日日是好日

毎日を、「いい日」にしたい。


テーマ:
普段はテレビを全く見ない私。
そのかわりネットの世界に逃避しております。

だけど今ルームメイトが帰宅中のため、ひとり!

すなわち、さみしい!!!!


ということで、消極的な理由でテレビをオン。

見る番組、オールコメディー。

フレンズとフルハウスははずせない。

MTVとかSex and the Cityとか、そういうはいからなものはあまり見ません。

80年代を思わせるフルハウス一家(名字がわかりません)のファッションに釘付け。
小さいミシェルにも釘付け。

日本にいたときからたまに見ていて、英語で聞いてみたものでした。
あまりに早口でへこみ、日本語モードに戻すこと数えきれず。

駅前留学的なものをして、発音のビデオを見て 

「RとLの発音の違い」

みたいなものをふむふむ言いながら見てました。


それから、5年。

ニューヨークでフルハウスを見るとは思ってなかった。われながらびっくりです。

なんだかいろんなことがあったなあ。としみじみ。

海外というものに何の縁もない一家で育ち、インターナショナルとは言いがたい田舎町出身の私。


人生って、わからない。


これに尽きます。

英語がうっすら好きだった、というきっかけから、あれよあれよとこんなところに。


これからどこに流れ着くのかは、きっと本当にわからない。

いろんな泳ぎ方で、たまに溺れそうになりながら、どんどん泳いでいったらどこにつくんだろう。


どこにたどり着いたとしても、死ぬほど頑張って泳いでついたところなら、好きになれるんじゃないかなあ などと 思ったりします。

甘いかもしれないけど。今はとりあえずひよっこなりの見解で。

ウィルスミスのコメディーを見ながらそんなことを考える。
顔ちっちゃい。


わあもう夜もだいぶ更けてしまった。

明日は土曜日。やることがてんこもり。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
初☆英語面接。

行って来ました。インターンをやるために。

もやもやが爆発したときは本気でもう帰ろうかな、いやもう帰るしかないよ と思ってしまった私ですが、たくさんの人といろんなもののおかげでどうにか踏みとどまることにしたのです。

数えきれないそういう人たちとものたちに感謝。


残ってインターンをすることにしたからにはさけて通れない面接。


私は、本当に、なんの冗談でもなく、面接が ど へたです。

バイトの面接に連戦連敗し続けたあの日々。

「バイトにも落ちまくるなら本当の就職どうなっちゃうんだろう あはは」

と、乾いた笑いを漏らしておりました。


ありとあらゆる職種に落ちましたからねー。

息も絶え絶えになったころようやく拾われましたけれどね。もう雄叫びをあげんばかりに喜んだのは言うまでもありません。

頑張る気まんまんで、一生懸命やってるんだけど、どうも落ちるんです。
なぜだらふ。なんだか要領が悪いわたし。

だから面接は私にとって恐怖。

しかも今回は英語だし。

「はじめましてーお名前は?」という言葉とともに始まった緊張の面接。

「ここでやりたいことは何?」という質問にもなんとか答える。

ちょっとほっとする。

小さな会話をかわすこと10分弱。


「それじゃあまた連絡しまーす☆」






。。。。。。。って、早くない??


30分かけて来たのよ?

でも緊張し続けていた私はその流れで帰って来ちゃいました。


一体私は合格なのか?不合格なのか??


肝心のところがわかりませんでした。。 がくり。


10分の面接で疲れ果て、ぼけっとしながら帰宅。
途中アジア人らしき人に声をかけられる。

日本人でしょうとか働いてるのとか。

私は「竜馬がゆく」を読みたいんですけど。

その人が、「日本の鉄道事故大変だったねー。でもNYの地下鉄はゆっくりだからよかったー。」

などという軽口をたたく。ちょっといらっとする。
なんのつもりか知らないけれど、人があれだけ死んでしまった事故のことを、なんぱまがいの道具に使うな。
と思ったりしました。


本当に「大変だった」なんて思ってないんだろうなあ。

本当に大変なことなのよ。あほう。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
嵐の前の静けさの中におります。

迫り来るプレゼンテーションまでの、つかの間の静寂です。

そんな中、「このあとごはん食べに行かない?」というクラスメイトからのナイスタイミングなお誘い。

行きますよ。行きますとも。
人見知りのわりに人と話したがりの私にぴったりのオファーですもの。

その人と、その友だちと三人で連れ立ってコリアンタウンへ。

やーー、テンション高かった。

きゃははははあーーー!って笑ってた。

「一人にして、って日本語で何て言うの?」ときかれ、迷った挙げ句


「邪魔しないで」


という言葉を伝授しておきました。

「じゃま、しな、いで」って何回も練習してた。

「仕事中にむかっときたら使うんだ☆」という仰天発言つき。


私のクラスメイトは、中国系の人だけど中国語はほとんど話せない。
うまれも育ちもカリフォルニア。流暢な英語。

見た目は完璧にアジア人なんだけど、本当は純粋なアメリカ人。
結局アジア人でもありアメリカ人でもあるっていう。


なんだか、国や国籍という概念があやふやになりませんか?


「何人だっていいや、結局彼女は彼女なんだね」ってなる。

そういう気持ちになることって、日本にいると少ない気がする。
だって日本人ばっかりだもの。


インド人のおばあちゃんとアイルランド人のおじいちゃんの子供であるお母さんと、

韓国人のおばあちゃんとイギリス人のおじいちゃんの子供であるお父さんの子供です。

とか。

そういう人がいたりする国、アメリカ。

結局のところ、もう何人とかわけわかんない。

日本でインターナショナルスクールに行ってた子とか。
日本人の親だけどずっと海外暮らしとか。

「国」という概念は、意外にふわふわとしたものなのかなあ と思ったりします。

どこの国に属してるか、っていうのは結局紙の上のことなのかなって。


別に、何系で何国籍だろうが、その人はその人なわけで、もうそれだけで十分な気がする。


私たちは、すぐに区別してしまう。

男か女か。大人か子供か。大卒か高卒か。

それによって色をつけてしまう。色眼鏡を通してその人を見てしまう。
ななめから見ると、それが差別になったりする。

なんだかねえ。

境界線を引かないで生きられたらいいのにな。
国の間にも、人の間にも。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
ルームメイトが、「ベビーサイズ」のピザを頼んだ。5ドル。


お届けされたの、「キングサイズ(私命名)」。


でかーでかー。めっちゃでっかいのが来た。多分9ドルくらいのやつ。

そこの店の人はすんごくフレンドリーなんだ、っていう話はきいてたけどさすがにこんなサービスは想像してなかった。やるねピザ屋さん。


こっちのピザって安い。日本のMサイズで10ドルくらいじゃないかな。
有名な店だと高いと思うけど。

具は、サラミとトマトだけとかいうシンプルなやつが多いけど、これがねー おいしいんだねー。

うちの学校の「死のカフェテリア」でさえピザはおいしい。

なぜこれをまずく作れるの?という疑問を抱かせるカフェテリアですよ。なのにピザはおいしい。


カフェテリアと言えば、前に虫入ってた。サラダの中に。
同席してた子のやつ。

さすがに場が凍った。
今サラダ食べながらこれを読んでる人はいないと思うけど、念のためごめんなさい。

スパゲティーとかそうめんと見間違うほど細い。よってやたらとやわらかい。

「そうめんトマトソースがけ☆」みたいな料理になるわけです。うちのカフェテリアにかかると。

たいらげることはほぼ不可能。体が拒絶し始めます。
そうめんにトマトは合わないんです。どうしようもなく。


毎日毎食を、そのカフェテリアで食べなければいけないという修行にも似た日々を送ってました。

修行僧並みに小食になりました。主食、サラダ。
おかげで痩せました。

アメリカに来て痩せるってどんな!? というつっこみいれまくり。自分に。



そういえば、前髪切りました。

およそ10分。使うもの、はさみ、新聞紙、鏡。施術料、無料。

合い言葉は、適当。

それだけそろえば簡単に切れます。前髪あると幼く見えるのね。なぜだろう。


「10分であなたも2歳若返る!!」 特集でした。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
テスト勉強を後回しにして服屋巡りしてみた。

