて

とてもいいかんじ。

風鈴の音って、きれいなんだな。

りん りん

透明な音。

もうすぐ夏が来ることを教えてくれた、小さい音色。


ゆっくり起きて母とホットケーキを焼いて食べた。

やさしい味。

ちょっとした幸せ。


ずっとミシンと手縫いをしていたからまぶたが重たい。

明日から、またまっさらな7日間。
楽しみに、してやらなくては。

「日日是好日」なんだから。

晴れの日も、曇りの日も、雨の日も。

楽しめるような心を持てるようになりたいなあ。


今日は小さい男の子がテレビにでていて

「雨のち元気」だと言っていて

涙がでました。
涙もろいです。


美しいものとか、純粋なものとか
そういうものに出会うと涙がでそうになる。

それは年々ひどくなっています。

年を重ねると、どうしてもきれいじゃないものを見ることが増える。
理解できないこと。見たくない場面。

だから、なんだと思う。

「きれいな」ものに対する感受性がどんどん鋭くなる。


このあいだのお酒の席に、卒業していった仲間たちがきてくれた。

今は「ただ生きてるだけ」と笑った、大好きな友だちは

仲間のバースデイを祝ってみんなでハッピーバースデイを歌っている場面で
ちょっと涙ぐんでいた。

泣いてるのおー?とからかったけど
その気持ちは、わかるんだな。

こういうことは、当たり前じゃない。

損得勘定なしで、誰かのためにみんなでそういうことをする

それは、全然当たり前じゃない。

だからこそ、すごく大事なものだなと、思います。

当たり前にかける声
ふつうに与え合う思いやり

それが意外に少ないんだ、ということを知り始めてからしばらく経つ。

ぬくぬくと平和な場所で暮らしてきたから、ちょっとショックでした。
今もショックかもしれない。


友だちは、大切ですね。

というか、損得勘定なしのつきあいというものが全部大切だという気がします。

利害関係がなければ「社会」は成り立たないけれど

そこには「人」がいない。

甲と、乙。
それは人じゃない。

きみじゃなくちゃだめなんだ。
そう言ってもらえないと、人はさみしいから。わたしはさみしいから。

きみと、ぼく。の関係をいちばん大事にしたいと思う。

なんにもなくなったときに、残るもの。それがきっと一番大事。


ここは静かだな。

聞こえるのは、遠くの電車と、風鈴の音。

あとは風です。

落ち着きまくりです。

わたしはやっぱり都会では暮らせないのかもしれない。。
マンハッタンも、息苦しくて暮らし続けることはできないと思った。

うーん 不安。
一人暮らしできるのか わたし。

つくづく、人間が素朴すぎる。

都会的な刺激とか、変化に富んだ生活とか、そういうものが体に合わない。
世の中のペースに合ってないんだよな。。

もっと、植物に近いペースで暮らしたいな。。


ほんとに、きれいだな
風鈴。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
はるばると「個展」というやつに行く。

グラフィックのようなアートのような不思議な世界。

「ダークなアート」の一部に入るようなシリアスな作品。

世界にも人間にもダークな一面はあるからそれを表現するのは当然なんだけど

わたしは穏やかなものとか、優しいものの方が好きだなぁと改めて思った。


どういう感想を持っても、感性を使ってつくられたものを見るのには意味がある。

これいいな、だけじゃなく

これはちょっとやだな、でも

わたしならこうする、でも

自分の感じ方を知ることができるから。

知らなければ生かすこともできない。


それにしてもオープニングパーティーというやつは社交場なんだな。

アーティストに求められるのは画力やセンスだけじゃなく、人との関わりも必要なんだな。

それはどんなことにも言えることだけど。

どんなに華々しい仕事でも、必要なことはけっこう当たり前のことなのかも。

それにどれだけプラスアルファを追加できるか。違いはそこだけかも。


アートという100%パーソナルな部分を引っ張りだしてきたものを、他人にとって価値のあるものにする。

相反する側面。

ジレンマがありそうだな…。


ファッションやデザインよりも、その折り合いのつけかたが難しそう。

彼らは軽々とその溝を飛び越えて、活躍の場を広げているそうです。

やっぱり天才?

アートってよくわかんないなと思ったわたしはやっぱり凡才。


わたしは自己表現より「用の美」の方が性に合ってる。

誰かの役に立つもの。

暮らしのそばに寄り添うもの。

作家より職人が気になるというか。


でもおもしろかったです。

知らない世界を覗くのはおもしろい。

アートビジネスって謎の世界だ。


そして人とのつながりは大事。

ショーでフィッターやってなかったら全く知らなかった世界。

コネをつくる、っていうのは好きじゃない。

アンテナを外に向けて、知りたいこといっぱい抱えて過ごしていれば、自ずと人と関わる。

そうやって人とのつながりができていくといいなと思います。


もう今日も夜になったのね。

今日はゆっくりしよう。ラーメンズビデオまたみちゃおっかなぁ。

ラーメンズは何度みてもいい、というのが特徴。

そして台詞を覚える。生活の中で思い出し笑いをこらえる。

そうやってマニアになるのです。。

明日は服をつくろう。

いい週末を。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
大人に「大人だね」なんて言うのは失礼かもしれないけど

大人だなぁと、思った。


友達と一緒にビレッジに行って、いつも気になる「大人の科学」を発見。

ふろくはピンホールカメラ。

うわぁ いいねぇ

と大はしゃぎしていたら

「じゃあ買ってあげるよ」とさらり。

そそそそういう意味じゃないよ! と狼狽しているうちに買ってくれました。

誕生日プレゼント買ってなかったからさ、だって。

誕生日は2ヶ月も前。

プレゼントもらいたいなんて思いもしなかったのに。

稼いでるからさ、なんて言っちゃって。

確かに高給取りだけどね。。

男の子だったらもう完全に惚れる。

そんな男前な女友達。

さりげない気配りをさらっとできる友達。

大人。

恋愛にも仕事にも依らず自分であることだけでまっすぐ立っていられる友達。

こだわりも虚栄心もないから、絶対卑屈になったりしない。

大人!

見習いたい。


もうひとりの大人は、手伝っているブランドのデザイナーさん。

いよいよプレスに露出開始です。

いくつかの雑誌と業界新聞。

すごいよ まじで。

営業さん曰く「キャッチーな」ブランドだからかも。

わたしはすごいところにいるのではあるまいか。


飾らず気取らず偉ぶらず。

こちらもすごくさらっとしています。

焦っていても疲れていても人に当たらない。

心の余裕をきちっと保つ。

そうすると固く決めているみたいに。

できそうでできないこと。

わたしなんか下っ端も下っ端なんだからいくらでも邪険に扱えるはずなんです。

チーム全体がそういう空気。

すごいと思う。


今日もひたすら線を引いていたら、「うまくなったねー」とお褒めの言葉。

前にいた「アトリエ」では誰も何も褒めなかった。

けなしあいとあら探し。

ばさばさしてた 空気が。


線を引けるというのは基本の基本で、どうしようもないくらいの基礎なんだけど

普通にうれしかったです。


ブランドとしてはこれからが正念場なのかもしれない。

存続ほど難しいことはないらしい。

でも彼女のような「大人」がアパレルをひっぱっていってくれたらどんなにいいか。

大人のふりした子供にはもううんざりだ。


今週末はアートディレクターの個展があります。

なんか天才らしいよ。
カリスマらしい。

天才はいいなぁ。


でも凡才には凡才の生き方がある。

ゆっくり少しずつ。だけど着実に。

凡才は歩きます。

まわりの「大人」を尊敬しつつ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
給料日まであと三日…。

大勢でお酒を飲むまであと三日…。


厳しいなーっ。

お金とひきかえにアトリエに行っているようなもの。

でもお金でははかれない価値がある気がする。

アパレルの光と闇。
幻惑とリアル。

直接感じます。


何がよくて何が悪いか。
何をすべきなのか。

人によって答えはちがう。

わたしはどう思うのか。
どうしたいのか。


自問自答の日々。

これからどうしよー!って笑って言うけどさ。

ほんとは真顔で考えています。

服と自分。

一体どんな関係なのかって。

好きなのはわかりきってる。考えるべきはその先。


根をつめて眉間にしわがよりそうなその問いの隙間

友達がいる。

いつも夕方学校に着くと、ほっとして眠くなる。

損得から解放された場所。

服が好き、という気持ちが尊重される場所。

ひとりひとりに同じ価値があるという当たり前のことを受け入れている場所。


固くなった頭と心をほぐして、まぁいいか、と自分の生真面目な部分とちょっと距離を取れます。


なんだかこうして気持ちを書き言葉にしてしまうのは

自分の心のバランスを取るためっていうのもあって

自分に言い聞かす言葉だったりもして

でもそんなひとりよがりな言葉の連なりを読んで、涙がでた

という人がいて

ありがとうと言われて

ちょっと人の役にたったんだなぁと思ってうれしくなり

こっちが感謝した。


わたしはやっぱり言葉にとりつかれている。

読みたいし書きたい。

もっと気持ちを直接表せる言葉を知りたいなぁ。


同じように、わたし以上に、言葉にとりつかれたコント屋さんの作品鑑賞会は明日。

明日は笑います。

これからどうなるんだろーって言いながら笑います。

生真面目はひとやすみです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ハナレグミの「日々のあわ」というアルバムを借りました。


この人はなんなんだ。

深いんだよなぁ。

声が。言葉が。

なにかすごい体験をしてきてるんじゃないかと思える。

紆余曲折を経た人の、やさしいまるい声。

類い希なる才能ですね。

バイト中もずっとハナレグミです。

お客さんも穏やかな気持ちになれるんじゃないかと期待。


今日はジャケットの袖つけの授業。

む 難しい…。

アイロンを使ってくせとりをするんだけど、それだけでもすぐにはできないらしい。

なにそれ!

アイロン手ごわい。。


先生のつけた袖は、仮縫い用の布とは思えないほど、ピンでしか止めてないなんて信じられないほど、きれいについた。

やっぱりすごい。

すごい難しいけど、難しいからおもしろいんじゃない?

と言った先生をちょっと尊敬。

実力がある人が言うと説得力があるなぁ。

わたしも半分はそう思う。

アトリエで線をひきまくったら、自分の作図が少ししやすくなった。

いい線がどういうのか少しだけわかってきた。

難しい。

だからできるようになるとうれしい。


あとの半分は不安といらだち。

できるようになるのかなぁ?

もうこんなのできないよぅ。


いつか一人前になって、難しいからいいのよ、と心から言ってみたい。


そろそろショーの服も作図しなければ。

パターンは引かないと引けるようにならないから。

稚拙な自分を見放さずにやらなくちゃ。


最近バイト先でちょっと知り合いが増えてきておもしろい。

バイト自体はわたしのみだけど

近所の定食屋さんのおじいちゃんやパン屋さん。

常連のお客さん。

ちょっとした挨拶や話をするようになってきました。

おもしろいなぁ。

ちょっと下町っぽいというか、都会の外れなのでスピードがゆっくりでちょうどいい。

店員さんへの「ありがとう」が失われていないくらい。


人との縁はやっぱり不思議。

たまにくるお兄さん。

なんかぴんときた。

だからってなーんもないけど。

なんとなく、話が合いそうな気がした。

縁も、体も心も、人生も。

全部もらいもの。
ほんとはなかったもの。

生きてるだけでもうけもん、ですね。

気合いいれて楽しめばいいさ。

全部プラスアルファなんだから。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日ももう夜になってしまったのかー。

このスピードは一体なんなんだろう。


「TEXT」ばっちりみました。

偏頭痛もどっか行った。

はじまる30分前くらいからそわそわして
15分まえにはもうテレビの前で

はじまってからはもう微動だにせず(うそだけど)。

あの感動がほんとに蘇りました。

そうそう これこれー!
この動き! このせりふ!!

とひとりで大はしゃぎ。

うれしかったなあー。ほんとに。

幕間まで収録されててもうね、デラックス。
幕間にもちょっとした小ネタがあったりするんです。それが好きなんです。

最新作が最高傑作になるようにしたい、って賢太郎さんはどっかで言ってた気がするんだけど
まさにそれです。

水準の高さがはんぱじゃない。

仁さんの演技力もどんどんあがっている気がするし。ちょっと偉そうだけど。

愛すべきコント屋さん。大好きだーっ。

活字が大好きなわたしはやっぱり言葉も大好き。

けんたろうさんの頭の中を通過してきた「TEXT」たちは洗練されていて、計算しつくされていて、きれいに並んでいて

ほれぼれしました。

コント、ときいて連想されるものはもう遥かに超えた。
もうそろそろ宇宙圏に入ります。

ちゃんとついていかなくちゃ。


でもこの大イベントがおわっちゃってショックだなあとちょっと燃え尽き症候群になりかけていました。

そこに入ってきた新たなニュース。

水曜どうでしょう最新作テレ朝で放送決定。

きゃーー。
やばい。

どうでしょうがみれるー!

