明けましておめでとうございます門松
遅っ!!
 
本当に、お久しぶりですアセアセ
生きてますタラータラータラー
 
11月の中旬に右手を手術してから、しばらく自由が利かなく、PCも自由に触れず・・・1カ月後には8割型良くなったけれども、子供は冬休み、順番に風邪を引き、そして年末でバタバタしつつ、最後に私が扁桃炎で高熱出たり、何やかんやと年明けて、今に至っています。
 
とりあえず備忘録でパー右手手術の経過を・・・
 
妊娠をきっかけに手の痺れが出てからずっと通院している総合病院での手術でした。
 
手根管症候群・・・6年越しでやっとの(日帰り)手術看護師
実は両手痺れてるけど、利き手の方がひどいのでとりあえず右手だけ。
 
朝一番の手術だったので、まず外来へ行って、自分が帝王切開した手術室に徒歩で向かう歩く
 
30分くらいの大した手術じゃないと言われても、やはり緊張し心臓ドキドキ、手汗かいてるし汗
 
下着以外は裸足、手術着に着替え台へ横になるストレッチャー
 
手術室内の看護師さんも気を遣って、いっぱい話しかけてくるので調子に乗って話すけどやっぱり緊張汗
 
右手が見えないように幕?で仕切られ、心電図と酸素、血圧計を装着ビックリ準備完了ビックリ
 
簡単な手術でも、先生他4人位いて本当に手術するんだなぁ・・・ストレッチャー
失敗して手が動かなくなったらどうしようとか色々考えてしまった・・・
 
まず指先から肘まで消毒→手を台に置いて
「麻酔します!これが一番痛いから頑張ってください!」って。
 
でも、我慢強い私のはずだけど、1回目の注射針はやっぱり痛くて「痛っ!」って言ってしまった注射
その後何か所か注射したような???
 
その後、淡々と作業は進み「今から切りますね」→「神経剥離しますね」→「手根管切断しますね」とか
最後は「縫って終わりますね」と。。。
 
その間、先生や看護師さんと世間話していたらあっという間に終わってしまった。
 
手は包帯で圧迫し不自由はあるものの、麻酔も効いてるので全然痛くないし、会計時に財布の開閉や支払いも問題なくできたTE
 
↓ここから画像が入るので、痛いの苦手な人はスルーでしずく
 
★手術直後
ただ、夕方頃から痛みが出てきて、痛み止めのお世話に涙
 
翌日、病院へ行って先生が包帯外し手を洗ってくれて、消毒の後は傷テープのみ貼って「もう包帯はしなくていいよ、手も動かせるならどんどん動かしていいし」と。。。
 
ただ、痛くてそんなことできません!!って感じ。
 
あらかじめ自前で用意したサポーターを手につけて帰宅した家

 

★術後1日目
 
傷口当たったら痛いし、
内側は手首の方までいじってるからスナップきかないし汗
 
どんどんなんて動かせる訳もなく、入浴はシャワーで恐る恐る・・・
 
でも家事はやんないといけないし、自然に手を動かしている感じTE
 
★術後3日目(内出血の所まで内側はいじってるらしい)
 
ただ、手術翌日からは手の痺れで目を覚ますと言うことは一切なくなり、今までの痺れは何だったんだビックリって位楽になりました笑
 
そして2週間後に抜糸、手首も大分動くけどやっぱり傷口と手首が痛く、包丁が強く握れないのと切るのもやっとだから、料理は完全手抜き生活。
 
★術後11日目
 
でも悩むより、手術やって良かったです期待すまいる
子供が小さいからって、ずるずる手術を伸ばしてたけど、本当楽になりました。
 
現在は手首を思いっきり反るとピリピリするのと、腕立て伏せができないけど完全復活まではもう少し掛りそうです( ´(ェ)`)
 
でも手根管で悩んでいる人は、最終手段が手術になりますが劇的に楽になりますよおんぷ