親父と息子の口喧嘩(中国 自動車関税大幅引き下げ) | 親父と息子の口喧嘩

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「中国は、アメリカ、トランプ政権との貿易摩擦が激しくなる中、市場開放の一環として、1日から自動車の関税を大幅に引き下げる。日系メーカーなどには販売拡大のチャンスとなる一方、今後、アメリカが制裁措置を発動し、中国側が報復措置をとれば市場に悪影響が出ることも懸念される。

中国は自国の市場開放を進める一環として、これまで25%だった自動車の関税を1日から15%に引き下げる(NHK NEWS WEB 2018年7月1日 4時46分)。」

 

親父「輸入車を扱う自動車販売店では、先月中から関税の引き下げによる値下げをアピールした販売戦略を打ち出している。

このうち、北京市内にある日系メーカーの販売店でも、日本から輸入している大型のSUV=多目的スポーツ車を値下げすることにしていて、従業員が来店客に最大で5万6000人民元余り、日本円で90万円以上、価格が下がることなどをアピールしていた(同上)。」

 

親父「中国の自動車市場で、輸入車の割合は4%余りにとどまっていて、販売店の担当者は「今回の減税で来店客も増えて販売も後押しされる。

高級車市場拡大の強い支えになると思う」と期待感を示していた(同上)。」

 

親父「一方、アメリカのトランプ政権が、今月6日、中国の知的財産の侵害を理由に幅広い輸入品に関税を課す制裁措置を発動した場合、中国は報復としてアメリカからの輸入車に25%の関税を上乗せする方針だ。

中国ではアメリカだけでなく日本やヨーロッパのメーカーも一部の車種をアメリカの工場から輸入しており、今後、米中の貿易摩擦が激しさを増せば、市場に悪影響が出ることも懸念されている(同上)。」

 

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス