大雨被害の佐賀 武雄市に普通交付税を繰り上げ交付へ 総務省 | 親父と息子の口喧嘩

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。

大雨被害の佐賀 武雄市に普通交付税を繰り上げ交付へ 総務省

総務省は先月の九州北部の記録的な大雨で被害が出た佐賀県武雄市に、ことし11月に交付する予定の普通交付税の一部、4億4000万円余りを時期を繰り上げて4日に交付することを決めました。

 

普通交付税は地方自治体の財源不足を補うため国から年4回に分けて交付されるもので、災害で大きな被害を受けた場合には時期を繰り上げて交付することができます。

総務省は、先月の九州北部の記録的な大雨で大きな被害を受け災害救助法が適用された佐賀県武雄市に対し、11月に交付する予定の普通交付税の一部、4億4300万円を時期を繰り上げて4日に交付することを決めました。

石田総務大臣は閣議のあとの記者会見で「今後も被災した自治体の実情を丁寧に聴きながら、財政運営に支障が生じないよう適切に対応していきたい」と述べました。