香港政府、独立派政党に活動禁止命令 返還後初 | 親父と息子の口喧嘩

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

AFP=時事9/24(月) 14:13配信

 

香港政府は24日、香港独立を訴える政党「香港民族党(Hong Kong National Party)」に活動禁止命令を出した。政党に活動禁止の命令が出されるのは21年前に香港が返還されてから初めて。

 

自治権を有する香港は表現の自由をはじめ、中国本土にはない自由を享受しているが、中国政府は習近平(Xi Jinping)国家主席による指導の下、領土の主権を揺るがす行為に対して圧力を強めており、中国政府とは反対の政治的意見を言える場は徐々に少なくなっている。

 

  香港警察は今年7月、中心メンバーが十数人と小規模ながらも知名度の高い香港民族党の活動を禁止する措置を検討していると示唆。これに対し、人権保護団体や英外務省からは香港の権利は尊重されなければならないとの非難の声が上がっていた。

 

  香港の治安当局は24日、警察の要請を支持し、治安および住民の安全への脅威があれば団体活動を禁止できると規定した条例に基づき、香港民族党の活動を禁止すると発表。

香港の保安局長は政府ホームページで「香港民族党による今後一切の活動を禁止するよう命じる」と表明した。

 

  香港民族党党首の陳浩天(Andy Chan)氏はこの決定について、現時点でコメントすることはないとしている。

 

親父と息子のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス