【動画】中国 恒大グループの開発現場「作業1か月近く停止」 | 親父と息子の口喧嘩

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。

【動画】中国 恒大グループの開発現場「作業1か月近く停止」

 

 中国の不動産大手「恒大グループ」が巨額の負債を抱えて経営難に陥っていることへの懸念から、世界各地で株価の下落が相次ぎました。NHKは恒大グループが中国広東省で開発を進めるマンション開発の現場を21日取材しました。

恒大グループの拠点の1つ南部・広東省広州の郊外では、150万平方メートルの広大な土地で、サッカー場を中心に、高層マンションや商業施設の開発が進められています。

しかし、現場では建設用の大型機械は動いておらず、建設会社の関係者などによりますと、作業は1か月近く停止していて、今後について、地元政府と建設会社などとの話し合いが持たれているということです。

市政府から派遣されたという現場の保安担当者は「工事が止まっているのは、恒大グループの資金に余裕がないことの影響だ」と話していました。

また、現場にいた建設作業員の男性は「いまは作業を休んでいる。いつ再開して、いつ完成するのか見通せない」と話していました。

現場近くに設けられたマンションのショールームには、多くの部屋が販売済みであることを示す資料が展示されていました。

マンションは来年の完成予定で、購入したという男性は「広州のような大都市は、事態がどうなっても建設を引き継ぐ業者はいるから心配はしていない。影響が出るとすれば地方都市だろう」と話していました。