最新作が地元の局でなかなか放送されなくてしょんぼりしていたので
これは朗報です。

テレ朝ならみれる!
大泉さんとミスターと藤村Dとうれしーに会える!(うそだけど)

賢太郎さんもどうでしょう好きらしくてちょっとうれしい。

ラーメンズとどうでしょう、全然ちがうけど全然ちがったよさがある。

またビデオ買わなくちゃ!
きゃっきゃ きゃっきゃ。


今日はおじいちゃんが来ています。

おじいちゃんは本当に腰が低くてびっくりするほど。

本当に偉い人は偉ぶらないし
本当にすごい人は自慢なんかしない

よなあー、と思います。

欲がない、っていうのがいちばん幸せなんだろうな。
向上心がないという意味ではなくて。

今に満足できるっていうか。今があるだけでありがたいんです、って言えるっていうか。

そういう風に、なりたいな。


あーもうこんな時間。

ねなくっちゃ!
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
偏頭痛 こんな日に。

あと少しでラーメンズ放送始まるのに!

くやしいなぁ。


今日はちょっと疲れた。

土日に課題を進めたくて、すごい早さで作業してしまった。

でもやっぱり焦るといいことないなぁ。

先生の点検も授業終了後に駆け足でやってもらってしまった。

もっと自分で吟味する時間が必要だったと反省。

ちょっとへこんだ。
先生にも残ってもらってしまったし。悪いことをした。

鏡に映った自分のもっさり感にもへこんだ。

平日はなんだかんだと時間がなくて思うように課題ができない。

だから土日に!

と急ぎすぎた。


ショーに出す作品のパターンも始めないといけないし。

何を贅沢なことをと怒られてしまうかもしれないけど、バイト アトリエ 学校 課題 ショー 全部きちっとやるのにはけっこう力を使う。

やるけど! 絶対やるけど。

ちゃんとやりたい。


だけど買い物行きたいなぁ。

そろそろやばい。

最近そういうことを全然してないや。。

化粧品とかも買ってないし。

休みの日は家にいてなにか作業、が定番になってきた。

やばい。


でも今は服のことをちゃんとやらないといけない時期だしなぁ。

うーん。。

時間が足りないな。。


今週末は祖母のお墓参り。新幹線でいく。

あぁ やることいっぱいあるのに

と思ってしまった自分にまた反省。

おばあちゃんに怒られる。。

ごめんね。ごめんなさい。


わたしはすぐにてんぱる癖があるので今ちょっといっぱいいっぱいになってる。

日々があまりにめまぐるしくて、時を重ねている実感なしに月日が飛び去っていく。ちょっとこわいんです。


そして電車…寒すぎる…。

19度設定くらいだ。

やめてぇー。

一時間かかるんだよぅ。

ただでさえ苦手な電車…。

最近の連日投稿は長い電車の時間の暇つぶしなのです。

一人暮らしの夢がこういうとき頭をよぎる。


今日はラーメンズ祭り本番なのにな。

今やらなきゃいけないこととこれからのことで頭がいっぱいだ。

心を落ち着けなきゃ!

誰も何もどこにも行かない。

あわあわしてるのは自分だけだ。


まじで落ち着かなきゃ。。


泣くも笑うも自分しだいじゃないか。

今日はラーメンズのおかげでたくさん笑える日じゃないか。

きっと偏頭痛のせい。

慣れてはいるけどやっぱり少し思考がマイナスに向かう。

焦りと不安が勢いを得る。


ジャケット制作も進んでるし、ショーのトワルチェックまではまだ時間がある。

大丈夫だっ。

今日はラーメンズに集中するのだぁ。


今日はわたしの好きなパスタをつくっておいてくれるらしいし

頭痛がひどければ薬あるし

大丈夫だっ。

なにもかも。

きっと大丈夫。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。