親父と息子の口喧嘩(日本のEEZで活動 尖閣沖で中国の海洋調査船) | 親父と息子の口喧嘩

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

親父「沖縄県の尖閣諸島沖の日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船が、調査と見られる活動を行っているのが確認された。19日に続いて日本への通報を行っておらず海上保安本部が活動の中止を求めるとともに監視を続けている。

第11管区海上保安本部によると、20日午前6時10分ごろ、大正島の北北東およそ156キロの日本の排他的経済水域で、中国の海洋調査船「向陽紅20」の船体の後部からワイヤーのようなものが海中に伸びているのを海上保安本部の巡視船が確認した。

海上保安本部は、「日本の排他的経済水域で事前の許可のない調査活動は認められない」と活動の中止を求めているが、応答はなかった。

海洋調査船「向陽紅20」は、日本の排他的経済水域で19日も確認されていて、その際には「ここは中国の排他的経済水域だ」と回答してきたということだ。

また、海洋調査船「向陽紅20」は20日午前9時現在、大正島の北北東およそ151キロの日本の排他的経済水域でワイヤーのようなものを海中に伸ばしたまま航行しているということで、海上保安本部が活動の中止を求めるとともに監視を続けている(NHK NEWS WEB 4月20日 15時43分)。」

 

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス