江戸城牛込御門跡 | 杉本 龍一のブログ I am a 古民家鑑定士

杉本 龍一のブログ I am a 古民家鑑定士

古民家を壊してしまうこと無く、修繕、再築しながら、未来のこどもたちに残して行ける、持続可能な循環型建築社会の創造を目指しています。

そのような活動を、建築士の立場から紹介していきます。



JR飯田橋駅、長い間工事中でしたが、とても綺麗になりました。

その脇には、江戸城外堀の牛込御門跡があります。


この外堀門は敵の侵入を発見し防ぐ「見附」と言います。
赤坂にも見附がありますね。江戸城には何と36の見附があったそうです。

この牛込見附は当時の面影を彷彿させる立派な石垣が残っています。国指定の史跡にもなっています。


江戸城全体の大きさは相当のものだったでしょう。
この史跡を残しながら再開発するのも大変な苦労があったと思います。

所々に残る都心の史跡、こういったものを語り継ぎ、新しい時代を創って行く事とても大事です。


古民家も同じで、先人の想いや知恵を繋いで行きながら新しい文化を創造して行く。

そんな事ができたらと思いながら活動しています。

身近にある大切なもの、見つけてみる事から始めてみましょう。