親父と息子の口喧嘩(のぞみ破損、駅員が血痕認識…鳥と衝突と思った) | 親父と息子の口喧嘩

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「JR山陽新幹線の博多発東京行き「のぞみ176号」(700系、16両編成)が、先頭車両のボンネットが破損したまま走行を続けていた事故で、この列車が小倉駅(北九州市)に到着した際、JR西日本の駅員がボンネットの傷の一部や血のような付着物に気付いていたことが分かった。

しかし、駅員は運転に支障はないと考え、同駅での点検を見送っていた(YOMIURI ONLINE 2018年06月15日 15時09分)。」

 

親父と息子のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス