1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2013年05月25日(土)

【拙ブログ読者様へのプレゼント企画】つけ麺つけめん油そばまぜそば神奈川東京横浜

テーマ:ブログ

あびすけ店主の高橋です。


神奈川県の横浜市とか川崎市でつけ麺(つけめん)とか油そばなんかを売っている者です。あと、東京都の新宿あたりでも油そばを売っています。たまにラーメンも売っています。(公式サイト→http://www.abisuke.com )


Twitterなんてものもやっています。

こちら です。フォローとか超大歓迎です!!


いつもお読みいただいてありがとうございます。



地域でもほとんど知る人がいないような底辺のつけめん屋のブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。


有名なラーメン屋さんだったら、ブログもツイッターもきっとムチャクチャ面白いことを書くのでしょうが、地域でもほとんど知る人がいないような底辺の店なもので、ブログもツイッターも面白いことが書けずに忸怩たる思いです。


それにもかかわらず、毎日毎日、少なからぬ方々がこのブログにアクセスしてくださっておりませいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


その感謝の気持ちといたしまして、今回、読者プレゼントをさせてもらおうかと思っている次第です。


といっても、大半の人は食指が動かないようなプレゼント企画だと思われますが…


話すと長くなるのですが、ひょんなことから


来る5月30日(木)にZeppダイバーシティ東京で行われる、Perfumeさんという方の公演チケットが1枚だけ


手元に余っている状況です。


誤って2枚買ってしまいまして…


そこで、このチケットを拙ブログをお読みいただいている方の中から1名様に


「読者プレゼント」


させていただこうかと思っております。


チケットに「営利目的の転売禁止」と書かれているのですが、無償プレゼントなら問題ないだろうと思いまして。


正直、あまりいい整理番号ではないのと、公演自体も微妙な気がしてきていてアレなのですが、もし食指が動く方がいらっしゃいましたら、ご応募いただけないでしょうか?


「ずっと好きだったんじゃけぇ~さすらいの麺カタPerfume FES!!」


という公演でして、音楽のほうに不案内なのもでアレなのですが、Perfumeさんと斉藤和義さんという方の二組が出演し、「対バン」(?)というスタイルでワチャワチャやる公演のようです。


ご応募の条件ですが、


●5月30日(木)の18時開場、19時スタートの公演に必ず行ける方


●チケットが1枚しかないもので、お一人で参加できる方


●1F立ち見ですが、体力的に大丈夫な方


●ライブを全力で楽しむ自信がある方


●入場に際して、ドリンク代とかいう毎度毎度納得のいかない費用が別途かかりますが、こちらはご当選者様の負担でお願いいたします。


●転売を絶対になさらない方


のすべてを満たす方とさせてください。


ご応募の方法ですが、メールアドレスabisuke1111@gmail.com 宛てにお願いいたします。


(読者プレゼントのために作ったアカウントですので、違う話題についてメールをお送りいただいても読めない可能性が高いです。ご了承ください。)


応募のフォーマットですが、


●件名には「チケット希望」とご明記ください。


●本文には「お名前」「郵便番号とご住所」「電話番号」「年齢」「意気込み」をご記入ください。


あまり応募はないものと思われますが、複数のご応募があった場合には「意気込み」が強い方をご当選とさせていただければと思っております。


「当選メール」と「チケットの発送」を以って、当選の発表に代えさせていただきます。


5月28日(火)あるいは29日(水)までにチケットをお届けしたいと考えていることもありまして、応募の一次締め切りを


本日5月25日の23時59分まで


とさせていただきます。


(※一次募集を締め切りました。ご応募ありがとうございました。)


募集期間が短くてスミマセン…


万が一、多く応募をいただいてしまったら大変なので、予防線を張ってみた次第です。


もし応募がないようなら、2次募集をかける予定です。


ちなみに、去年の読者プレゼントでは、応募者がお一人様でして、すんなり当選が決まりました…


そんなわけで、応募メールはabisuke1111@gmail.com までお願いいたします!


Perfumeさんのライブは見ておく価値ありますよー。


ご応募お待ちしておりますー。


冷やかしとか止めてねー。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎油そば専門 あびすけ

         東京都宿区西新宿7丁目店
※つけめんの取り扱いはございません。

【営業時間】
平日10:30~翌0:30(LO翌0:30)
土日祝10:30~23:00(LO23:00)
★ほぼ年中無休

【アクセス】
東京都新宿区西新宿7-11-2
※新宿駅西口より徒歩3分
大ガード西交差点→青梅街道
「宝塚大学」と「河合塾」の間に位置する
TEL:03-3362-1858
(お問い合わせ大歓迎!)


◎つけめん・油そば あびすけ

           横浜市港北区日吉店
【営業時間】。

11:00~25:15頃

★ほぼ年中無休

【アクセス】

横浜市港北区日吉2-1-8

※日吉駅より徒歩1分

→日吉駅西口(商店街側)、サンロード沿い

TEL:045-564-1619(お問い合わせ大歓迎!)

◎つけめん・油そば あびすけ

          川崎市中原区元住吉店
【営業時間】
平日11:00~16:00/17:00~25:15頃
土日祝11:00~25:00すぎ

(土日祝は通し営業)
★ほぼ年中無休


【アクセス】
川崎市中原区木月3-7-19

※元住吉駅より徒歩4分
→ブレーメン通り沿い。

マルエツ、サンドラッグを過ぎて数軒先


TEL:044-422-8819(お問い合わせ大歓迎!)


つけめん専門 あびすけ

             横浜市都筑区東山田店

※油そばの取り扱いはございません。

【営業時間】
11:00~24:00

★ほぼ年中無休


【アクセス】
横浜市都筑区早渕3-2-1

※横浜市営地下鉄東山田駅より徒歩8分

※第3京浜都筑インターよりクルマで2分


TEL:045-593-8922(お問い合わせ大歓迎!)


※詳しい店舗情報は、

あびすけ公式サイト http://www.abisuke.com

をご参照ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年05月24日(金)

【髪型じゃなくて、本人自体がカッコイイんだ。】つけ麺つけめん油そばまぜそば神奈川東京横浜

テーマ:ブログ

あびすけ店主の高橋です。


神奈川県の横浜市とか川崎市でつけ麺(つけめん)とか油そばなんかを売っている者です。あと、東京都の新宿あたりでも油そばを売っています。たまにラーメンも売っています。(公式サイト→http://www.abisuke.com
)


Twitterなんてものもやっています。


こちら です。フォローとか超大歓迎です!!


いつもお読みいただいてありがとうございます。



先日、髪を切りました。


と言っても、月一ぐらいで切るし、大きな出来事があったわけでもありません。


ここのところ、記事のボリュームが原稿用紙8枚分ぐらいになっていたので、ここらで軽い話題も入れとこうかと思った次第です。


髪を切る際、美容師さんには大体、以下のようなリクエストをします。


「長さは1cmぐらい切ってください。で、洒落た感じの髪型にしといてください」



毎回こんな発注です。


ものすごい雑な発注ですけど、向こうもプロですよ。


シロウトがあーだこーだ細かく発注するより、ある程度プロに任せてしまったほうが、大体うまくいくというのが世の常です。


このように発注をすると0,5秒ぐらい沈黙が生まれるのですが、そこはすかさず目の前の雑誌を手に取り、一心に雑誌を読み始めます。


これにより美容師さんには、「あなたのセンスに任せたから、あとはうまいことやっといてね」というのが態度で伝わるので、大体の場合、あとは勝手に切ってくれます。


ところが今回の美容師さんは、「洒落た感じの髪型にしといて」がちょっと引っかかったようです。


「洒落た感じというと、ツーブロックとかアシンメトリーみたいな感じですか?」



何か、妙な言葉が出てきたね…


「ツーブロック」
「アシンメトリー」


ツーブロックって、どんなのだろう…


ブロックが二つあるってことだろうな…


イマイチ想像がつかないな…


アシンメトリー…


左右非対称ってことか…


左右で極端に髪の毛の長さが違うってことかな…


とりあえず、時代の先のほうにある髪型の気がしたので、


「攻めすぎた髪型じゃなくていいんで、おっさんにしてはソコソコ頑張った感じの髪型にしてもらえますか?(^-^)」


と返答しておきました。


で、家に帰ってさっそく検索。


ツーブロック…


加藤浩次さんや伊勢谷友介さんなどがやっていて評判の髪型なんだって。


画像を見てみると、どうやら頭髪全体の中で、極端に短い部分と普通に長い部分を併せ持った髪型をツーブロックと言うようです。


こんなの↓


あびすけ店主のブログ-加藤さん

あびすけ店主のブログ-伊勢谷さん






これ、アレだよね。


髪型がカッコイイんじゃなくて、その髪型をやっている本人がカッコイイだけだよね。


素材がいいだけだよね。


伊勢谷さんという人、初めて見たけど、男前すぎて死にたくなるね。


でよ。


オレがこんな髪型やったらどうなると思う?


絶対、出川哲朗か金ジョンウンになるでしょ。





あびすけ店主のブログ-出川さん

あびすけ店主のブログ-北朝鮮


専門家じゃないんで分からないけど、こういうのもツーブロックって言っていいんだよね?


あの美容師さん、アレかな?


俺をキムジョンウンにして、心の中で笑うつもりだったのか?


でも、髪の毛を切った後、髪型をセットしてくれる際に、「ここはこんな感じでセットして、ここはこんな感じで」と、かなり熱心にセットの仕方をレクチャーしてくれまして。


てことはアレか。


あまりにもオレがダサすぎて、憐憫の情から本気で洒落た感じにしてやろうと思ってくれていたのかもね。


だとしたら、ツーブロックとかいう髪型を委ねるのも手だったか…


いや、それはないよなー。


絶対ムリだよなー。



アシンメトリーのほうも画像を引っ張り出してこようかと思ったんだけどね。


既に昨日の記事より3倍ぐらい時間がかかっているという…


文字数にしたら昨日の1/4ぐらいでしょ。


画像を探して貼るのに時間がかかって仕方ないのね。


なので、雑な終わり方だけど、ここまでで勘弁してくださいまし。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


◎油そば専門 あびすけ


         東京都宿区西新宿7丁目店

※つけめんの取り扱いはございません。


【営業時間】

平日10:30~翌0:30(LO翌0:30)

土日祝10:30~23:00(LO23:00)

★ほぼ年中無休



【アクセス】

東京都新宿区西新宿7-11-2

※新宿駅西口より徒歩3分

大ガード西交差点→青梅街道

「宝塚大学」と「河合塾」の間に位置する

TEL:03-3362-1858

(お問い合わせ大歓迎!)





◎つけめん・油そば あびすけ


           横浜市港北区日吉店

【営業時間】。


11:00~25:15頃


★ほぼ年中無休



【アクセス】


横浜市港北区日吉2-1-8


※日吉駅より徒歩1分


→日吉駅西口(商店街側)、サンロード沿い



TEL:045-564-1619(お問い合わせ大歓迎!)



◎つけめん・油そば あびすけ


          川崎市中原区元住吉店

【営業時間】

平日11:00~16:00/17:00~25:15頃

土日祝11:00~25:00すぎ


(土日祝は通し営業)

★ほぼ年中無休





【アクセス】

川崎市中原区木月3-7-19


※元住吉駅より徒歩4分

→ブレーメン通り沿い。


マルエツ、サンドラッグを過ぎて数軒先





TEL:044-422-8819(お問い合わせ大歓迎!)





つけめん専門 あびすけ


             横浜市都筑区東山田店


※油そばの取り扱いはございません。


【営業時間】

11:00~24:00


★ほぼ年中無休





【アクセス】

横浜市都筑区早渕3-2-1


※横浜市営地下鉄東山田駅より徒歩8分


※第3京浜都筑インターよりクルマで2分





TEL:045-593-8922(お問い合わせ大歓迎!)





※詳しい店舗情報は、


あびすけ公式サイト http://www.abisuke.com


をご参照ください。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013年05月23日(木)

【子に知的インスピレーションを与えるのは親の役目】つけ麺つけめん油そばまぜそば神奈川東京横浜

テーマ:ブログ

あびすけ店主の高橋です。


神奈川県の横浜市とか川崎市でつけ麺(つけめん)とか油そばなんかを売っている者です。あと、東京都の新宿あたりでも油そばを売っています。たまにラーメンも売っています。(公式サイト→http://www.abisuke.com )


Twitterなんてものもやっています。

こちら です。フォローとか超大歓迎です!!


いつもお読みいただいてありがとうございます。



前回、「もうちょっと友達付き合いを考えたほうがいいんじゃないの?」という話を書きました。


「友達」というワードに関連して、もう一つ。


近年、親が子に対して、対等な立場で友人のように接する家庭が少なからずあると聞きます。


友達みたいな親子関係、よく「友達親子」などと言われるでしょうか。


自分にしてみれば、「ありえないわ!」という気持ちです。


まぁ、よそ様の家庭のことにイチイチ首を突っ込む権利はありませんので、どうでもいいっちゃどうでもいいわけですが、「ありえない」という気持ちに加えて、


「かわいそう」


という気持ちなのです。


まず、前回も話しましたが、知性、教養、学力、興味があまりにもかけ離れている人間と、友達関係を築くことは非常に難儀します。


人間として似通ったレベル同士であってこそ、友達関係はよりスムーズに構築されるものです。


また、「親」という漢字は、


「木の上に立って見る、と書くのだ。まさに親の立ち位置を表した漢字だ」


などとよく言われます。


定義上は、子を産めば親になるのかもしれません。


あるいは、子を養えば親と言えるのかもしれません。


しかし、「親」という字の成り立ちや、あるいは「親」という字を使った多くの言葉、例えば「親方」だったり「親玉」だったり、枚挙にいとまがありませんが、こういった言葉にも表れているように、やはり親というものは、明確な上下関係の元に、子を指導する能力と役割が必須であると考えます。


子より20年も30年も長く生きているのです。


身に付けている知識や教養や学力に、圧倒的な差があって然るべきです。


読む本のレベルも違うでしょうし、興味の対象だって大きくことなって然るべきでしょう。


それなのに、子どもに迎合して、同じレベルで接する。


同じ目線に立って買い物に行ったり、外出したりする。


自分の親がこんな人間だったら、オレだったら


「レベルの低い親だな。早く死ね。」


と思います。


親だったら、自分より圧倒的な教養を身につけていてほしい。


自分が持っていないような知的インスピレーションを与えてくれる存在であってほしい。


だって、20年も30年も長く生きているんですよ。


同じ目線に立って買い物に行ったり、外出したりするなんて、いくらでも同級生で足りるんです。


何で親がそんなことすんのよ。


これ、買い物とか外出だから「アリなんじゃないの?」と言う人がいるかも。


例えば、親父が中学生の息子と同じレベルに立って、「最近かわいいと思うドスケベなビデオの女優」について、熱く語るとしましょうか。


「おっさん、もっと大人になりなよ」


となるでしょ。


子と同じレベルに立つ時点で、もうね、親としてレベルが低いんです。


親というのは子の一番近くにいる「木の上に立つ人」なのだから、人生のみならず森羅万象、世のあらゆる事象について、世の誰よりもインスピレーションを与えてくれる人間であってほしいと、自分だったら思います。


なぜ空が青いのか、なぜ風が吹くのか、なぜ太陽は煌々と照るのか、なぜ夕日は赤いのか、一歩外に出た瞬間から、子供に与えられる知的インスピレーションの題材に満ちているじゃないか。


それなのに、子どもと同じレベルで接してしまう。


親から知的インスピレーションなんて、一切与えられないんだろうなぁと。


これを以って、


「かわいそう」


と言っているのです。


自分は子どもを持ったことがないのでよく分かりませんが、子どもの運動会や授業参観、学芸会などにおいて、熱心に現場に赴いて応援したり、録画機で撮影したりする親がいると聞きます。


自分だったら、


「子どもの運動会?そんなもん、行きたくもないわ。幼児が飛んだり跳ねたりしているのを見て、何が楽しいの?」


という気持ち。


20年も30年も長く生きているんです。


知識も教養もかけ離れたところで生きているんです。


楽しいと思えるはずがないでしょ。


逆に、楽しいと思える人の気が知れません。


「子の成長を確認できる場なんだ」


とか言っちゃうの?


