・最近油そばをよく食べています。 | あびすけ店主のブログ
2008年09月27日(土)

・最近油そばをよく食べています。

テーマ:ブログ

「次のお店は自分のお店です。」



こんばんは。



そんなことをよく言う人がいると、先日知り合いのラーメン屋さんが痛烈に言っていました。


… …


去年ぐらいからでしょうか、油そばというか、汁なしラーメンというか、まぜそばというか、スープOFFというか、そういうスタイルのラーメンが流行の兆しを見せているみたいですね。


個人的にはその流行には完全に乗り遅れていまして、ここ1年でこのスタイルのラーメンを食べたのは数回だけでした。


別にこのスタイルのラーメンが嫌いというわけじゃないのですが、自分の中でプライオリティが低いというか、自分の行動範囲に食指の動くお店がないということもあって、なかなか食べる機会がありませんでした。


ところが最近、どこぞのつけ麺屋さんが始めた油そばのお店がものすごい繁盛しているという話を聞きまして、珍しく「食べてたいなぁ」と思いました。


最近、このスタイルのラーメンをメディアで目にすると、いろんな具が入っていて、丼の中がchaoticな感じのものが多かった気がしたのですが、こちらのお店のものはとてもシンプル。


トップに乗っかっている具は、メンマとチャーシューと刻み海苔だけだった気がします。


これを見て思ったのが、


ムチャクチャ原価率低そう


ということ。


これが何百杯も売れるのなら、笑いが止まらないだろうなぁと思ってしまいました。



正直言いまして、こちらのお店を食べた感想、


微妙だなぁ


と思ってしまいました。


だけど全然ラーメンマニアじゃない知り合いがこちらのお店で食べたことがあるというんで、評価を聞いてみたところ、


「結構おいしかった」


とのこと。



こういう時に、該当店や知人をdisるのは簡単なことです。


自分自身の味覚を正当化して、他者を非難することほどラクなことはないですからね。


だけど、お店は繁盛しているわけです。


そうなってくると、あまりおいしいと思えなかったのは、


自分の味覚が主流ではない 


のかもしれないし、そのとき体調が悪かっただけかもしれない。


ひょっとしたらその日は商品の出来が悪かったのかもしれない。


自分の味覚に合わなかった時、そのお店が繁盛していなければ、僕は「むべなるかな」と思って流しますが、とても繁盛している場合、逆に


何度も通ってみます。


お客さんを惹きつける魅力は何なのだろうと思索するわけです。


そんなわけでこちらの油そば専門店に、ここ1週間で3回行きました。


ついでにほかのお店でもスープOFF系のラーメンを食べてみようと思い立ちまして、数軒で食べてみました。


そうすると自分の中で守備範囲が広がってくるのか、


意外とありかもしれない


と思えてきてしまうから、不思議なものです。


あくまで「ありかもしれない」というレベルなのですが、それでもこの味を好きな人がいるのは分かる気がしてきました。


そういえば個性的な味を出すどこかのお店で、


「一度じゃまだまだ、2度目で納得、3度食べたらハマる味」


みたいな店内の貼り紙を見た記憶があるのですが、どこのお店だったかなぁ…


この意味がようやく理解できた気がして、また一つ大人になれたかも。



うちのお店も、


「3度は食うべし」


という旨の掲示を店内に掲げてみますかね。



もちろん、うちの商品を食べた人が、嗜好に合わないなぁと思った場合の


言い訳のために ですけど。

あびすけ店主さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス