100年料亭宇喜世 | 杉本 龍一のブログ I am a 古民家鑑定士

杉本 龍一のブログ I am a 古民家鑑定士

古民家を壊してしまうこと無く、修繕、再築しながら、未来のこどもたちに残して行ける、持続可能な循環型建築社会の創造を目指しています。

そのような活動を、建築士の立場から紹介していきます。

新潟県上越市にある「百年料亭宇喜世」
この素晴らしい建物で、全国古民家再生協会北信越地区大会を開催させて頂きました。


江戸時代末期に建てられた料亭、築140年経過しています。
過去何度か改修され現在の形となったためとても複雑な形になっています。

是非伝統耐震診断のデータをとってみたいです。


北門や東門等、複数が国登録有形文化財に指定されています。


社長の大島誠さんは、日本の料亭文化を未来の百年に繋いでいくべく「百年料亭ネットワーク」を創りました。


百年料亭の課題は
1.建物の維持が難しい
2.来店客数の減少
3.後継者問題 
だそうです。


解決の為の策を沢山聞きました。
これは、経営者としてとても参考になりました。

百年料亭ネットワークは全国に26店舗あります。それぞれが大きな課題を抱えています。

私達全国古民家再生協会との共通点が沢山あります。


今回も素晴らしい出会いと学びがありました。出席頂いた皆様に感謝致します。