Lower East Sideをうろうろ。

おもしろい店が多くて楽しい。代官山みたい、っていうかんじがする。
ちょっと安めの代官山。
代官山と下北をたして2で割ったような。

代官山でもあまり買えないけれど、ここでも同じ。高くてなかなか。

でも見てるだけで楽しい。

いろんな顔をした洋服とおしゃべりしてるようなね。そんなかんじ。

日本人の経営してる古着屋さんを発見。

ちょっとうれしい。世間話をする。


世の中にはいろんな感性の人がいるなあ。

服屋さんをめぐって思った。

そうだ、Tシャツとレコードを売ってるかっこよい店があったよ。
フラスコみたいなやつにいろんなきれいな色の水が入ってた。かわいかった。

かわいいフライヤーをもらってきた。フライヤーがすき。ただだしね。

クラブというものにあまり行かない私は、レコードというものの知識がない。

でも、かわいいレコードプレイヤーでいろんないい音楽聴けたらかっこいいなあ。
とか思った。

あそこの店員さん、そういう知識すごいんだろうなあ。うーむ。

世の中には知らないことがたくさんだ。


帰ったら日本人の友だちが来てた。

お好み焼き会を催した。

誰かとごはんを作ると、どうしてあんなに楽しいのかな。

切って、まぜて、焼いてるだけなんだけど。

わーわー言いながらつくった。

人と食べるごはんもこれまたおいしい。ほんとに不思議。
味覚って、精神的なものなのかもしれない。

でも、いい友だちと一緒なら何してても楽しい。
ただしゃべってるだけでも。

こっちに来てからひとりで行動することに抵抗感を感じなくなったけど、それでもやっぱり友だちがすきだなあ。



そんなことを考えた、私の4月24日。

てかもう24日。時間が早送りで進んでる、と言われても信じる。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
あり得ない大変さをもって襲いかかってきたプロジェクトを終わらせてやりました。

こてんぱんに負かしてやりました。留学生だからってなめんなよう。

死闘による疲労はかなり激しかったけれど、数少ない「遊びにいけるアメリカ人友だち」にデザートを食べにいくのに誘われ、瞬時にイエスと答えました。

始めて行くエリア。Lower East Side。

お茶やさんに行く前に古着屋さんに案内してくれました。


卒倒。しそうだった。


ニューヨークに来て一番かわいかったんじゃないだろうか。

変でかわいいものが大好きな私のために作った?もしかして。

うっひゃー。と(心の中で)叫びながら店内くまなく見させて頂きました。
鼻血でそうでした。


それからteanyというカフェにゆく。

ここもまじでやばい。外装内装ともにやばい。

うす黄緑と、やまぶきいろと、白。照明はろうそく。へんなろぼっとみたいの置いてあるし。
音楽かわいいし。


昨日二度目の卒倒の危機。


何十種類とあるお茶の中からオレンジのお茶を頼みました。

おいしかったーーーー。すごいおいしかった。

デザートとかいってすごいでっかいし。食べきれないくらいよ。


このアメリカ人の友だちというのは、私の知っている「アメリカ人」とはちょっと違ってるかんじなんです。

押しが強いっていうところがない。

とても優しくて気をつかうことができる人なので、一緒にいてくたびれないんです。


まったりお茶タイム。

バーもクラブも喧噪もいいけど、そういう時間の方が好き。
ゆっくりおいしいものを飲んで、食べて、とりとめもなくいろんな話をする時間。


それから、友だちの部屋へゆく。

「鍵忘れた・・・」の一言で私の部屋へゆく。

私のiPodちゃんで音楽を聴く。

PE'Zを聴かせてあげたら気に入ってくれた。よかたよかた。
ペズ好き。

それから、彼女のルームメイトから帰宅の電話。

そのゲイ友だちも含めてみんなで映画を観る。

ハリウッドというものを煮詰めて蒸留したような映画。


洋楽というものを全く知らない私にいっぱいCD貸してくれました。

よい。かわいくて、ちょっと静か。

結局夜中の2時を過ぎるまで、おもしろいゲイの子の話をきいてました。
まあ、3割わかってないけどね。どんまいどんまい。試合は9回の裏からだ。


楽しかった。

音楽や洋服の趣味が合うアメリカ人の友だちをみつけられてうれしーーいよ。

めずらしんだもん。感覚が似てるアメリカ人って。


だからとてもとてもうれしいのだ。

出会いはランダム。出会えた偶然に感謝。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
Time flies. 光陰矢の如し。

その言葉の意味をものすごく実感する今日この頃。

だってだって、もう四月も後半なんだものーーー うわーーーーん。

去年の夏にこっちに来てからもう七ヶ月くらい?あってる?
それくらいになるわけです。

びっくりする。


私の今までの人生の中で最も濃い七ヶ月。断言できます。


薄ぼんやりしたイメージを抱いたまま始まった「留学」というやつ。

来るときはすごい気が重かった。漠然とした不安がつきまとっちゃって。

一人で飛行機に乗るのも初めて。一人で暮らすのも初めて。ていうかニューヨーク自体初めて。

初めてじゃないことなんか多分ほとんどなかった。


こっちの空港について、日本に電話しなきゃー!と思ってかけた公衆電話が壊れておりました。

「公衆電話壊れてるとかありえねえーーーー!」

というのが、思えば最初のカルチャーショックだった気がします。


飛行機で疲れ果てて乗った初めてのキャブ。

運転手さん普通に不機嫌。けっこうへこむ。チップの払い方もわからない。泣きそうになる。

ニューヨークの洗礼みたいな。


そんな暗いかんじで始まったんですねー私の留学生活。

それでも、なんとかなんとか泳いできて、気が付いたらもう春。

地下鉄にひとりで乗れるようになって、無愛想な店員さんも見慣れてきて、友だちもできた。


留学は、ものすごく大変で、たまに泣きそうになって、でもすごい楽しくて、得るものも多い。
喜怒哀楽がめいっぱいつまったものだと思う。

こんなにいろんなことをして、いろんな人に会って、いろんな場所に行ったことってなかったなあ。と思う。

自分のゆく道が、すこーし、ほんのすこしだけ見えたよ。


きっとこれからもいろんなことがあるね。
悲しいことも、辛いことも、理不尽なことも、きっとたくさん。
それと同じくらい、楽しいことや幸せなこと、涙でるくらいうれしいこともあるね。

自分のまんなかを支える芯のようなものだけちゃんと守っていれば、多分やってける。よ。

どんなに違う環境で、どんなに大変でも、それを守っていれば大丈夫な気がする。

七ヶ月異国で暮らしてそう思った。


前進あるのみなのです。どこにいても何してても。
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

夜中の一時半。

学校のパソコン室。

うつろな目で更新しております。

 

みなさまごきげんよう。

 

無理やりにフィリーに遊びに行ったつけが、当然のごとく襲い掛かってきています。

 

宿題がああああ。

 

亡霊のようにいいいい。

 

 

ということで、朝から晩までかけずりまわっておりました。今日も。

 

なんか、学校の敷地内から出てない気がする・・。気がするっていうか事実出てない・・・。

 

こわーこわー。

 

学校のすぐそばの寮に住む私は、へたをするとこういうことになるのです。

もう、学校に住んでるね。

 

住んでしまうとどんなところでもなにか生活臭が漂うかんじになりますね。

 

摩天楼マンハッタンに住んでても、住んじゃったらそこは生活の場。

 

牛乳なくなっちゃったな

銀行行かなきゃな

たまねぎ高いな

 

とか、もうそんなんです。普通の日は。

 

いったことない観光名所もけっこうあるし。エンパイアステートビルとか。

よく通り過ぎるけど入ったことがないという。

 

美術館は意識的にいってるけれど。

 

生活感たっぷりです。

 

 

 

と、ここまで書いてパソコン室終了の時間。

強制退去。

 

なんだこの記事ー。くされ記事。

 

 

おやすみなさい!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ただいまっ!
フィラデルフィアより帰還しました。


すごくすごくよかったよーーーー!!!!

