親父と息子の口喧嘩

ある親父とある息子が、社会の色々な事柄について論じます。
こんなことを考えている親子もいるのかと、ぜひぜひ少し覗いてくださいな。


テーマ:

文大統領に再延期クギ

 

親父「安倍晋三首相が9日に韓国・平昌で行う文在寅大統領との首脳会談で、核・ミサイルによる挑発行動を続ける北朝鮮に圧力をかけるため、3月中旬に平昌パラリンピックが閉会した後に速やかに米韓合同軍事演習を実施するよう求めることが3日、分かった。

米韓両政府は、五輪・パラリンピック期間中の演習延期で合意している。

ただ、五輪閉会後も北朝鮮に融和的な文氏が演習の再延期を求める可能性は否定できず、首相は文氏にクギを刺す考えだ(産経新聞2/4(日) 7:55配信)。」

 

 親父「安倍首相は、6~8日に来日するペンス米副大統領との会談で演習再開について意見交換するとみられる。

首相は、2日に行われたトランプ米大統領との電話での会談で『北朝鮮の微笑外交に目を奪われず、圧力を最大限強化していく』と呼びかけ、日米韓の連携を確認した。

演習の再開阻止を目指す北朝鮮が、南北対話継続などをもちかけて、文政権に演習中止を迫る動きを見せていることを念頭に置いたものとみられる(同上)。」

 

 親父「一方で北朝鮮は、李容浩外相が1月31日、国連のグテレス事務総長宛てに、米韓が五輪後に演習を実施すれば「静観しない」と警告する書簡を送り、米国を牽制している。

米韓は例年春ごろ、定例の合同野外機動訓練「フォールイーグル」や指揮所演習「キー・リゾルブ」を実施してきた。

だが、昨年末に文政権が五輪開催に絡めて米側に演習延期を提案した。

北朝鮮も1月1日の金正恩朝鮮労働党委員長による「新年の辞」で、五輪への代表団派遣の用意があると表明すると同時に演習中止を求めた(同上)。」

 

親父「1月4日に演習延期を発表したマティス米国防長官は、韓国軍部隊の多くが五輪会場の警備などに忙殺されることを理由に挙げて、『北朝鮮側への譲歩ではない』と強調していた(同上)。」

 

親父と息子のブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。