日々子供に対して知的インスピレーションを与えていて、日々子どもの知的好奇心をかき立てていれば、親が与えたインスピレーションに対して子が反応して成長する様子を、日常的に目の当たりにするはずです。


運動会とか授業参観で子供の成長を確認しなきゃならないのは、親として子に知的インスピレーションを日々与えていない証拠よ。


無論、子どもとどこかに出かけることはあるでしょう。


けれど、同じ目線になってはダメだと思うわ。


本来なら、親子で出かけるのなら、自然体験だったり知的体験を共有できる場所に出かけるのが望ましい。


けれど、遊園地などに連れて行くよう子供にせがまれることもあるでしょう。


オレだったら、


「友達と行ってこいよ。親が子どもと遊園地に行って一緒に楽しむなんて、ねーよ。友達と行ったほうが楽しいだろ」


と言うと思います。


ですが、相手の都合もあるわけで、一緒に行く友達がなかなか見つからない場合もあるでしょう。


そういう場合、一緒に楽しむのではなく、「保護責任者」という立場から子供が思い切り楽しめるように随伴することになる。


こういうのは親の役目。


あと、子供が少年野球とか少年サッカーとかに入っていて、試合などで必死に応援する親。


甲子園のアルプススタンドで応援する親。


親としてレベルが低すぎる。


これも、アルプススタンドだからアリっぽく聞こえるけど、例えば東京大学とかいう大学を子供が受験するとして、受験当日に親が地方から駆けつけて赤門の前で必死に子供を応援していたら、完全にダメな親でしょ?


子どもを必死に応援している時点で、ダメなんです。


必死に応援することは即ち、同じ目線に立っちゃってるということだからね。


もちろん、保護責任者として随伴する必要があるのなら、それは親の役目だけど。


どんな結果になろうとも、必要最低限の手助けをしつつ、一段上の立場から俯瞰的に見守るのが、親として正解なの。


間違っても、子どもと同じ目線に立って、アルプススタンドや赤門に行って必死に応援しちゃイカンわ。


20年も30年も長く生きている人間が、小・中・高校生と同じレベルに立ってどうすんの。


親だったら、明確に子の上に立ち、知的インスピレーションを与えられる存在になろうじゃないか。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

◎油そば専門 あびすけ

         東京都宿区西新宿7丁目店
※つけめんの取り扱いはございません。

【営業時間】
平日10:30~翌0:30(LO翌0:30)
土日祝10:30~23:00(LO23:00)
★ほぼ年中無休

【アクセス】
東京都新宿区西新宿7-11-2
※新宿駅西口より徒歩3分
大ガード西交差点→青梅街道
「宝塚大学」と「河合塾」の間に位置する
TEL:03-3362-1858
(お問い合わせ大歓迎!)


◎つけめん・油そば あびすけ

           横浜市港北区日吉店
【営業時間】。

11:00~25:15頃

★ほぼ年中無休

【アクセス】

横浜市港北区日吉2-1-8

※日吉駅より徒歩1分

→日吉駅西口(商店街側)、サンロード沿い

TEL:045-564-1619(お問い合わせ大歓迎!)

◎つけめん・油そば あびすけ

          川崎市中原区元住吉店
【営業時間】
平日11:00~16:00/17:00~25:15頃
土日祝11:00~25:00すぎ

(土日祝は通し営業)
★ほぼ年中無休


【アクセス】
川崎市中原区木月3-7-19

※元住吉駅より徒歩4分
→ブレーメン通り沿い。

マルエツ、サンドラッグを過ぎて数軒先


TEL:044-422-8819(お問い合わせ大歓迎!)


つけめん専門 あびすけ

             横浜市都筑区東山田店

※油そばの取り扱いはございません。

【営業時間】
11:00~24:00

★ほぼ年中無休


【アクセス】
横浜市都筑区早渕3-2-1

※横浜市営地下鉄東山田駅より徒歩8分

※第3京浜都筑インターよりクルマで2分


TEL:045-593-8922(お問い合わせ大歓迎!)


※詳しい店舗情報は、

あびすけ公式サイト http://www.abisuke.com

をご参照ください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。