インドの感染状況をやゆするような画像SNSに 中国共産党組織 | 親父と息子の口喧嘩
新型コロナウイルスに関する情報について

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。

インドの感染状況をやゆするような画像SNSに 中国共産党組織

 

 中国共産党の組織がインドで新型コロナウイルスに感染して亡くなった人の火葬の様子とみられる写真をロケットの打ち上げの画像と並べて国内のSNSで掲載し、感染が収まらない状況をやゆしたとも受け取れるとして物議を醸しています。

この投稿は、中国共産党で治安や司法部門を管轄する中央政法委員会が中国版ツイッターのウェイボーの公式アカウントで今月1日に掲載しました。

投稿はインドで急速に拡大している新型コロナウイルスで亡くなった人を火葬しているとみられる写真の横に、先月末に中国独自の宇宙ステーション建設のために打ち上げられた大型ロケットの写真を並べています。

そして「インドで1日の新規感染例が40万を超えた」というハッシュタグとともに「中国点火VSインド点火」とのコメントが記されています。

この投稿についてウェイボーでは、中国が感染をいち早く封じ込めて宇宙開発に取り組む一方で感染が収まらないインドの状況をやゆした内容だと受け止められ「不適切だ。公的機関が投稿する内容ではない」などと批判の声が相次ぎました。

投稿はその後削除されましたが、ウェイボー上で投稿内容が拡散していて、中には「中国の感染が深刻だった時インドはどう風刺したか忘れたのか」などと投稿を支持する声も見られます。

中国からのSNSの発信をめぐっては、同じようにイラストなどを使って他国をやゆするような投稿が相次いでいます。