ということをお伝えしたい。


マンハッタンからバスで二時間。

木や、野原や、馬がたくさん。
YUKIちゃんの歌を聴きながら眠る。幸せ。

着いてからは友だちと合流。

性格はぜんぜん違うけど、というかもう正反対に近いけど、それでもよき友。


彼女に観光案内をしてもらいました。

古い建物がたくさん。写真ぱちぱち。

あったかくてねー、もうねー、おだやかとしかいいようのない一日でした。

私が一番求めていたもののような気がする。


気心しれた友だちと、優しい春の日に、きれいな町並みをゆっくり眺めてまわる。

そんな幸せなことないのですよーーー。私的に。


夜になっても、ごはん食べながらしゃべって、部屋でしゃべって、なんか明け方までしゃべり続けていた気がする。

くだらないことからまじめなことまで。

国際情勢まで語っちゃった。語れるだけの知識がないことを確認。無念。

最近の中国での反日運動は、とても複雑な気持ちになるのです。

留学してると、いろんな国籍の人に会います。
アジア圏では韓国人が多いけど、中国人もいます。

いい人が圧倒的に多いです。

なんかねえ。すごく悲しいねえ。

個人レベルとは全く違うのはわかってるけど。


まあいいや。そんなことを酔っぱらいながら話してました。


それから、「笑わず嫌い王」を見る。

やー、笑ったーーーーー。

笑い飯とかいう人たちすごいねーーー。

劇団ひとりもやっぱりおもしろいねーーーー。


それで、起きたらもうおひるで、帰ってきました。

早かった。てか早すぎた。

もっといろんなとこに行きたかったけど、宿題がひどいことになっていたので。

どうしても気分を変えたくて、忙しいのにむりやり行ってきた形でした。

でも行って良かった。


自然を見て、のどかな街を見て、友だちとたくさん話して、そういうことのひとつひとつが、沈殿していってしまってた泥のようなものを取り払ってくれたような気がする。





そのせいで、宿題の嵐に襲われていることは内緒です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Metsの試合を見にゆく。

「ニューヨークで遊ぼうよ お金だすからさあ」という趣旨のクラブで。

よって、無料!!!!!


わっしょいわっしょい。無料最高。

みんなでShea Stadiumというところへ地下鉄で向かう。

ブルックリンになるのかな あそこは。
マンハッタンから30分くらい。

でっかい球場を見たら、別にメジャーリーグファンでもなんでもないのに妙に血が騒ぐ。

そこでチケットをもらう。


「プライス 28ドル」

「・・・・・・・!!!!!」


28ドル得しちゃったよーーー!!!

うれすぃ。


試合の方は、メッツ圧勝。相手は、えーっとBrooklyn Marlinesだったかな。

ホームスタジアムだからメッツファンばっかり。

相手のバッターが出てきたら「ぶううー ぶううーーー」だって。
そりゃさすがにかわいそうだ。

しまいには「Get out!!!」だって。
言い過ぎ言い過ぎ。でてっちゃったら試合できないからね。

でもさすがアメリカ。のりがやばい。

メッツ側が打ったりゲッツーしたりするともう大変。

「ぎやああーーー うおおおおおーーー!」ですよ。

すごいおもしろかった。盛り上がり方が気持ちよかったよ。


しかも、守備と攻撃が変わる少しの時間も飽きさせないように工夫してるんです。

画面に、「Kiss Cams!!」とかいうのが出て、カップルで来てるお客さんに「今キスして!!」と、ある意味失礼極まりない命令を下すんです。
その様子を写してたり。

クイズを出したり。

いろんなことをしてました。

あとは、試合中に盛り上がりかけると、「Make noise!!」とか画面にでたり、すごいプレーがあると「Did you see that!?」とかでたりする。

手拍子を促したりね。

日本のプロ野球もそうなのかな?行ったことないけど。


盛り上がりまくって来ました。


ごはんはもちろんホットドッグ。
それにポテトとホットチョコレート。

超アメリカン。なごはん。

でもなんかその方がおもしろいかなと思って、ジャンクフードごはんにしてみました。

まだ夜は寒くて、冬のコートを着てホットチョコレートを飲む。あったまる。
ホットチョコレートだいすき。

あ、あとすごいうけたのが、T-shirt launchとかいうやつ。

イニングの合間に、Tシャツをバズーカみたいので打ち上げるんです。
それをキャッチした人がそれを獲得。
みんな立ち上がって必死に取る。

すごいアメリカっぽくてよかった。


メジャーリーグ観戦は、とてもほのぼのした気持ちになります。

みんなそのチームを一生懸命応援してて、みんなで一喜一憂して。
幸せそうなかんじがする。小さい子供もいたりして。


あーーーアメリカ人ばりの応援してきたので疲れました。


明日あさってはフィラデルフィアに小旅行に行ってきます。
楽しみーーー。。

おやすみなさい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。