茅葺き屋根の駅舎 | 杉本 龍一のブログ I am a 古民家鑑定士

杉本 龍一のブログ I am a 古民家鑑定士

古民家を壊してしまうこと無く、修繕、再築しながら、未来のこどもたちに残して行ける、持続可能な循環型建築社会の創造を目指しています。

そのような活動を、建築士の立場から紹介していきます。

会津鉄道会津線の湯野上温泉駅は、日本で2つしかない茅葺き屋根の駅舎です。


駅名の通り温泉地で足湯も併設されています。


駅舎内には地域の観光協会もあり、お土産、物産店も設置されています。


待合室には茅の虫よけのためにも必要な囲炉裏があり実際に火が焚かれています。



春には桜で一杯になりとても綺麗だそうです。


日本らしさを感じます。
やはり茅葺きの建物は落ち着きますね。