親父と息子の口喧嘩(30度傾くビル、鋼材で支え救助活動…台湾地震) | 親父と息子の口喧嘩

親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

 

親父「台湾の花蓮県沖で6日深夜に起きたマグニチュード(M)6・0の地震で、8日未明にかけて行われた捜索・救助活動の結果、倒壊した建物の内部から相次いで遺体が発見された。

 同日午前8時(日本時間午前9時)現在で死者9人、負傷者は266人となった。

救助隊は連絡が取れない住民ら62人の一部が建物の中に閉じこめられている可能性があるとみているが、相次ぐ余震で活動は難航している模様だ(YOMIURI ONLINE 2018年02月08日 10時38分)。」

 

親父「捜索・救助活動の重点は中心部の住居兼事務所ビル『雲門翠堤大楼』(地上12階、地下1階)に移っている。

同ビルは30度以上傾き、複数の鋼材を支柱として倒壊を免れている状態だ。

7日深夜には、M5・7、震度4相当の余震があり、救助隊は急きょ、活動を一時中断して避難した(同上)。」

 

親父と息子のブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス